上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログでよく見られる「マスゴミ」という言い方が、私は好きになれない。
それは自分自身がマスコミの世界の片隅に身を置いているせいかもしれないが、むしろ大手マスコミと呼ばれる新聞・テレビとはほとんど無縁で、中小出版社とのつき合いが多い環境にあるからかえっていわゆる「マスコミ」のことは客観的に見ているのではないかとも思う。

日本のマスコミが日々流す情報は、偏りがちで限られた情報ソースから得たものばかりだから、どのメディアも右へ倣えをしたように同じである。そのいい例が記者クラブの存在で、彼らはお上が発表する情報をそのまま記事にまとめて流すだけだから、どの記事を見ても同じになるのは当たり前である。しかも、お上が出してくる情報は自分たちに都合がいいものである場合が多いから、それを無批判に流すだけでは結局のところ、お上に都合がいい情報しか世の中には流れないことになる。
これではたしかにマスコミが持つ価値は低いと言わざるを得ない。

けれども、だからといって彼らが日々提供する情報をゴミクズ同然と考え、十把一絡げにして「マスゴミ」と卑しめて呼ぶのには抵抗がある。
今やネットをふくめれば、われわれは膨大な情報を得ることができる。そのなかには「マスコミ」が決して流さないような貴重な情報がふくまれていることが多いのは事実だ。そうした情報と「マスコミ」が流す金太郎飴のような情報とを比べれば、どちらが重要なものであるかは自ずと分かるだろう。
だが、情報を受け取る側が気をつけなければならないのは、「マスコミ」が流す情報はすべてクズで、ネットその他自分が信じる情報源こそ真実を伝えていると思い込んでしまうことだ。

たしかに「マスコミ」が流す情報には安易なものが多いし、気をつけていなければ情報操作にはまる恐れがあるものも見受けられる。それでも、注意深く見ていれば、「マスコミ」が流す情報の中にもきちんと取材を重ね、真実を伝えたいという記者の熱意が伝わってくる情報がないわけではない。
反対に、ネットを見ていると、実にさまざまな情報を得ることができるが、それらはいまさらいうまでもなく玉石混淆で、よほど気をつけていなければとんでもないガセネタを信じ込まされることになる。

もっともいい例が、いわゆる陰謀論だ。あえてここでは具体例をあげないことにするが、一見知的で客観的に見えていても、実は信じられないほどねじ曲がった考えから作られたものがあり、事実を歪曲し、それらの情報を受け取る人々の考えを誤った方向に導こうとする。冷静な目を持って、客観的に判断する能力、あるていど洗練されたリテラシーをもっていれば、それらがSF小説レベルにも届かない低俗小説なみの絵空事だということが分かるはずなのに、好奇心のレベルやある種個人に特有のレベルが一致して、信じたいと思ってしまうと絵空事が絵空事でなくなってしまう。
そして困ったことに、絵空事を信じ込んでしまうと、それに合わない事実はすべて陰謀だということになる。

今、われわれがもっとも注意しなければならないのは、どれが事実であり真実を伝えようとしているものか、情報を見分けることである。私自身、ネットで自分の?趣味に合った?情報を見つけると興奮してしまい、これはブログに書かなければと思ってしまうこともある。しかし、それでは無責任な記事しか書けないのであり、その陥穽に陥らないためには、できるだけいろいろな見地から書かれたものを読み、咀嚼していくしかないのだ。
その対し方はなにもネットだけにいえることではない。
結局のところ、「マスコミ」の情報を受け取るということは、自らの判断力と知性を鍛えておかないかぎり、いつまでたっても「マスゴミ」と呼び捨てて満足しているレベルを脱することができないのだと思う。

それにしても、つくづく思うのは今から2000年以上前の人であるカエサルが言った言葉だ。
「人は自分が見たいと思うものしか見たがらない」
この言葉が持つ重要性を、あらためて私は噛みしめているところだ。

■付記
以上の観点から、いちどはリンクを外した大先生の「世に倦む日々」だが、やはり私にとっては得るところが少なくない。そこで恥ずかしながら、ふたたびリンクをさせてもらうことにした。

スポンサーサイト

関連タグ : マスコミ, 陰謀論, 客観, 冷静,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。