上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京オリンピックも半ばを過ぎたかと思うが、この間なにが不満かといえば、放送各局がニュース報道を放棄したかのごとく政治や経済、社会の出来事を報じなくなってしまったことだ。
ことにひどいのがNHKで、7時のニュースまでがオリンピックの中継と結果報告に費やしている。
9時からのニュース23ではメインキャスターの青山祐子が北京に行ってしまい、毎日社会のことなど忘れたかのように嬉々としてオリンピックを伝えている。

なんだろうね、このはしゃぎぶりは。
そんなにお祭り騒ぎが嬉しいか。

オリンピックなどはどうでもいいと思っている私は、ナショナリズムむき出しのアナウンサーどもを憎々しげに睨みつけてはチャンネルを替えることになる。

おかげで昨日は出演者たちがやかましくしゃべりあうことで普段は敬遠している「たけしのテレビタックル」を見てしまった。

その中で原油高騰の話題が出て、森永卓郎が現在の原油高騰はバブルであり、必然的にはじけるという見方を述べていた。
現在、レギュラーガソリンでリッター170円台後半というのが私の近辺の価格だが、先週から今週にかけて原油価格が下がったというのにガソリン価格には目立った動きはなかった。

もともと原油価格が高騰したのは投機マネーが原油市場に流れ込んだためにはじまった。それをさらに遡れば、アメリカのサブプライムローン問題で不動産バブルがはじけたことにつながっていく。不動産で儲けを見込めなくなった投機筋が、こんどは確実に需要があり儲けが短期で手に入る原油市場に目をつけたというわけだ。これに中国やインドなどの経済発展による原油需要の高まりがからみ、原油価格は一気に上昇した。

しかしこの原油バブルも、森永が言ったようにそろそろはじけようとしているようだ。
読売オンラインによると、国際指標であるニューヨーク市場の原油先物価格は、7月11日に1バレル=147ドルの最高値をつけたあと下落し、このところ110ドル台前半で推移。下落幅は30ドルを超えたと伝えている。
ただし下落したとはいっても原油価格は1年半前の約2倍という高水準で、読売の記事は先進各国は今後さらに投資ファンドへの規制を強化するなど、原油価格のさらなる下落で協調すべきだと続けている。

まったくその通りだが、現在の石油価格の高騰が国民生活を強烈に締め付けているという事実を前にして、日本国内でも取るべき対策があるのではないか。
森永卓郎とともに出演していた三宅久之は、政府が緊急時のために備蓄している石油を今こそ使うべきだと言っていた。今使わなくて何のための緊急用備蓄なのかと。
これもまた、その通りだ。
ただし備蓄している石油を使ったところで全国の石油価格に与える影響はわずかだろう。
もっと目に見える効果的な対策はないものか。

となると、私はやはりガソリン税を廃止することしかないように思う。
今、政局は上げ潮か増税かと揉めているが、国民不在の不毛な論議を重ねる前に、暫定税率を廃止すべきだ。暫定税率を廃止すれば道路が造れなくなると言うが、道路を造るよりも国民生活を立て直す方が重要であることは明らかだ。それでは困る、一般税にしたときの財源がなくなるというのなら、本気になって今まで積み重ねてきた無駄をなくし、公務員の天下り先をなくせばいいのだ。こういうことは口先だけでなく、本当に困らなければやれないものだろうから。

原油バブルは必ずはじける。
しかし、バブルがはじけたとして、ガソリン価格が1年前、2年前の水準に戻るとは誰も保障できまい。
国民の生活を立て直さなければならないというときに、自然の成り行きに任せていたのではいつまでたっても問題は解決しないだろう。やはり政府による強いリーダーシップが今もっとも求められているのだ。
しかし、繰り返しになるが今の自民党は上げ潮派と増税派が対立し、福田康夫は公明党=創価学会の意向に左右されて臨時国会をいつ始めるのかもよく決められずにいる。

やはり今は、一刻も早く政権を交代し、野党に国政を任せるのがいちばん効果的で手早い対策になるのではないかと思う。

それにしても、だ。

こうした国民生活がかかった重要な問題が山積しているというのに、オリンピックに夢中になっているテレビ報道の姿勢は批判されるべきだ。
もはや民放には何も望むまい。望む方が無駄だ。
しかし国民から金を取って放送をしているNHKの責任は重い。
オリンピックの中継をした方が国民が喜ぶなどと思っているのなら、大きな間違いで、それは国民蔑視というべきものだろう。

せめてNHKくらいは。
お祭り騒ぎに浮かれずに、地に足の着いた報道をしてもらいたいものだ。

スポンサーサイト

関連タグ : NHK, 報道, 北京オリンピック, 原油高騰, 国民生活,

昨日のニュースは、どのチャンネルを回しても14歳の少年によるバスジャック事件をトップに持ってきていた。

しかし社会全体から見れば、14歳が起こした狼藉ははなはだ不届きではあるものの、行き着く先は親や学校は何をしていたかということに落ち着くだけの話で、全国に流すニュースがトップで重々しく取り上げるほどのものではなかったと思う。

それよりも大きな問題は、燃料価格高騰で漁船が出漁を取り止めたことにより、市場に魚介が出回らなくなったという話題だろう。築地の場内ではマグロが姿を消し、近海物のイワシやアジ、イカが入荷されず、競りそのものが5分で終わってしまったという。
この状況は昨日一日で終わるというものでなく、原油の価格がこのまま高騰を続ければ、やがてわれわれの食卓からはイワシやアジといった庶民の味覚とされた魚が姿を消すことになる。たとえ食べられるとしても、今からは想像もつかないような高級魚として売り買いされるようになるだろうから、結局、カネに余裕のない家庭ではマグロや牛肉がごちそうとして手が届かない食材であるのと同様に、イワシやアジやイカが食べたくても食べられない高級品になってしまうのだ。

魚に加えて8月には卵が値上がりするといわれているし、9月には乳製品がまたしても値上げをする予定であるという。
今の日本人の平均収入がいくらなのかといえば、06年の国税庁によるデータでサラリーマンが435万円となっているが、その数字は年を追うごとに減少している。
つまり、生活に欠かせない食品がどれもどんどん値上がりしているというのに、収入の方は年々目減りしているということで、これは繰り返すことになるが、今の日本でスタグフレーションが進行しているということに他ならない。
平均収入

国民の生活に結びつく、これほど重大な事態が生じているというのに、どのニュースも一片の緊張感も伝えることなく、ただ燃料高騰で漁民が困っているという現象の一面を伝えるだけで終わらせている。
ニュースがかくものんびりしていられるのは、一にも二にもテレビ局に勤める社員の本音はイワシやアジやイカの値段がどうなろうとかまわないほど収入に恵まれているからであり、古舘伊知郎をはじめとするニュースキャスターがいくら眉を寄せて「これは私たちの問題であります」などと言っても年に1億以上もの契約料を受け取っている人間であれば、「さあ次のニュースです」とさらりと流して平気なのだ。そんな画面を、ほんとうに苦しい思いをしている国民は黙って眺めているしかない。
結局テレビ局も、高額の契約でカメラの前に立っているキャスターどもも、心から国民を愚弄しているとしか思えない。
本心から国民生活が第一と考えるのであれば、14歳のバカな犯行など無視をしてでも物価や国民の食の問題を取り上げるべきなのである。

福田康夫が夏休みを取ることになったと報じ、さては内閣改造を考えているのかと素人でも判断できるような報道をする前に、国民の窮状が長く続いているというのに「これまで休みなしにやってきたから休みを取ることにした」とは何事かと、サミットでも成果を上げられなかった無能さとセットで怒りをぶつけてやるべきなのである。

自公政権が国民のことなど何も考えていないことは、何も今さら言うまでもないことだが、テレビ・新聞報道の無策ぶりもまた、国民生活のことなど何も考えていないことを示している。

これから8月、9月と時が経つにつれ、国民の生活は間違いなく苦しくなっていく。もう街頭インタビューで「困ったわねえ」と薄ら笑いをしている余裕もなくなるだろう。
福田康夫がどこまで本気で内閣改造を考えているのかは知るよしもないが、国民生活をかくも苦境に追い込んだ責任を福田をはじめ自民・公明の政治家たちが取るとも取れるとも思えない。
国民としてはこんなときにこそ、野党にいちばんしっかりしてほしいときなのだが、もっとも大きな責任のある民主党は何をやっているのか。

ここ数日の蒸し暑さも手伝って、私のイライラは高じるばかりである。

関連タグ : 国民生活, スタグフレーション, マスコミ, 自民党, 民主党,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。