上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石原伸晃

石原伸晃小池百合子は昨日、正式に総裁選への出馬を表明した。
これで自民党総裁選の候補者は麻生太郎、与謝野馨に加えて石破茂、石原伸晃小池百合子の5人となった。
前日まで出馬に前向きだった山本一太と棚橋泰文だが、そうそうに山本は脱落。棚橋も結局のところ推薦人が集められずに脱落するだろう。脱落したとして、この2人にとっては総裁選に名をあげるだけが目的のようなものだったのだから、べつに後悔はないだろう。同様に、世間的に見てもこの2人の売名屋が消えたとして何の痛痒も感じないというのが正直な感想だ。

結局、総裁選は麻生太郎と与謝野馨の一騎打ちとなり、決選投票で麻生が総裁に選ばれる、というのが自民党の筋書きなのではないだろうか。一昨日のTBS「ニュース23」では、この2人の出来レースであり、その他は単なる賑やかしでしかないと批判していたが、私もその通りだと思う。

国政の空白に乗じてお祭り騒ぎを演じ、茶番とも言える出来レースを賑やかにするために、あるいは今後のキャリアのために立候補するなど、私としては許し難いものがある。
なかでも許し難いのは石原伸晃小池百合子で、とくに石原伸晃などはほんの数日前、総裁選に立候補に前向きと言われていた段階でインタビューに答え、「候補としていちばん重要視する政策は?」と問われて「やっぱりガソリン価格が高いから、それを何とかすることでしょ」と答えていた。この男は総理になってまず最初にやらなければならないのはガソリン価格を抑えるか、何らかの補助金を出すことだと答えていたのだ。
私は耳を疑ったね。
たしかにガソリン価格の高騰は国民生活を圧迫している大きな問題には違いない。けれども、総理として最重視するもんだいがコレか?

その後、石原は昨日になって正式に出馬を表明し、神妙な顔つきになって「心の通った構造改革を実行する」と述べた。
しかしコイズミと一緒になって血も涙もない構造改革を実行してきたのは他ならぬ石原自身ではないか。石原は小泉内閣で行革担当大臣、国土交通大臣と重用され、道路公団問題などに取り組んだ。続く安倍内閣の党人事でも幹事長代理、政調会長に就任している。いわばコイズミ改革の申し子のような政治家なのだ。
それが何の反省もなく、「心の通った構造改革を実行する」とはよくも言ったものだ。
小池百合子

小池百合子はどうか。
小池百合子は上げ潮派に属し、つまるところは大企業を優遇することで景気を上昇させるという新自由主義者である。会見ではネオリベらしく「キーワードは改革。改革すべきは改革し、守るべきは守る」と語った。女性初の総裁候補ということで、その会見には女性の力を活用し、女性の目線に立った政策を実行していきたいという言葉が踊ったが、小池といえば小泉内閣で環境大臣を務め、郵政総選挙のときにはコイズミが送った刺客として東京10区から立候補、対立候補の小林興起に圧勝している。そして安倍内閣では防衛大臣の座を射止めている。
小池もまた、コイズミの息のかかった構造改革主義者なのである。そして石原と同様、小池もこれまでの構造改革がもたらした弊害に対する反省など一言もなく、総理になったときにはさらなる改革を進めていくと言っているのだ。

石原伸晃と小池百合子。
この2人の違いはといえば、石原がガソリン価格を気にしていることと小池が女性を重視していくというくらいで、反省なき構造改革を実行するという点において違いはまったくない。

いったいなんでこんな2人が同時に立候補する必要などあったというのだ。
だからこそ、今回の自民党総裁選は茶番だというのだろうが、ふざけていると言えばあまりにふざけた立候補で、自民党のダメさ加減がこの2人にはもっとも顕著に現れていると言ってよさそうだ。

スポンサーサイト

関連タグ : 石原伸晃, 小池百合子, 構造改革, 新自由主義者, 反省,

自民党総裁選への動きがあわただしい。
それに呼応するようにブログでもさまざまな憶測がとびかっているが、かのテサロニケ大先生の今日のエントリは、先日の「アダルトな政治学」以来の苦笑を誘われた。

大先生独自の分析にもとづき、その前段では中川秀直が総裁への野望に燃えていることに言及しているのはいい。そういうことも大いにあるだろう。
しかし、それに続いて総裁選の大本命である麻生太郎に並んで中川秀直が立ち上がり、2人がテレビで討論するとなると、その図は絵柄として最悪で、自民党支持率が下がってしまうだけでなくテレビ局のプロデューサーまでが意欲を喪失、シラけてしまうとまで言うのはいかがなものか。
大先生によれば、ベストな総裁選の映像は麻生太郎とマダム回転寿司こと小池百合子野田聖子が顔を並べるもので、これこそが視聴率を稼ぐのだという。
マダム回転寿司

そりゃ、たしかにゲロッパ中川なんかにテレビ画面に出てきてほしくはないさ。
だけど、冷徹な政治学徒としての目をもつ大先生がそんなことを言っていていいのだろうか。
野田聖子

エントリの後半は、政局を論じると言うよりも単なるミーハーになりさがったかのように野田聖子を持ち上げる。
ここで大先生のエントリから引用してもいいのだが、それさえも気恥ずかしくなるほどの持ち上げようは、いったいどうしたのかと思ってしまう。
殿ご乱心は自民党の中だけにしてほしいものだが。

たしかに野田聖子には新自由主義の臭いがなく官僚臭も感じさせない「美点」があるとしよう。
だからといって、それだけで野田聖子が一国の総理の器にふさわしいかどうかとはまったく関係がない。いくら野田聖子が「働く女性」のピュアなイメージを持っているからと言って、総理総裁を目指すべきだと言ってしまっていいものか。

殿、ご乱心?

野田聖子が郵政大臣をしていた10年前よりもきれいになっていることをほめちぎり、年を経るごとに美しさを増していくには努力が必要なことであり、それを実現している女を女は尊敬するとまで言うのはまあ、我慢しよう。
しかし、麻生太郎と小池百合子と野田聖子が3人で総裁選を戦う「絵」ができると、確実に自民党の支持率は上がるとまで言うのは、どういうつもりなのだろう。
これではまったく自民党総裁選のタイコモチではないか。

自民党が麻生太郎を軸にして、小池百合子や野田聖子の顔をちらつかせるのは織り込み済みの戦略である。
たしかに華のある絵ができれば国民の関心は低くなろうはずがない。
しかし日頃リベラル・左派に手厳しく己が手本と自負するブログがまんまとその手に乗ってしまってどうする。
いくら目を惹く花が並んでいても、その土台は腐っているのである。
花に目を取られて花瓶の汚れとヒビに気がつかずにどうするのだ。

麻生太郎がいくら人気が高いとマスコミがはやしたてようと、小池百合子や野田聖子がいくら目新しいと騒ぎ立てようと、自公政権にノーを突きつける側から見れば問答無用だ。
小池もダメなら野田が出てきてもダメ。
ダメなものはダメなのだ。
自民党ではダメなのだ。
そこを押さえた上でものを言わなくては、肝心の政権交代の実現が遠のくというものだ。
そして、それだけは何としても避けなければならないのだ。

自民党が誰を繰り出してこようと、われわれははっきりと拒絶する。
そうでなければ目標実現などかなうはずがないではないか。

関連タグ : 自民党, 総裁選, 野田聖子, 小池百合子, テサロニケ,

この連休中も、みっちり仕事をしなけれならない私は、ようやく天気が安定してきたというのに、暗くじめついている。
なにが、ゴールデンウィークだよ。海外旅行だよ。
今年は50万人が海外に遊びに行くそうじゃないか。

生活に追われ庶民の生活は苦しくなる一方だという論法があるなかで、こういうバカンスシーズンになると、海外旅行だなんだという人々で空港や駅のターミナルは人でごった返す。

ほんとに日本人の生活は苦しくなっているのか?
それともこれが社会格差の現れと見るべきなのか? 羽田や成田から飛び立つ50万人の日本人のはるか下方にある下界では、別次元の貧困に喘いでいる人々がいるということなのだろうか。
テレビの報道を見ていると、ほんとうに社会の姿が見えなくなる。

それはともかく、昨日の山口補選では、前民主党衆議院議員で社民党推薦の平岡秀夫が当選した。
まずはよかった。
この勝利は、相手がノーパンしゃぶしゃぶの常連のスケベおやじで、耐震偽装問題では証拠隠滅をはかり、社会的地位を上げた噴飯ものの候補だったのだから、あたりまえとも考えられる。
山口の有権者たちは、きわめてノーマルな反応をして投票したと思う。
平岡秀夫
しかし、そのノーマルな反応は、ノーパンしゃぶしゃぶなどに対するものではなく、あくまでも今月から始まった最悪の制度「後期高齢者医療制度」に対する怒りの反応と見るべきだろう。
山口2区の人々は、日本全国民の意志を代表して、自民・公明が推す候補を粉砕して見せたのだ。

この結果を、政府は重く受け取るべきである。
自らが行ってきた悪政を少しでも反省すべきである。
しかし、今の硬直した自民党ではそんな反省もままならないだろう。
ならば、民意が自公政府の思惑に対してノーを突きつけたのだから、内閣は責任をとり総辞職して、こんどは国民全体の真意を諮るべきだ。

そして国民はこんどこそ、自公を倒して民主を中心とする新たな政権を打ち立てるべきだ。
いよいよ自公政権が倒れる日も近いと思うと、暗くじめついている私の心も、少しは晴れてくる。

だが、一方では小泉純一郎小池百合子前原誠司と会食し、なにやら話し合ったという情報もある。求心力を失った福田康夫に代わって、次期首相の座を巡る動きがすでに始まっているようだ。
それにしても、小池百合子
小池百合子
次の自民党総裁には麻生太郎が有力視されているが、そこに小池が立候補することで「日本版オバマ対クリントン」だ、などとはやってほしくないものだ。
これこそパフォーマンス以外のなにものでもなく、馬鹿なマスコミを喜ばせるだけだろう。
そして国民の目を大事な問題から引き離し、いつの間にか問題をすり替えて、ちゃっかり政権を維持しようという腹づもりなのだろうか。
小泉なら考えそうなことかもしれない。

山口補選で民主党候補が勝ったことが、これから政局にどんな影響を与えることになるのか。
また自民党は、どう動くのか。
まずはガソリン税をほんとうに予定通り復活させることができるのか。
今週は、そのあたりを注目していきたいと思っている。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 山口補選, 自公政権, 小池百合子, 前原誠司, 小泉純一郎,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。