上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上映中止で話題になっている映画「靖国 YASUKUNI」の、右翼団体向けの試写会が18日、行われた。
全国から約180人の活動家が集まったという、この試写会。呼びかけ人の一人、木村三浩・一水会代表は「右翼が上映を中止させたかのような間違った言われ型をされているから」と説明した。
試写中、国会議員らが問題視した南京事件の写真を使ったシーンでも何の声も上がらなかったという。

右翼の人たち、冷静じゃないか。大人じゃないか。

試写後は活発な意見が交わされた。「文化庁の女性には納得できない。返還を求める訴訟を起こす」という意見もあれば、「われわれも助成を受けて親靖国映画を作って反論すればいい」「べつになんと言うこともない作品なのに、メディアが注目をあおったのでは」との意見が出た。
同血社の河原博史会長は「個人としては、日本民族に根ざした信仰心を侮辱するものを感じた」としながら、「意義ある会だった。右翼が反社会的というイメージは違う。誰もが映画を見せず抗議するわけでもない。大事なのは表現者同士のガチンコ勝負。そういう意味では映画館が屈してしまったのは問題だと思う」と話した。

以上は朝日新聞の記事によるものだが、これを読むと映画「靖国 YASUKUNI」を問題視し、大人げない反応を示したのはただただ自民党の稲田朋美や有村治子ら議員のセンセイ方だったということになる。有村にいたっては、刀匠の刈谷さんが映像の削除を望んでいるというウソまででっち上げたというのだから話にならない。姑息と言うか、やることがチンピラやくざに等しいと言えるだろう。

「靖国 YASUKUNI」という映画ができた。
その出来映えをめぐって議論が起きるのは当然のことであり、健全な反応だ。
しかし、稲田や有村がやったことは作品を封じ込めようとするものであり、断じて許されるものではない。これらに比べれば、「われわれも助成を受けて親靖国の映画を作るべきだ」と発言した右翼の人たちの方がずっと常識的だと思う。
地方都市に住んでいる私のような人間にはなかなかこの映画を見る機会がないのが残念だが、DVDにでもなれば必ず観たいと思う。
やはり、映画は観てから論じられるべきである。それゆえ、見る機会を奪うような権力の介入には、私は断固として反対する。

昨日はまた、長野県で聖火リレーに関する重要な動きがあった。
やはり善光寺はリレーのスタート地点になることを辞退した。
善光寺
「チベットでの仏教徒弾圧を憂慮する」という僧侶たちの発言は、至極理屈の通ったもので納得がいく。これに比べると中国に対していまだにはっきりとした態度を打ち出せずにいる政府のだらしなさがよけいに際立ってくる。
この問題に対する中国の態度は、非常に強硬で、世界からの批判を浴びても動じない。
一方的にダライ・ラマが反乱を起こしたとするだけだ。対話の余地もないという。
こういう相手に対して、「話し合いの機会を持ってください」と言ったところで通じるわけがないだろう。
来月は胡錦涛がくるというのに、日本は今回の弾圧を非難するのかしないのか。
今からでも遅くはない、やんわりと今回の訪日はお断りすべきではないのか。
オリンピックを開くのは勝手であり、またその成功を祈ることにわれわれもやぶさかではないが、人権弾圧は見過ごすことはできない。この件については時間をかけて話をする必要があると考えるので、胡錦涛主席には機会を改めて来日してもらうことにする。
頑迷な国を相手にケンカを売る必要はないが、もっと外交的な駆け引きがあってしかるべきだろう。

今回、聖火リレーでは善光寺が辞退しただけでなく、コカ・コーラをはじめとするスポンサーも宣伝カーを出さないことを決定した。警備が厳しくて宣伝車が走れない、宣伝の予算がないなどと理由はまちまちだが、根底にチベット問題があることは明らかだ。面白いのは、IBMから事業を引き継いだ中国のレノボまでが、そのなかに加わっていることだ。

26日の聖火リレーはどうなるのか。これから、まだ一波乱ありそうな予感がする。

ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : YASUKUNI, 右翼団体, 稲田朋美, 有村治子, 聖火リレー, 善光寺,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。