上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉純一郎が12日に開かれた「郵政民営化を堅持し推進する会」で麻生太郎の言動を批判し、定額給付金を盛り込んだ第2次補正予算関連法案について「衆院の3分の2を使ってでも成立させなければならない法案だとは思っていない」と述べたことで政界とマスコミが大騒ぎをしている。
民主党などは敵の敵は味方と考えたのか、さっそく鳩山由紀夫は自民党内に小泉と同調する者が出ることを期待する発言をし、輿石東参院議員会長が訪露する小泉の帰国を待ってから参院での同法案採決をすべきだと、小泉頼みとも取れる提案をした。党内にはこれに対して異論も出たようだが、結局、小沢一郎は輿石の考えを是とした。

これだから民主党は頼りない。
信用ならないところがある。

民主党には自民党の新自由主義者と親和性の高い政治家が何人もいることはもとより承知だが、一連の民主党の反応を見ていると、これではまるで小泉に同調して造反する者たちを取り込もうとする算段が働いているように見えても仕方がない。
輿石東や小沢一郎は、いまさらになって小泉の力を利用して法案を廃案に持って行きたいと考えているのか。それではまるっきり他人のフンドシで相撲を取るようなものではないか。

私は定額給付金の支給には反対である。
経済危機のなか、財政出動は必要だと思うが、定額給付金という形でそれを行ってどれほどの効果があるのか疑問に思うからだ。広く薄く1万2000円から2万円の現金を渡し、それにともなう膨大な手間と事務費を考えると、とても経済活動に刺激を与えるとは考えられない。
2兆円を使って景気をよくしようとするのなら、他に手だてがあるはずだ。
だから反対だ。

しかし、同じ反対を唱えても、小泉純一郎定額給付金を必要と考えないとするのはまったくスタンスが違うところから考えているからだ。
小泉政権が弱者切り捨ての政策を行い、その悪影響が今顕著に現れて国民を苦しめていることは、最近のマスコミによる新自由主義(市場原理主義)に対する批判や反省の記事を見ても明らかである。
竹中平蔵と手を取り合って日本をぶっ壊した張本人の小泉が、いまさら国民生活を救おうと考えるはずがない。貧困と格差の問題に少しでも取り組むべきだと考え、2兆円をもっと有効に使うべきだとして定額給付金に反対するわけがないのだ。
小泉は単に2兆円をばらまくのは無駄だと考えているに過ぎない。そんなことをするよりも法人税を引き下げ、金持ちをもっと優遇する施策に使うべきだと考えている。

そんな小泉の言動をとらえて単純に敵の敵は味方のように考える民主党とは、ある意味、度し難い阿呆と言われても仕方がないのではないか。

昨日NHKでは「地域発! どうする日本」という番組を放送していた。
そこでは財政赤字で苦しむ地方自治体が、せっぱ詰まったところまで追い詰められた挙げ句、公共サービスを打ち切る実態が映し出されていた。幼稚園や児童館などの閉鎖や利用料アップ、准民税の引き上げ、学校の耐震強化工事の延期、あらゆるところに影響が現れ、住民たちが困惑する姿が描かれていた。
その原因を作ったのは何か。
もちろん大切な税金を無駄遣いしてきた行政の無責任もある。
しかしもっとも大きな影響を与えているのは、国が景気刺激策として各自治体に箱物建造や道路拡張・整備を奨励し、借金は後から交付金で補うとしながら小泉政権になってから財政支出カットで交付金を出さないことにしたことにある。さらに竹中平蔵が旗振り役となって「地方財政健全化法」が制定され、地方自治体を勝ち組と負け組に色分けし、負け組と判定された自治体は夕張市のように財政再建団体とされてしまうようになった。

ひとたび財政再建団体とみなされると、その自治体は住民サービスよりも借金の返済を第一に迫られる。住民サービスは完全に二の次だ。
おかげで夕張市は住民サービス低下と増税の二重苦から、若者の流出が続き、町は老人ばかりになってしまった。人口が減ってしまったために税収が落ち、肝心な借金の返済計画も予定通りに進まなくなってしまったという。

小泉純一郎と竹中平蔵はこうして日本をぶっ壊し、今に至るもその悪影響を及ぼし続けているのだ。
こんな奴らがいくら定額給付金に反対しようと、民主党は決して同調すべきではないのだ。

敵の敵は味方とは、つまるところ、味方を欺く方便に過ぎないと思うのである。

スポンサーサイト

関連タグ : 定額給付金, 小泉純一郎, 民主党,

小泉純一郎が突然、政界を引退することを表明したニュースはマスコミに驚きをもたらしたようで、昨日の「報道ステーション」では、冒頭から繰り返し小泉事務所前から自動車に乗り込んだ小泉を追いかけたカメラが、記者たちの「引退は本当ですか」という質問に無言で頷く様子を映し出していた。
古舘伊知郎は例によってバカの一つ覚えの台詞である「この日本に難問が山積している時期に」というフレーズをこの日も得意気に使って小泉引退の意味について語ろうとしていた。
この日のゲストは時事通信の田崎史郎だったが、古館の陰気くさい質問に「結局、後継者を指名するために引退するという、昔ながらの政治家の手法をとったにすぎず、がっかりした」といった旨の言葉を返していた。

TBSの「ニュース23」でも小泉引退をトップに報道していたが、その扱いは意外にあっさりしたものだった。そして後藤謙次が、「何の総括もなく勝手に辞めていく。これは形が違った投げ出しに他ならない」と切り捨てていた。

ニュースでは自民党議員たちの言葉として「驚きはあるが、小泉氏はすでに終わった人だから」という冷めた見方もあることを報じていたのが印象に残る。

突然の引退表明をしたのには、たしかに驚きはあったが、つまるところ小泉の退場劇が意味するものは以上の事柄で語り尽くされているのではなかろうか。
つまり、小泉純一郎という男は竹中平蔵と組んで構造改革を断行し、その結果として大手企業や金融界には大きな恩を売ったが、その一方で肝心の国民生活を完膚無きまでにたたき壊した。そして今、社会では打撃を被った国民生活の立て直しが急務となっており、小泉政権がもたらした改革の見直しに迫られている。その時期に張本人の小泉が引退したということは、自ら取った政策を何ら総括することなく投げ出したことに他ならない。

さらに、世襲政治家の劣化が指摘されているなかで、やはり自らも自分の息子を後継者と指名して麻生新政権が発足したその日に引退を表明した。国民としてはまたしても世襲政治家がひとり増えることにげんなりするほかない。今後、小泉進次郎がどんな政治家になるかはわからないが、親譲りの新自由主義者であることは間違いなく、親から受け継いだ支持基盤をもとにカイカクを訴えていくことは想像に難くない。
新自由主義者であり、世襲政治家となる小泉進次郎については、これから厳しい目でその言動をチェックしていかなければならないだろう。

国民にとってはさしたる驚きも、影響もない小泉引退だったが、自民党にいる小泉チルドレンたちにとっては青天の霹靂だったろう。
ただでさえ、次の総選挙では総崩れが予想されるうえ、拠り所を失った彼らにはもはや単なる失業者になるしか道は残されていない。看板を失ったチルドレンどもなどに、だれが見向きなどするものか。彼らには新自由主義の冷たく厳しい社会に出て、身を切られるような辛い思いをしてもらいたいものだ。もしかしたら、少しはそこで学習して、まともな感覚を持った人間になれるかもしれない(無理だと思うが)。

財界には大きな味方だった小泉の引退を惜しむ声が強いが、次の選挙で政権が代わり、社民主義政治が行われるようになった暁には、これまで好き勝手に日本の富を貪り、格差社会を築くことに汲々としてきた御手洗以下の不届き者どもに痛烈な一撃を食らわせてやりたい。

念願の総理総裁になり、ますます口がひんまがってしまった麻生太郎の卑しいプライドを粉砕する必要もある。
今度の総選挙では、なんとしても民主党に勝たせて自公を政権の座から蹴落としてやらなければならないと、あらためて思う次第である。

関連タグ : 小泉純一郎, 世襲政治家, 総括, 総選挙,

私は共産党員ではないが、わが家のポストには定期的に共産党の後援者による広報紙が投げ込まれていく。
『ねじばな』というその広報紙には、いつも自公政権がもたらした悪政のことや、私が住んでいる地区の議会における不正などを告発する記事が掲載されており、興味深く読むことにしている。

その『ねじばな』5月20日号に、「『自民党をぶっ壊す』が実現か
大喝采浴びつつ弱者の生活破壊」というコラムがあった。
もちろんここで取り上げられているのは「自民党をぶっ壊す」と言っていた小泉純一郎のことであり、筆者はここでもう一度、大衆に熱狂的に迎えられた小泉政権とは何だったのかと考え直そうとしている。

「小泉氏が首相となったときの印象は大変危険な男が出てきたという印象でした。何よりも右翼的であること、厚生大臣在任中に既に医療制度改悪がもくろまれ、弱者には冷酷な性格が見え隠れしていました」

その通りだ。弱者に冷酷な性格が政権を担ったおかげで今、日本の国民はエライ思いを味わわされているところだ。
筆者は続ける。

「小泉氏が実現させた政策は今、列島を揺るがせている後期高齢者医療制度もそうですが、この他にもたくさんあります。(中略)主なものを見ますと、年金の掛け金の毎年引き上げ。老齢者控除の廃止。健康保険の二割負担を三割に、70歳以上でも高所得者は三割負担に。労働基準法の改悪で、非正規雇用労働者を増やした。特別養護老人ホームの入所者の居住費・食費を保険から外した。生活保護費・児童扶養手当の削減。障害者自立支援法では一割負担を強行した。等々があります。
一方では銀行の不良債権処理として150兆円にものぼる公的資金を投入したことも業績の一つです。80%以上の国民から大喝采を浴びる中で、同時進行でこれだけの国民や弱者を痛めつける施策を実現していたわけです。」

後期高齢者医療制度については、自民党内部でも見直しを言い出す者が出ているようだが、これだけ並べられると、いかに小泉という男が人気の陰で悪辣なことをやってきたかと、今さらながらに呆れる思いだ。
小泉はまた、財政再建のために社会保障費を毎年2200億円削ることも決めているが、これについても自民党内で賛否両論が出ている。
もし、小泉が決めた通りに社会保障費を削減していけば、日本の社会保障は崩壊することが目に見えている。
それでは小泉の決めたことをチャラにして、従来通りに社会保障を行っていくとすれば、財源がなくなることがわかっている。

そこで議論の対象になってくるのが消費税になるのだが、消費税で社会保障をすべて賄うのには問題があることも指摘されている。
だいたい、この諸物価が高騰しているなかで、さらに消費税を10%にするとか15%にすると言われたら、国民はだまっていないだろう。
消費税はすぐには上げづらい。
ならばどこに財源を求めるかということだが、道路特定財源を一般財源化して財源に充てるという考え方があるだろう。
道路は、とくに地方にとっての生活道路は必要なものに違いないのだが、道路族がいっている道路は同じ道路でも違うものである。彼らの言い分を聞いていたのでは、いつまでたってもほんとうに必要なものに金を使うことができないだろう。

この際政治家たちに求められるのは、財源の枠組みを変え、財源の使い道のプライオリティをすべて見直すことだ。
道路を造るのは、必要かもしれないが、医療や福祉、教育問題に比べれば優先度は下に置くべきだろう。
だが、道路は命だといっている自民党の議員たちにそんなことができるのか。

やはり、日本を少しでもよくしようと思うのならば、今は何よりも政権を交替することが先決だと思う。
政権を替わって、社会保障全般をすべて見直す、いや、小泉がやってきたことをどんなに小さなことでもいいからつまみ上げ、すべて改めていく必要がある。

先週末の報道ステーションでは、ゲスト解説者に出ていた鳥越俊太郎が「駐留米軍への思いやり予算の2200億を社会保障費に充てるべきだ」と言っていた。
この発言は、非常にまっとうな考えであり重要なものだと思うのだが、政治家でこれを口にする者は民主党にも見あたらない。どうしてなのだろうか。

いずれにしても、今の自民党が政策的に行き詰まっているのは明らかであり、福田康夫は洞爺湖サミットに顔を並べたいと思ってはいるらしいが、私としては一秒でも早く、総辞職して国民の審判を仰ぐときが来ればいいと思う。

今ならば、かつて小泉を喝采したような目の曇った国民も、冷めた目で正しい選択ができるのではないか。
私はそのことに期待し、今度こそほんとうに自民党がぶっ壊れるのをこの目で見てやりたいと願っている。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 小泉純一郎, 負の遺産, 政権交替, 思いやり予算, 社会保障,

この連休中も、みっちり仕事をしなけれならない私は、ようやく天気が安定してきたというのに、暗くじめついている。
なにが、ゴールデンウィークだよ。海外旅行だよ。
今年は50万人が海外に遊びに行くそうじゃないか。

生活に追われ庶民の生活は苦しくなる一方だという論法があるなかで、こういうバカンスシーズンになると、海外旅行だなんだという人々で空港や駅のターミナルは人でごった返す。

ほんとに日本人の生活は苦しくなっているのか?
それともこれが社会格差の現れと見るべきなのか? 羽田や成田から飛び立つ50万人の日本人のはるか下方にある下界では、別次元の貧困に喘いでいる人々がいるということなのだろうか。
テレビの報道を見ていると、ほんとうに社会の姿が見えなくなる。

それはともかく、昨日の山口補選では、前民主党衆議院議員で社民党推薦の平岡秀夫が当選した。
まずはよかった。
この勝利は、相手がノーパンしゃぶしゃぶの常連のスケベおやじで、耐震偽装問題では証拠隠滅をはかり、社会的地位を上げた噴飯ものの候補だったのだから、あたりまえとも考えられる。
山口の有権者たちは、きわめてノーマルな反応をして投票したと思う。
平岡秀夫
しかし、そのノーマルな反応は、ノーパンしゃぶしゃぶなどに対するものではなく、あくまでも今月から始まった最悪の制度「後期高齢者医療制度」に対する怒りの反応と見るべきだろう。
山口2区の人々は、日本全国民の意志を代表して、自民・公明が推す候補を粉砕して見せたのだ。

この結果を、政府は重く受け取るべきである。
自らが行ってきた悪政を少しでも反省すべきである。
しかし、今の硬直した自民党ではそんな反省もままならないだろう。
ならば、民意が自公政府の思惑に対してノーを突きつけたのだから、内閣は責任をとり総辞職して、こんどは国民全体の真意を諮るべきだ。

そして国民はこんどこそ、自公を倒して民主を中心とする新たな政権を打ち立てるべきだ。
いよいよ自公政権が倒れる日も近いと思うと、暗くじめついている私の心も、少しは晴れてくる。

だが、一方では小泉純一郎小池百合子前原誠司と会食し、なにやら話し合ったという情報もある。求心力を失った福田康夫に代わって、次期首相の座を巡る動きがすでに始まっているようだ。
それにしても、小池百合子
小池百合子
次の自民党総裁には麻生太郎が有力視されているが、そこに小池が立候補することで「日本版オバマ対クリントン」だ、などとはやってほしくないものだ。
これこそパフォーマンス以外のなにものでもなく、馬鹿なマスコミを喜ばせるだけだろう。
そして国民の目を大事な問題から引き離し、いつの間にか問題をすり替えて、ちゃっかり政権を維持しようという腹づもりなのだろうか。
小泉なら考えそうなことかもしれない。

山口補選で民主党候補が勝ったことが、これから政局にどんな影響を与えることになるのか。
また自民党は、どう動くのか。
まずはガソリン税をほんとうに予定通り復活させることができるのか。
今週は、そのあたりを注目していきたいと思っている。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 山口補選, 自公政権, 小池百合子, 前原誠司, 小泉純一郎,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。