上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読売新聞より。

弁護士や市民団体など貧困問題に取り組む「反貧困ネットワーク」は24日、契約を打ち切られて住む家がない派遣労働者や、生活費に困っている人を対象に、無料電話相談「明るいクリスマスと正月を!年越し電話相談会」を開催する。
以下引用。

 多重債務や不当解雇などの幅広い相談にも応じるほか、「今夜食べるものを買う金がない」といった緊急性の高い相談の場合は、スタッフが現地へ出向き、生活保護申請に同行する。

 受け付けは24日午前10時~25日午前0時。電話番号は0120-11-1040。

ーーーーーーーー
ほんらいこのような活動は、民間だけでなく政府や自治体が率先して行うべきものだ。
ところが政府といえば23日未明、税財政改革の道筋を示す「中期プログラム」の政府原案について、消費税率引き上げを含む税制抜本改革について「2011年度より実施できるよう必要な法制上の措置をあらかじめ講じる」と時期を明記することで合意した。(毎日jpより)

経済状況を好転させることを前提条件につけ、法制上の措置についても原案の「2010年」を削除するなど、表現はよわまったものの、政府の腹づもりでは1年ちょっとすれば間違いなく増税することで決まっているのだ。景気回復の状況を見極めるとしたところで、今のままでは財政状態は悪くなるばかりなのだから消費税増税に頼らざるを得ないだろう。
しかし、そんなことをすれば言うまでもなく、消費はいちだんと冷え込んで景気の底が抜ける。
政府は雇用法にも手をつけることに消極的だから、企業は不況を理由にさらなる人員削減をし、今度は正社員の首も危なくなるだろう。
麻生太郎が消費税増税だけにかくも固執し、これだけは現を翻さなかった理由はどこにあるのか。いずれにせよ、今の政府が困窮した国民生活よりも財界や富裕層を向いていることだけは間違いないだろう。
この政権に与してきた公明党は、これまで「百年安心年金」だとかいう政策を得意気に抱えてきたが、結局は自民党と一緒になって増税を受け入れ、国民を追い詰める手助けをしている。
このような党に「生活」だの「安心」といった言葉は、それこそ向こう百年は語ってほしくないものだ。

景気を回復させるための具体案を何ら示すことをせず、ただ消費税増税だけを明言している自民党には、早いところ政権の座を明け渡してもらいたい。
国民の一人として、私は景気回復の道筋をつけ、福祉のセーフティネットが構築され、医療制度が改められて地方の医療が改善され、さらに社会格差がなくなったならば、喜んで消費税増税を受け入れようと思っている。

誰がただで消費税だけ上げるのを許してやるものか。

スポンサーサイト

関連タグ : 反貧困ネットワーク, 消費税増税,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。