上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかだ言っているうちに千葉県知事選の投票日は明日にまで迫ってきた。
今日が最後の運動とあって、各候補とも声を枯らしていることと思う。
けれども千葉県に住む有権者にはぜひともここで冷静な判断をしてもらいたい。

まず、なによりも投票すること。
そして今の自公政権にNOという声を突きつけるために、森田健作白石ますみには投票しないことである。
森田健作は無所属と言いながら議員時代は自民党から立候補していたのだし、無所属無党派を訴えながらも自民党からしっかり寄付金を受け取っている男である。
森田についていえば、前のエントリでも書いたように幸福の科学や統一教会とのつながりがあり、しかも右翼団体の日本会議とも関係が深い。こんな男にだけは知事になってほしくないものだ。

そして白石ますみについても、公明党が支持していることはすでに承知の通りで、しかも何より悪いのは小泉純一郎と同じ、日本をぶっ壊そうとするカイカク主義者つまり新自由主義者であることだ。白石の応援にはやはり改革派で超タカ派の橋下徹が名を連ねている。
千葉県民は大阪府民が犯した過ちを繰り返してはならない。白石には惨敗を喫してもらい、公明党にも痛烈なパンチを食らわしてやりたいものだ。

候補者の中でいちばん影が薄い? のは西尾憲一だが、これも素性をただせば自民党県議である。マニフェストでも今の政府が進めている政策に当たり障りのないような言葉を並べている。それだけでも知事にはしたくない。

残る候補者は、民主党・社民党・国民新党が支持する吉田平と共産党の八田英之だが、ここで票割れしてしまっては元も子もない。私自身は八田を支持したいところだが、選挙前の調査でもっともリードしている森田健作に肉薄しているのは吉田の方である。
吉田の主張は八ツ場(やんば)ダム建設中止、三番瀬保全、特別養護老人ホームの人員5割増しなどまずまずのもの。
千葉県民としては吉田平に一票を投じてもらいたいものだ。

もちろん、一県民として私も明日は吉田に投票するつもりだ。

スポンサーサイト

関連タグ : 千葉県知事選, 吉田平, 森田健作, 白石ますみ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。