上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菅直人が民主党代表になり、衆参両院で総理大臣の指名を受けて、いよいよ菅直人新内閣が発足しようとしている。
早速テレビでは街頭インタビューを行い、新しい首相に対する感想を拾っていた。
「菅さんならなにかやってくれそう」という声が少なくなかったように思う。
いや、もちろんその反対に、いつも出てくる「もう誰が首相になっても同じでしょう」という答えもあった。

たしかにそうかもしれない。

しかし、もう私は「誰が首相になっても同じ」的な発言はするまいと思う。
そんなことを言ったのでは、もはや議論も思考も停止するほかない。
たしかに小泉純一郎以降、徹底的に破壊された日本の社会、私たちの生活はいっそう苦しくなることはあっても良くなることはなかった。
それは確かに、安倍、福田、麻生、ついでに鳩山という世襲政治家が庶民が感じている本当の痛みを知らず、国民の生活を国民が生きる社会をどうするのがよいかという明確なビジョンを持っていなかったからだと思う。
だから、結局のところ「誰が首相になっても同じ」ということになってしまったのだ。
これは日本にとって、国民にとって不幸な出来事だったと思うしかない。

しかし、私は鳩山由紀夫でさえ、それまでの自民党の総理たちよりはましだったと思っているし、政権交代があって本当に良かったと思っている。
その一つの結果が、菅直人の首相就任として現れたと思っている。
日本にとっては初めての、市民運動出身の、そしてまったく自民党の息がかかったことのない首相の誕生である。

内閣が発足するという大切な日であるのに、新聞はあらかじめ決めた新聞休刊日を頑なに守って自らの視点を放棄している。
そして新聞に報道を任されたテレビはといえば、内閣人事が反小沢であるとかそうでないとかいう、およそ国民の生活とは無関係なことにとらわれるばかりであり、そうでなければ新しい内閣に期待できるものとして、消費税増税はあるのか、企業減税は実現できるのかという、国民生活をさらに脅かすことになる愚問を繰り返している。

私が見ていた報道の中で、いちばんまともな発言をしていたのは4日の報道ステーションにゲストで出演していた同志社大学大学院教授、浜矩子で、彼女は次の内閣に期待することとして、
「逆進性の強い消費税増税ではなく、金持ちたちからもっと税金を取るようにする方がいい。日本は成長しているのに貧しくなっているのだから、法人税を減らすというのはおかしい」と言っていた。
案の定、それを聞いていた古舘伊知郎の反応は鈍いものだったが、われわれが欲しているのはこうした意見がやりとりされる報道だ。

新しい首相に期待する言葉として、ツイッターでこんなつぶやきが流されていた。

日本の総理になる人は「北の脅威」を煽るのではなく、米朝の「平和協定」調印をアメリカに提言し、日朝国交正常化を実現し、米軍基地は国外国内問わず不要だと堂々と言えるリーダーであって欲しい。

nanonaguさんのRTで、つぶやきの主はop_sopさんという人だが、私もこれにはまったく同感である。
菅直人は鳩山由紀夫がやり残した普天間基地問題という難題を抱えて政権をスタートさせなければならないが、平和を願う国民としては安倍晋三や麻生太郎のように北朝鮮や中国の脅威を煽るのでなく、米朝の間に平和協定が必要であると説き、米軍基地はどこに置く必要もないと言えるようであってほしい。
そういうリーダーであれば熱心に支持する国民は少なくないはずだし、国民の支持が多ければ、今マスコミがささやいているような、今度の内閣が選挙管理内閣だといった見方もなくなるはずである。

新しい政府に願うことは単純である。
国民の生活に幸福と希望をもたらしてくれることと、平和な世の中を実現し、それを維持していくことである。
言葉にするとなんとも青臭いようではあるが、詰まるところ、政治に求めるのはこの2点に尽きるのではないか。

そんなことを考えながら、これから新しい内閣を見守っていきたいと思っている。


スポンサーサイト

関連タグ : 菅直人, 平和, 国民の生活,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。