上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この連休中も、みっちり仕事をしなけれならない私は、ようやく天気が安定してきたというのに、暗くじめついている。
なにが、ゴールデンウィークだよ。海外旅行だよ。
今年は50万人が海外に遊びに行くそうじゃないか。

生活に追われ庶民の生活は苦しくなる一方だという論法があるなかで、こういうバカンスシーズンになると、海外旅行だなんだという人々で空港や駅のターミナルは人でごった返す。

ほんとに日本人の生活は苦しくなっているのか?
それともこれが社会格差の現れと見るべきなのか? 羽田や成田から飛び立つ50万人の日本人のはるか下方にある下界では、別次元の貧困に喘いでいる人々がいるということなのだろうか。
テレビの報道を見ていると、ほんとうに社会の姿が見えなくなる。

それはともかく、昨日の山口補選では、前民主党衆議院議員で社民党推薦の平岡秀夫が当選した。
まずはよかった。
この勝利は、相手がノーパンしゃぶしゃぶの常連のスケベおやじで、耐震偽装問題では証拠隠滅をはかり、社会的地位を上げた噴飯ものの候補だったのだから、あたりまえとも考えられる。
山口の有権者たちは、きわめてノーマルな反応をして投票したと思う。
平岡秀夫
しかし、そのノーマルな反応は、ノーパンしゃぶしゃぶなどに対するものではなく、あくまでも今月から始まった最悪の制度「後期高齢者医療制度」に対する怒りの反応と見るべきだろう。
山口2区の人々は、日本全国民の意志を代表して、自民・公明が推す候補を粉砕して見せたのだ。

この結果を、政府は重く受け取るべきである。
自らが行ってきた悪政を少しでも反省すべきである。
しかし、今の硬直した自民党ではそんな反省もままならないだろう。
ならば、民意が自公政府の思惑に対してノーを突きつけたのだから、内閣は責任をとり総辞職して、こんどは国民全体の真意を諮るべきだ。

そして国民はこんどこそ、自公を倒して民主を中心とする新たな政権を打ち立てるべきだ。
いよいよ自公政権が倒れる日も近いと思うと、暗くじめついている私の心も、少しは晴れてくる。

だが、一方では小泉純一郎小池百合子前原誠司と会食し、なにやら話し合ったという情報もある。求心力を失った福田康夫に代わって、次期首相の座を巡る動きがすでに始まっているようだ。
それにしても、小池百合子
小池百合子
次の自民党総裁には麻生太郎が有力視されているが、そこに小池が立候補することで「日本版オバマ対クリントン」だ、などとはやってほしくないものだ。
これこそパフォーマンス以外のなにものでもなく、馬鹿なマスコミを喜ばせるだけだろう。
そして国民の目を大事な問題から引き離し、いつの間にか問題をすり替えて、ちゃっかり政権を維持しようという腹づもりなのだろうか。
小泉なら考えそうなことかもしれない。

山口補選で民主党候補が勝ったことが、これから政局にどんな影響を与えることになるのか。
また自民党は、どう動くのか。
まずはガソリン税をほんとうに予定通り復活させることができるのか。
今週は、そのあたりを注目していきたいと思っている。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 山口補選, 自公政権, 小池百合子, 前原誠司, 小泉純一郎,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。