上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公設第一秘書逮捕を受けて、昨日行われた小沢一郎の会見では、検察に対する激しい非難の言葉が吐き出された。
小沢としてはたしかにはらわたが煮えくり返る思いがあるのだろう。
今、この時期になってなぜ、自分が標的にされるのか。
そこには権力側・政権側の悪意が感じ取れる。

しかし、あの会見を見て納得できたのは、盲目的な小沢支持者と民主党にいる何人かだけだったのではないか。
検察は西松建設からの政治献金のなかでも、小沢一郎に対する献金額が突出して多いことを問題にして、そこに利益供与がなかったかを疑っている。
だとしたら小沢一郎は、政治資金の使い道を明らかにしてそこに利益供与などなかったことをまずはっきりさせなければ、国民を納得させられなかったと思う。

あの会見の後、民主党の議員は「われわれは小沢代表を信じて団結していく」と語り、岡田克也もポスト小沢の水を向けられると「そんな馬鹿げたことを言ってるのは信じがたいことだ。今は団結して前進していくだけ」と語っていた。さらに幹事長の鳩山由紀夫は「われわれは民主党員なのだから、検察と小沢代表のどちらを信じるかといわれれば、代表を信じていくのは当たり前だ」と語っていた。
今や民主党小沢一郎の潔白を信じて、さらに結束の絆を強めていこうという意志でかたまっているようだ。

だが、民主党信者ではなく、小沢一郎を盲信しているわけでもない多くの国民からすれば、一連の言動はいつかどこかで見た光景と重なるものである。
政治家と金の問題が生まれるたび、それは多くが自民党議員が発生源になっていたのだが、われわれ国民は「○○先生を信じる」「こういうときこそ一致団結していかねばならない」という決まり文句を聞かされてきたのだ。

つまり、会見を開いて小沢一郎がどんなに憤って見せても、民主党の議員たちが声をそろえて団結を唱えても、小沢一郎を総理としてふさわしいと思ってなどいない7割から8割の日本人は、そらぞらしいと感じ、麻生太郎は駄目だけど小沢もやっぱりよくないなと思ったに違いない。
民主党の議員たちが団結するというのは勝手だが、それは何のため、誰のための結束なのかと言い返してやりたくなった人も多いのではないか。

今回の逮捕劇では国策捜査が行われたという意見がもっぱらだが、たしかにこれで民主党が受けたダメージは相当大きい。
しかしこのダメージが自民党にどれだけ利するかといえば、それほど利するところは多くないのではないだろうか。金額こそ小沢一郎が突出して大きかったものの、西松建設からの献金を受けていた議員の数は自民党の方が圧倒的に多かった。それらのひとつひとつを丹念に洗い出し、不正はなかったのかを突き詰めていけば、新たな逮捕者が出てくる可能性は十分にある。
また、小沢一郎のイメージが下がったからといって、麻生太郎の評価が相対的に上がると言うこともあり得ない。小泉純一郎が政界を引退すると明言した今、それでは誰が首相にふさわしいのかというと誰の顔も浮かんでは来ないのである。

むしろ、景気が行き詰まり雇用問題が深刻になっている今、自民党に政権を任せていたのでは駄目だという気持ちだけは消えず、検察がいかに国策捜査をしようが自民党が大逆転の勝利を勝ち取る可能性など皆無に等しいのだ。
国策捜査はあったのかもしれない。
だが、国民の側から見ればそれをとやかく言っているときではない。

問題は自民党政権では駄目なことははっきりしている以上、民主党が中心になって政権を取るべき時が近づいているというのに、肝心の民主党が疑惑を持たれイメージが下がってしまった(もともとイメージは高くなかったのに)小沢一郎を信じて、検察との対決姿勢を表面に出していていいのかという点にある。
私は昨日のエントリで小沢一郎は代表を辞任すべきだと唱えたが、その考えは今も変わらない。そして民主党は代表という看板を付け替える時期を誤ると、結局は自民党の麻生太郎と同じような立場に小沢一郎を追い込むことになるだろうと思う。
さらに、総選挙後の事を考えれば、社民党や国民新党との連立を円満に行う必要があるが、その先行きにも暗雲が漂うことになるだろう。

党首なのだから小沢一郎を信じる。
それは分かる。
しかし、誰のために信じるのか。党を一致団結させる必要は、誰のためにあるのか。
民主党にはその点をよく考えてもらいたいのである。

スポンサーサイト

関連タグ : 民主党, 小沢一郎, 国策捜査,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。