上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オカメのピーチは、順調に成長している。
ピーチ

羽もだいぶ伸びてきたし、一昨日あたりから羽ばたく練習を始めた。
立ち上がってちょこちょこ歩き始めるようにもなってきた。

首を伸ばしてあたりを興味深そうに見回している姿がなんとも可愛い。

でも、心配事もでてきた。

この頃、餌を与えても食べることに集中してくれない。どうも気が散ってしまうようで、スプーンで与えても二口三口で口を閉じ、あとはイヤイヤをするばかり。
食べてくれなきゃ、大きくなれないよ、ピーチ君(いちおうオスらしい)。

もうひとつは、昨日から急に気温が下がってしまい、風邪を引かないかと心配。
一応、セキセイインコで使ってたヒーターを入れてやったけれども。
大丈夫か?

寒いと言えば、2階の仕事部屋にいるパールも風邪を引かないか心配だ。
ホームセンターに行って、もうひとつヒーターを買ってくるべきかな?
それともケージを毛布かなんかで覆ってやればいいのだろうか。

こういう中途半端な時期に冬のような寒さに戻るなんて、今年もなんだか天候不順の年になりそうな気配だ。
ビルマ(ミャンマーじゃないよ!)では大型サイクロンが大被害をもたらしているし。

それにしても、軍事政権というのはどうして非人道的になるのだろう。
北朝鮮、中国などの独裁政権の国も上層部は潤っても国民は疲弊している。この両国もまた、非人道的な政策をとって国際的に非難されているわけだが、なぜなのだろう。
「われわれを信じていれば、明日は極楽のように素晴らしい国家ができるのだ。それまで民はすべからく苦難に耐えよ」――共産主義がまだ信じられていた頃は、こういう理屈が通っていたのだろうけれど、今は誰もそんなこと、信じちゃいないはず。
それなのに、なぜ、かくも非人道的な振る舞いを彼らは自国民に対して行うのだろうか。
それがわからん。

オカメインコの適正な飼い方と同じくらい、わからん。

だれか教えてくれ。
などと、まあ。。。。
なんだか素朴な疑問が湧いてくる、寒い日曜日なのだ。
スポンサーサイト

関連タグ : オカメインコ, 天候不順, 軍事政権, 独裁政権, 非人道的,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。