上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月も早くも中盤に入って、今日は朝から夏の日差しが照りつけている。

私もワンコも朝の散歩をすませただけでぐったりしてしまった。
元気なのはオカメインコグループだけで、ピーチなどは朝から「ウキウキ、ワキワキ!」と、なんだか訳の分からない言葉をしゃべっている。

こういう日は、ただでさえ回転の鈍い頭が、さらに働かなくなる。

というわで、今日もくだらない話題から。
山本モナ
今、話題騒然の尻軽女・山本モナである。
世の中では、今回の山本モナの行動を非難する声が多くを占めているようだ。
それにひきかえ、家庭持ちでありながら、強引に山本をホテルに誘ったとされる巨人の二岡については意外なほど批判の声が聞こえてこない。
一昔前ならば、こういう醜聞が発生すれば、非難されるのはまず男の方で、しかも「球界の紳士」(笑)であるはずの巨人軍の選手が不貞行為をはたらいたとなれば、ただではすまされなかったはずである。

二岡は罪滅ぼしのために頭を丸めたらしいが、世の中は頭を丸めるわけにも行かない女性の方の山本モナに対して俄然厳しくあたっている。
山本が出演していたフジテレビの「サキヨミ」の公式ホームページには、11日午前5時までに1016件の抗議、意見が寄せられたそうだ。その大半は「モナをもう出さないで欲しい」「辞めてください」と番組からの降板を訴えるもので、局ではすでに山本の降板を決めている。

フジテレビではよほど今回の山本の行為が腹に据えかねたらしく、「めざましテレビ」では大塚範一キャスターが騒動について言及、「(サキヨミの)1回目の放送の夜に同じ過ち(不倫騒動)をするなんて軽率。怒りのようなものを感じる」と批判した。
一方、モナが金曜レギュラーを務める日本テレビの情報番組「おもいッきりイイ!!テレビ」の司会者、みのもんたはコメントしなかったという。みのにしてみればスネに傷持つ身だからだろう、偉そうなことはいえなかったに違いない。

世の中はかように山本モナ批判一色に染まっているかのようだが、私はむしろ、今回の山本にかぎっては世の中にたまっているさまざまな不満や鬱憤を晴らしてくれた、一種のガス抜き効果の役目を果たしてくれたと思っている。
いいじゃないの、仕事が終わった後にラブホに行ったって。山本モナだって年齢的には立派なオトナなのだし。キャスターをしている人間がセックスをしてはいけないなどという理由はないわけだし、もしそれがケシカランというのなら、妻帯者や恋人のいるキャスターはみなケシカランことになるだろう。不倫をしたのがケシカランというのなら、それこそ二岡の方が責められるべきで、山本の場合は「ニュース23」のときも念願のニュースキャスターになれたために舞い上がってしまい、思わず取材相手の民主党議員と接近しすぎて情が高ぶるまま路上キスとなったのだろう。
そして今回もまた、同じように報道番組? のキャスターに復帰がかなって舞い上がった山本は、口説かれるまま二岡と意気投合し、五反田のラブホにしけこんだ。
まさに尻軽女の面目躍如ではないか。
ここまでくれば、微笑ましいといってもいいほどだ。

テレビの報道は倫理的に高潔であるべしなどという不文律はいつからあるのか。
それを求めるならば、その前に、テレビの報道はもっと公正で正確な姿勢を心がけるように自らを律すべきだ。視聴者の上等とはいえない好奇心におもねるような番組を垂れ流しておいて、今さら不倫はケシカラン、仕事帰りにラブホはよくないなどというのは笑止というほかない。

笑止といえば、山本モナ嬢と二岡がしけこんだ五反田のラブホは、報道があってからというもの平日にもかかわらず満員盛況なのだそうだ。
倫理的にケシカランというならば、昼間ッから好奇心丸出しでラブホに入っていく男と女こそケシカランというべきだろう。

こうして世の中が勝手な言い分を振り回している間、当の山本モナは自宅で謹慎をしているそうだ。テレビに出て人前に立つ「公人」としての責任がどういうものであるか、山本は果たしてどれほど感じているのやら。
そればかりは本人に聞いてみなければ分からない。

スポンサーサイト

関連タグ : 山本モナ, 不倫, 抗議, 公人,

いやはや、まさかね。

かの大先生のブログで、こんなに笑わせてもらえるとは思いもしなかった。
もちろん、私は大先生が確信犯として尻軽女・山本モナの不倫騒動を取り上げたのだと思う。

それにしても、あの淫乱を絵に描いたような顔をした女をして、大先生は「時代の華」と賞賛し、山本モナだけは家族で共通の話題になり関心になる存在なのだそうな。
しかし「家族でテレビを見ながら、寛げて和めるキャラクターは山本モナだけだ。そういう家庭は全国に多いだろう」とまでいうのは、少々言い過ぎではないか?
先生、ちょっとそこまではついて行けませんぜ。
山本モナ
そもそもフジテレビで始まった「サキヨミ」という情報番組だか報道番組だか、はたまたバラエティだかも判然としないような番組が、なんとも批評のしようのないほど低劣な番組で、その中心に席を占めてヘラヘラ笑っている山本モナは、端から見ていると痛々しいほど品性下劣な、頭の悪そうな女にしか見えなかった。
そうとしか見えなかったと思ったのはまったく私の思いこみであるかもしれない。なにしろ、この番組のあまりのくだらなさに、私は10分として見ていることに耐えられなかったから。

山本モナを見て、まず思ったのが「ああ、これが“あの女”か」ということだった。
あの女とは「筑紫哲也のニュース23」にキャスターとして登用されながら、民主党議員との路上キスの写真をスクープされてあえなく降板した、あの女という意味だ。

べつだん、それはいいさ。私は構わないよ、モナ嬢がどこのだれとキスをしようが、私の性刺激ホルモンはぴくりとも反応しないのだから。
しかしキャスターとして登場後、あまりに早く降板してしまったものだから、下手物見たさの欲望が満たされなかったのは少々残念だったところはある。
だから、「サキヨミ」なる番組に山本モナが出ているとラテ欄で見て、やはり私の好奇心はちょいとばかり刺激されたのは事実だ。

ところがテレビを通して初めて見た山本モナの感想は、ちょうどビル・クリントンが不倫したというモニカ・ルインスキーの顔を初めて見たときのそれに似たものだった。
「なんで、この程度の女に、いかれちまうのかね」
モニカ・ルインスキー
はっきり言って、ルインスキー嬢もモナ嬢も、女としては下手物の部類だ。
クリントンの不倫騒ぎが海の向こうで炎上していた頃、私が仕事で会うことが多かった毒舌の教育評論家は言ったものである。
「フェラチオ好きな女っていうのはさ、口元を見るだけでわかるんだよ。あの、黙っていてもバナナがくわえられる程度に締まりのない唇。そのデレンとした感じを見れば、すぐにそれと分かるんだよ」

当時の私は「先生、それは何でも言い過ぎ。セクハラになりますよ」と言ったものだったが、今では彼の言っていたことに一理あると訂正しなければならない思いだ。
山本モナは、明らかに、そういう口をしてテレビに映っていた。
若い男には、それだけで興奮ものかもしれないが、精気も枯れ果てようとしているウツのオヤジにとって、その手の女はただ鬱陶しいばかりだ。

だから、今回、山本モナが巨人の二岡だかとラブホテルに入ったと聞いて、私は腑に落ちた思いを新たにし、やっぱり人間の品性というものは顔に現れるものなのだと確信した次第だ。
しかし山本モナばかりをあげつらってばかりでは不公平だと思うので、これは男にもいえるものだということははっきりさせておこう。どこぞの著名人などはまさしくその典型で、山本モナが一度の過ちに懲りずに二度までも醜聞を曝してしまったと同様、かの男もいずれは同じ過ちを三度四度と犯すのではないかと思っている。

かの大先生は、山本モナにはマスコミ的価値が十分に備わっているとし、「サキヨミ」なる愚劣な番組をたとえ降板させられたとしても、必ず拾う神が現れるだろうと温かいエールを送っている。しかし男の場合はそうもいくまい。山本モナほどの華もない中年男が醜聞を重ねたところで拾う神などはもはやなく、専門分野で玄人に認められる業績も皆無であれば、世間は失うものを一つとして感じることなく忘れ去るだけだろう。そこにはもちろん、怪しげな陰謀など入り込む余地はない。

大先生の大笑い記事のいちばんの読みどころは、山本モナなどよりも、実は政界を牛耳ろうと画策している森喜朗の精力絶倫ぶりにある。なにしろ森は高市早苗、小池百合子に手をかけただけでは飽きたらず、ついには野田聖子までモノにして、次の福田内閣にいずれかを送り込もうとしているというのだ。
私のような政治音痴からすれば、これこそ「エエッ!」と驚き呆れる事実なのだが、これもどこぞの陰謀論好きの手合いには永田町の陰謀に数えられるのだろうか。

まあ、国策ナントカに比べれば、大先生によるこの陰謀説の方がずっと信憑性があるような気がするのだが、果たしてそれは私の妄想なのだろうか。

■追記
山本モナ自身の釈明文を読むと、なかなか堂々と開き直っていることに感心する。どうせなら家庭持ちの二岡が100%悪いことにすればよかったのに。
「本当にお酒を飲んだだけで、他には何もなかったと天に誓って申し上げます」
と言うくらいなのだから、自分が番組を降ろされるのは冤罪不当だとしてもよかった。
ただし「天に誓ってやってない」などといくら言葉を重ねたところで、二人がセックスするためにホテルに入ったことを疑う者はないだろう。たとえ室内での二人を見てはいなくてもね。
それにしても、入ったのが五反田のラブホというのがなんとも貧乏くさく、性欲ムンムンの臭いが漂ってくる。笑えるなあ、このネタは。

関連タグ : 山本モナ, モニカ・ルインスキー, 品性, 陰謀,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。