上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉毅
なんとも悩ましい結末を迎えたものである。
いや、これがほんとうの結末なのか、ほんとうのところはまだ断定できないのだが。
元厚生事務次官宅連続襲撃事件で逮捕された小泉毅については、背後関係など今後も捜査されていくだろう。私は当初、コイズミは政府官僚組織に圧力をかける意図を持った右翼団体が使った鉄砲玉なのではないかと思っていた。
ところが、今のところではあるが、明らかになったのはコイズミが34年前に飼っていたの「チロ」が保健所に渡され、殺処分されてしまったことに対する恨みが動機だったという脱力ものの結末である。

それにしても34年間もを殺された恨みを忘れず、大学まで行きながら「政治家が悪いと思っていたら、大学に行ってから高級官僚が悪だと分かった」と言うコイズミは、はたして大学で何を学んでいたのだろう。
たしかに殺処分されてしまったは可哀相だが、その仇討ちの相手が政治家ではなく官僚だと方向転換させてしまった教育とはいったいどんなものだったのだろう。もしコイズミが大学に行かなければ、彼は政治家が悪いと思い続け、チロの死から34年たった今年、晴れてどこぞの政治家を血祭りに上げたのだろうか。
現実になかったことを想像しても意味はないのだが、それでも想像をたくましくすれば、厚生官僚を襲ったコイズミのことだから、厚労省の政治家、舛添要一あたりが狙われたのだろうかと思ってしまう。考えようによっては舛添をはじめとする自民党の政治家たちは毎年2200億もの社会保障費を削り、後期高齢者医療制度などの悪政を行って日本の老人たちを、それこそ保健所に入れられた不要なのように扱っているのだから、コイズミの狙いは正しかったと言われたかもしれない。

しかし現実には、の殺処分には何の関係もない人々が被害に遭ったわけで、コイズミの頭のネジはどこかで締め間違えてしまったとしか思えない。

現実に目を戻してコイズミが取った行動を見てみるならば、彼はのチロの仇を討つのなら、元厚生次官を襲ったことが間違いだっただけでなく、保健所に恨みを持ったこと自体誤りだったことを思い知るべきである。
なぜなら、保健所は意味もなく犬を捕らえて殺しているわけではなく、むしろ無責任な飼い主が飼育を放棄してしまった犬を一時的に預かり、引き取り手が現れるのを待ち、それでも引き取られない場合にやむを得ず哀れな犬たちをガス室に送るのである。この一連の流れで誰を責めるべきかと言えば、一番手は何と言っても無責任な飼い主だろう。

私はコイズミの家庭がどんなもので、その父親がどんな人格だったかを知るものではないが、もし34年前にコイズミの父親が犬を保健所に“棄てる”のを思いとどまり、なんとか飼い続ける努力をしていたならば、今回の事件は起きなかったのかもしれない。
そう思うと非常に残念である。

同時に、あらためて思うのは、犬猫を合わせて年間50万匹もの数が、大半は人間の自分勝手な理由のために命を失っている現実があるということだ。
先日も東京・八王子で十数頭のチワワが棄てられているのが発見、保護された事件があった。ひところ流行ったチワワ・ブームに乗って繁殖させた無責任なブリーダーが、ブームが去ったか犬たちの繁殖能力が落ちたか、いずれにしても身勝手な理由で飼育を放棄し、犬を置き去りにしたのである。
チワワだけではない、漫画がもとでハスキー犬が流行ればハスキー犬が大量に取引され、ゴールデンリトリーバーがいいとなるとどこのペットショップにもゴールデンの子犬たちが店頭に並ぶ。そうして人間の手で無理矢理繁殖させられた子犬が金で取引され、行き着いた家庭で可愛がられて一生を送れるならばまだ文句はない。
しかし現実には、散歩するのが面倒だから、無駄吠えが多い、子供に噛みついた、年を取って面倒が見られないといった理由で簡単に犬を棄てる人間が後を絶たない。要らなくなった犬は、子犬ならば段ボール箱にでも入れて空き地にでも放置するが、大きくなった犬は家に帰ってこられないように動物管理事務所などの施設に棄てに行く。
現在は管理事務所も簡単には連れ込まれる動物を受け入れないようにしているのだが、それでも現実には数多くの犬や猫たちが犠牲になっていく。

コイズミは、ほんとうに愛犬の仇を討ちたいと思ったならば、まずは愛犬を保健所に渡した無慈悲な父親と、それから無責任な飼い主を片っ端から捜し出し、それらを血祭りに上げるべきだった。こんなことを書くのは人道に反することだが、コイズミはすでに人の道を外れたことをしてしまったのだ。どうせ外すならば、正しく道を外すべきだったのではないか。

罪もない人を殺したり傷つけたりすることは悪いことである。
それと同様に、動物を虐待したり棄てたりすることも悪いことである。

今度の事件が政治的背景とは無縁なものであるのならば、それで事件は一件落着とするべきではない。
次は日本の動物愛護の在り方が問われるべきだろう。

コイズミの犯した犯罪は政治テロではなく、原因がチロであったとしても、問題の深さには変わりがないのである。

スポンサーサイト

関連タグ : テロ, , 仇討ち, 動物愛護,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。