上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党代表選は、昨日、鳩山由紀夫と岡田克也が立候補し、この二人で争われることになった。そして明日にはもう決着がつくというのだから、なんとも気短な代表選で、これでは二人が具体的に何をやろうとしているのか、投票権を持つ議員たちにも理解できないだろう。
なぜ、こんなにも急いで代表選をする必要があるのか。

ジャーナリストの上杉隆は、DIAMOND online で、「民主党は拙速な代表選実施で、政治ショーの最高の演出機会を逃した」という一文をアップしている。それによると、小沢一郎は辞任は民主党にとって国会日程の主導権を握っただけでなく、麻生太郎が持つ「解散カード」までも限定的なものにし、代表選を行うことでその後の党勢回復にも一役買うものだった。ところが、その代表選を5月16日に定めてしまったことによって、それらの効果を台無しにしてしまったというのである。

たしかに上杉ならずとも、こんなに早く代表選を実施したのでは二人の代表候補の考えを十分に聞く余裕もないし、第一これではマスコミが盛り上げるヒマがない。
昨年9月に自民党は1ヵ月というもの、国会に空白期間を作ってまで茶番と呼ばれた代表選を行った。国民は大いに白けたが、NHKをはじめとするマスコミはダボハゼのように食らいつき、連日あの5人の候補者の顔をテレビで流した。
広告宣伝効果という点からみると、茶番であれ、自民党がやった代表選は大成功だったのである。

それなのに、民主党は何をやっているのか。
仮に今回民主党が自民党と同じように代表選を行っていれば、鳩山由紀夫と岡田克也の他にも立候補者が立てただろうし、民主党はテレビ・新聞を通して大いに「生活が第一」という自党の理念と政策をアピールすることができたはずなのだ。

ところが今回のように、わずか2日間で代表を決めるとなれば民主党の党勢回復どころか、かえって小沢一郎のフィクサーとしての存在ばかりが際立ってしまい逆効果になってしまう。

鳩山由紀夫は「小沢一郎の傀儡と呼ばれるつもりはない」と強調したが、その言葉を真に受けるものは少ないだろう。

ところで、今日、私が言いたいのは鳩山由紀夫という男についてだ。
昨日、鳩山由紀夫は出馬表明したときにこう語った。

「一言で私の政策を言えば『友愛社会の建設』『愛のある政治』だ」

私はこれで一気に鼻白んでしまった。
友愛社会の建設」、「愛のある政治」とは一体、どんな内容を表すのか。
ミクシィのマイミクの一人は、その日記で「まるで安倍晋三の『美しい国』を想起させる」とこき下ろしたが、私もまったく同感である。

そもそも世襲議員の代表格のようなこの男が、民主党の代表になってしまえば、それだけで自民党との大きな対決軸が一つなくなるわけで、民主党にとっては損である。このことを民主党員はどう考えているのだろうか。

そして鳩山由紀夫が掲げた「友愛社会の建設」こそは、鳩山の祖父、鳩山一郎が好んで使っていた「友愛」という言葉に由来している。
鳩山一郎といえば、日ソ国交回復を成功させ、日本民主党と自由党の保守合同を成し遂げて自民党を結成。いわゆる55年体制を確立した政治家である。
これだけならば、たしかに鳩山内閣が行った政治の基本理念は「友愛」にあったと理解できなくもない。
しかし、その一方で、鳩山一郎は改憲論者であり、日本の独立確保という視点から再軍備を唱えていた。

麻生太郎は馬鹿の一つ覚えのように「吉田茂の孫」と言いふらしていたが、鳩山由紀夫もまた、麻生のように触れ回らないだけで頭の中には偉大なる祖父、鳩山一郎が成し遂げようとしたことにあやかろうとしている節がある。
つまり、それは「友愛」という美しい言葉とともに日本の憲法を改悪し、日本独自の軍備を持つという野望に他ならない。そして、この方向性は鳩山由紀夫の後ろ盾である小沢一郎ともきわめて親和性が高い。

今、民主党が第一に掲げているのは政権交替であり、自民党的な政治に終わりを告げさせることだ。これについては鳩山由紀夫も岡田克也も異論を挟むことはないだろう。
しかし、問題は政権を取った後のことだ。
鳩山は消費税増税はしないといい、企業・団体献金の禁止や国会議員の世襲制限、衆院比例代表の定数削減などを挙げているが、もっと根っこの部分では自民党の右翼議員にも近い「改憲」を懐刀のように忍ばせているのである。

あと24時間もすれば、民主党の新代表が決まる。
そして新しい看板を掲げた民主党は、政権交替に向けて突き進んでいくことだろう。私もまたそうであってほしいと願わずにはいられない。

しかし、新しく決まる代表が鳩山由紀夫になった場合、鳩山が唱える「友愛社会の建設」や「愛ある政治」には強い疑念を持っており、鳩山が実行しようとする政策に諸手を挙げて賛同する気にはどうしてもなれない自分がいる。

鳩山か岡田か。
明日の代表選はまったく選択肢に乏しい、夢も希望も萎むようなイベントとしか言いようがなくなってしまったが、それでも最低限、鳩山由紀夫だけは代表になってくれるな、というのが私の願いだ。
しかし今現在の状況では、どうやら党内では鳩山有利が続いているらしい。
友愛社会の建設」「愛ある政治」。
われわれはまたしても、こんな歯の浮くような言葉を合い言葉にする人間をリーダーに戴きながら、政権交代に向かっていかなければならないのか。

なんとも気が重いことだと言う他ない。

スポンサーサイト

関連タグ : 鳩山由紀夫, 民主党, 代表選, 愛ある政治, 友愛社会,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。