上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドッグフードがなくなってきたので、昨日はいつも行くホームセンターに出かけた。
するとなんと、毎度購入している銘柄のフードが、1000円も値上がりしているではないか。
原材料になっているトウモロコシや小麦などの価格が高騰し、ドッグフードもそのうち値上げされるだろうとは思っていた。

けれども、いきなり1000円だぜ。
そりゃないんじゃないの。

で、私はどうしたかというと今月初めにオープンしたイオン系列のショッピングモールに入っていたペットショップで、同じフードが安く売られていたことを思い出し、急遽そっちに車を走らせたのだ。

ところが、そのショップもフードを安く売っていたのはオープン記念ということで、今では通常価格になっていた。そしてその通常価格とは、先のホームセンターと同じ、以前より1000円も高い価格なのだった。

時間とガソリンを無駄にしたうえ、値上がりしたフードを買う羽目になった私は、なんだかペテンにあったような気分になった。
犬にとってドッグフードは主食であり、必要不可欠なものである。
もちろん、安くて何が入っているかわからないフードは相変わらずあるし、ほんとうに犬のことを考えるならば手づくり食にしろという意見があるのもわかる。

しかし現実問題として、私のような普通の飼い主はドッグフードに頼っているのであり、それがいきなり1000円も値上がりするというのは異常事態といってもいいほどの危機感を抱かされる。

ガソリンの価格はもはや当然のようにリッター170円になり、バターはスーパーの棚から消え、小麦粉その他の食品もどんどん値段が上がっている。

それなのに、この国では為政者たちがこの事態を何とかしようという声を上げることはないし、消費者たちも「困った」「どうしよう」とぼやくばかりで声を上げ、行動を起こそうとしない。

これは国も国民も異常なのではないか。
おかしいぞ、みんな。
トラックのデモ

以前のエントリでも書いたが、ヨーロッパではガソリン高騰抗議してストライキをするなどの実力行使が当然のように行われている。
昨日見たニュースでは、フランスの運送業者がやはりガソリン高騰抗議して無期限のストを開始し、幹線道路ではトラックがデモ行進をして大渋滞を引き起こしている様子を報じていた。
この抗議活動によって、運送業者と政府との交渉がはじまるという。

日本では、なぜこういう動きが起きないのだ?

今日の朝日の朝刊を見れば、福田内閣の支持率がやや回復して23%になったという。
内閣支持率
なんじゃこりゃ、だ。

私には日本の国民がわからなくなってきた。

自分たちの首が今まさに絞められつつあるというのに、その首を絞めている者ども、つまりは自民党公明党のクソ政治家どもを支持するというのだ。

もっと首を絞めて、もっと強く。あ、いいい。いい。

いつから日本人はみんな変態マゾヒストになったのだ。

ベッドの上で変態プレイを楽しむのなら勝手にどうぞというところだが、生活がここまで脅かされているというのに、この体たらくはなんだろう。
もうため息が出るというか、血圧が上がるというか。
ほんとに、この国はどうかしているよ。

政府自民党と福田康夫は、参議院で可決された問責決議案を無視し、衆議院で信任決議されたからチャラになったと勝手に思いこんでいるようだが、とんでもないことだ。

もういろんなブログで書かれていることだから繰り返すまいと思っていたけれど、書かずにはいられない。
参議院は、去年の夏の参議院選挙で国民が決を下した結果、野党多数となった、直近の国民の意思を体現したものである。その参議院が可決した首相問責決議には、大変な重みがある。
バカでアホを絵に描いたような顔をしている伊吹文明などは「参議院の問責決議には法的根拠がありませんからね」と抜かしていたが、とんでもない話だ。
伊吹アホ文明
それを言うならば、国民の信を問わずにだらだらと政権にしがみついている自民・公明のみによって可決された信任決議案の方が、よほど重みに欠ける。まるでサルのせんずりのようなものではないか。

中国で大地震が起きて一ヶ月後、今度は日本の東北で大地震が起きた。

今は地震の被害にあった人は当然のことながら、日本国民の多くが苦しみに喘いでいる。

それなのに政府は仲良しごっこで首相を信任し、それで事たれりとしている。
こんな政府、絶対に許すべきじゃない。
日本国民はいい加減に目覚めるときが来ていると思う。

ブログランキングに参加しています。

↓よろしければクリックしてください↓

人気ブログランキング




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : ガソリン高騰, ヨーロッパ, スト, 抗議, 自民党, 公明党, 問責決議,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。