上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実に忌々しいことに、私の親類縁者の中にも創価学会員がいる。
日頃から学会を非難し、池田大作は金正日のようなものだと憎まれ口を叩いている私に彼らは近づこうとしないが、それは幸いなことである。
それでも先月亡くなった義母は姪からの頼みで聖教新聞を購読しており、その契約は義母が亡くなっても今年いっぱい契約が続いているとか言うことで今もわが家のポストに毎朝届けられている。犬の散歩があるために家でいちばん早く起きる私は新聞を取り出す係になっているのだが、私がとっている新聞と一緒に入っている聖教新聞を、私はいつも二本指でつまんで取り出している。

もうひとつ忌々しいのは、聖教新聞をとっているということで選挙が近くなると必ず、近所にいる学会員がわが家を訪れることである。
いつもニコニコして訪れるその主婦は、困ったことに道を2本挟んだ向い側にある家の人で、これまた犬の散歩をしている私はしょっちゅうその主婦と顔を合わせ挨拶をする。べつに私だってご近所さんと顔を合わせれば挨拶するくらいの常識はもっているのだが、学会員のその主婦は、聖教新聞を購読しているのは私だと思い込んでいる節があり、選挙はよろしくとやってくるときは必ず私を呼び出すのである。
私としても、義母が存命の時でさえ年寄りを相手にさせるのもなんだと思うから仕方なく出て行って「はあ、はあ、分かりました」と相づちだけ打ってドアを閉めるのだが、腹の中では次の訪問先に向かっていく後ろ姿に塩を投げつけてやりたい思いでいる。

「私たちの生活を必ずよくしてくれる党ですから、どうぞよろしく」

その主婦は、ときには公明党の町会議員まで伴ってきてはそう言って頭を下げるのだが、ジョーダンじゃねえや、と私は心の中で言い返すのが常だ。

公明党は昨日、党大会を開いて太田昭宏を代表に再選した。
今日の毎日新聞の社説では「太田公明党 明快な説明と行動を求めたい」と題する一文を載せているが、これを読んでもこの党が国民生活を大切に考えてきたといいながら、その実、そのときどきの世論に合わせて主張をコロコロ変えてきただけであることがよく分かる。

毎日の社説では公明党に対して3つの注文をつけている。
第一は衆院解散・総選挙を直前に控えた臨時国会に臨む姿勢として、今日本が抱えている諸問題、景気対策の柱となる補正予算、米国初の金融危機への対応、食の安全問題、年金改竄問題などに対する具体的方針を示すべきだという点。
太田昭宏は大会あいさつで「政局ではなく生活こそが大事だ」と語り、その後の記者会見では「現在の経済状況を受け、総合経済対策をまとめたのでやらなければならない」と補正予算の必要性を強調したのだから、臨時国会ではぜひとも公明党のプランを明らかにしてもらいたいものだ。
しかし福田政権末期で公明党は一期かぎりの定額減税を主張したが、よもやこれがメインではあるまいな。

すでに言われているように、公明党の言う定額減税では景気対策としての効果が薄いだけでなく、その財源をどうするのかという問題が明らかになっていない。この定額減税の話を聞いて、あの地域振興券を思い浮かべた人は多いと思うが、公明党の考える生活第一の対策とはいつもその場限りで効果が薄い。1世帯あたり2万円分だかの商品券をばらまいたのと同じように、こんどは減税という名のバラマキをやってお茶を濁そうというのであれば笑止である。

毎日新聞が第二に求めているのは最近の行動に対する明快な説明だ。
福田康夫とはアジア政策などで一致していたのにもかかわらず、政権末期には「福田降ろし」に走ったのはなぜか。
公明党が最重要視している都議選の日程から逆算して総選挙の時期を考えると、福田康夫には一刻も早く退陣してもらいたかったのだとすれば、結局、公明党はまず選挙ありきの「党益」中心の行動をしたと受け止められても仕方ない。この点について公明党はどう説明できるのか。太田昭宏にはぜひとも説明してもらいたいものだ。

毎日はさらにインド洋での給油活動継続問題への対応も不可解だったと書いている。1月には新テロ特措法を衆院再可決する自民党に同調したが、今回は同法を延長する改正案に賛同しながら再可決には反対していた。太田昭宏は「特措法は延長すべきだ」と述べたが、公明党の対応のブレに対する説明はしていない。
これなども、つまるところは公明党がその時々の政局と世論の流れに合わせて主張を都合よく変えている証だと思うが、どうなのだろうか。アメリカの戦争に協力するのに賛成なのか反対なのか、はっきりしてもらいたいものだ。

そして第三は総選挙後の行動についてだ。
毎日は書いている。

>民主党が勝った場合に同党と連立する可能性を示唆する幹部の発言もある。「世論志向政党」と指摘する声も聞こえる。政局に臨機応変に対応することも必要だろう。しかし、次の総選挙は公明党にとっては自民党との9年間の連立が問われる選挙でもあるのだ。<

自民党が勝てば今まで通り連立を維持するが、もし民主党が勝った場合には民主党と連立するというのではあまりに都合がよくないか。悩ましいのは民主党自身もまた公明党との連立に否定的でないところがある点だが、自公政権として公明党がこの9年間にやってきたことを思えば、良識ある国民(もちろん創価学会以外のだ)は民公連立など決して許さないだろう。
日頃から学会と公明党については忌々しく思っている私は、もしそんなことがあれば公明党と民主党を徹底的に批判するつもりだ。

公明党とはつまるところ、学会員の目を欺くために場当たり的に金をばらまき、政策的には権力の座から降りないための選択をするだけの政党なのではないか。
日本という国を率いて行くにはあまりにもお粗末で、自己都合ばかりの、政党とは言えない政党。
私はそう思ってこの党を見ている。

もう少しすると、またご近所さんのあの主婦がわが家を訪ねてくるだろう。そのときには一つ尋ねてみたいものだ。
「公明党は、国民が幸福になることと池田大作が幸福になることと、どちらを優先している党なのでしょうね」
もちろん、私はそんなことを聞きはしない。
どうしてって、答えはすでに分かっているからだ。

スポンサーサイト

関連タグ : 公明党, 創価学会, 政策, 世論,

福田康夫が夏休みを取って以降、マスコミは内閣改造があると騒いだが、当の福田はいつものポーカーフェイスで何も考えていないという答えを繰り返していた。

それがここに来てにわかに8月初旬に内閣改造という話が浮上してきた。
それだけではない。支持率が低い福田康夫に首相を続投させるよりも、いっそ福田を退陣させて民主党の代表選に合わせて解散総選挙をぶつける案まで出ているという。

今日の朝日新聞の社説では、このところ公明党が連立パートナーの自民党に対して注文をつける大胆な発言が目につくようになったことを取り上げている。
もともと支持率が低迷している福田内閣は、洞爺湖サミットを区切りとして退陣するのではないかという憶測があったが、公明党元代表の神崎武法は、講演会で露骨に福田康夫の首相退陣の可能性をにおわせた。さらに同党幹事長の北側一雄は「内閣改造をしても支持率が高くなる保証はない」と発言し、幹部たちが口々に「早期解散」を唱えはじめたという。
さらに自民党が想定していた8月下旬の臨時国会召集に待ったをかけ、9月下旬への先送りを主張する。
こうした事情を踏まえて朝日は「内閣改造を軸に、総選挙の時期や首相交代などの思惑をはらんでうごめき始めた政局の主導権を、公明党が握っているようにさえ見える」と書いているがまったくその通りで、今や選挙を行ったとしても自民党公明党創価学会の支援がなければ 議席を確保することが難しいのは明らかだ。

その結果、自民党内閣改造も国会召集も解散の時期も公明党の顔色をうかがわなければ決められない状態になっている。
もはや自公政権ではなく、公自政権と呼んだ方が正しいといえるだろう。

しかし、政権の行方を左右するほどの影響力を持つようになった公明党はいったい何を目指そうとしているのか。それが一向にはっきり見えてこないから公明党=創価学会を忌み嫌っている私としてはすこぶる不気味で仕方がない。

今まで公明党がやってきたことは、自民党の悪政を補強するばかりで党是の「国民生活を守る」とはほど遠いことだったことは明らかだ。そこには政党としての主義も主張も認められず、ただただ権力の座にしがみつきたいという執念だけが見て取れた。

そのやり口から見て、おそらく政局を左右する力を持った今、公明党はあくまでも自民党を表に立てて裏で糸を引く気でいるのだろう。首相は人気があり、少しでも今より支持率が高くなるのであれば、麻生太郎でも構わないと踏んでいる。そうして責任の矢面には自民党を立たせ、実質的な人事権や政策決定権は自分たちで握ろうと考えているのではないか。

あるいは、自民党ではもはや勝ち目がないと判断して民主党にすり寄ることも考えられる。実際、鳩山由紀夫は講演会で「公明党を排除することを最初から考えるつもりはない。民主党の考えに協力していただければ大変有り難い」と発言し、公明党との連立を視野に入れていることをうかがわせている。

公明党にしてみれば、政権の座に留まることができるのであれば相手は自民であろうと民主であろうとかまわないのだろう。
しかしこのような政党が政権の座に居座り続けたとして、その先に見えてくるのは決して明るい社会像ではない。むしろカルト宗教による言論封殺と自由を制限する一種の恐怖政治による社会の姿がうかがえるから背筋が寒くなる。
いみじくも朝日の社説は、かつて党の委員長まで務めた矢野絢也が「政治評論家としての活動を中止させられた」と創価学会を提訴していることに触れ、矢野が国会での証言にも応じる姿勢を見せていることから公明党が長期の国会会期を嫌っているのはそのためではないかと推測している。
公明党にはよほど表沙汰にしたらまずい事情があるのだろう。

さらに、今日の「きまぐれな日々」では民主党の永田寿康元衆院議員が創価学会の名誉を傷つけたとして略式起訴された事件を取り上げ、JanJanのさとうしゅういち記者による批判記事を載せている。

「誰であれ、どの団体であれ、公に政治活動をすればそのことに対して批判なり論評を、他勢力や有権者から受けるのは当然のことです。その程度の覚悟もなくて政治をやるなと申し上げたい。この程度のことで、永田さんが起訴されるような状況が、さらにエスカレートすれば、うかうか政治活動ができないではないですか?今度は政策論争すら難しくなりかねません」

そのうえでkojitaken氏は「私は、これなど創価学会と公明党の強権的体質がむき出しになった象徴的な一件で、今後の新政権の枠組には断じて公明党を入れるべきではないと考える」と結んでいる。

私もまったくこれに同意見である。
今や死に体といってもいい福田内閣と自民党は、公明党と結ぶしか活路を見出すことができないだろうが、野党第一党である民主党には、いかに政権奪取のためとはいえ「公明党を排除するつもりはない」などと節操のないラブコールを送ってほしくない。

民主党にはここいちばんのときに公明党をパートナーにするのではなく、社民党なり場合によっては共産党との組み合わせを考えてもらいたいものだ。
自公政権によって破壊されてしまった日本社会を修復し、新自由主義に対抗する社会民主主義を実現するにはそれしかない。
カルト宗教と癒着した政党は、政権のパートナーの選択肢に入れるよりも、むしろ国政の場から追放すべきだと私は考える。

関連タグ : 公明党, 創価学会, 内閣改造, 自民党, 民主党,

いまや日本は、どこを向いても「値上げ」「値上げ」だ。
食料品、乳製品の値上げ、小麦の値上げ、それに今度は電気、ガスも大幅な値上げが決まった。

そして政府は30日に暫定税率を衆院再議決で可決、5月以降はガソリン税に加えて原油高騰による値上がり分もふくめレギュラーガソリンでリッター160円台になりそうな情勢だ。
まえにも書いたが、一度下げた税金を、いかなる理由があれ再び上げるのは新たな増税である。
増税するからには、政府はその理由を国民に納得させる義務があるはずだが、自民党の伊吹文明などは「すでに決まり切ったこと」と、なんの誠意も見せようとしない。

私はもう、ここにきて腐れきった自民党に対して、文句を言う気にもなれずにいる。暫定税率を復活するのなら、今までの無駄遣いも復活するのだろうし、役人の天下り先も未来永劫温存していくつもりなのだろう。
文句は言いたくないが、唾を吐きかけてやりたい衝動に駆られる自民党である。
公明党
しかし、私がもっとも腹を据えかねているのは「公明党」の存在だ。
同党のHPを見ると、「生活に直結。政治に直結」というスローガンが出てくるのだが、これはいったいどういうことを意味しているのだろうか。公明党が自民党とともに政権を握ってからやってきたことといえば、自民党の暴走に歯止めをかけるのではなく、その暴走の手助けをすることばかりだった。
今回の暫定税率復活に際しても、公明党はなんら議論することもなく税制関連法案を衆院で再議決する方針を決めている。
これだけ値上げが続き、国民の生活は確実に苦しくなっている状況が明らかになっているというのに、生活に直結、政治に直結しているらしい公明党は、自民党とともにさらなる物価上昇に協力し、すこしでも物価を抑えるような施策のアイデアを出すという気はないようだ。

公明党のHPなど、汚らわしくて長くは見る気もしないのだが、それを我慢してみていると、マニフェスト進捗なる項目があり、そこには「マニフェストの達成度は98%」という文句が誇らしげに書いてある。
いったいどんなマニフェストを達成してきたのか見てみると、たとえば「持続可能で安心できる社会保障制度を構築」という項目では、
・社会保障制度の地方分権改革――前進
・年金制度改革――大きく前進
・基礎年金国庫負担の段階的引き上げ――前進
・新たな高齢者医療制度の実現――進行中
・医療・介護の自己負担軽減の新たな制度の創設――前進

などとなっている。
いかにも公明党は実行力があるといいたそうだが、どれもこれもよく見れば自民党の尻馬に乗って数の論理に加勢しただけのことではないか。「新たな高齢者医療制度の実現」の内容を見てみると、社会保障制度のあり方に関する懇談会や社会保障審議会医療保険部会で検討が進められています、というのが進捗状況で、今後の課題は前期・後期高齢者の負担のあり方など高齢者の実態を踏まえた検討が必要です。となっている。
なんともスカスカの中身である。

公明党はこんな見かけ倒しの文言で「マニフェストの達成度は98%」などと宣言し、政権与党としての責務を果たしていると見せたいところだろうが、どこを見ても心なしかすべての文言は上の空で書かれたように内実が伴っていない。

このような空疎な政党が日本の政治に加わり、与党として悪政を重ねることに協力していることを思うと、心の底から怒りが湧いてくる。

公明党はつまるところ、創価学会の信者たちによる盲信で党の形を見せかけているカルト集団に他ならない。このような集団をいつまでも政党と認めていると、日本人から思考が失われていき、行き着く先は北朝鮮のような独裁政権になるのではないか。創価学会の広報映画を見せられたことがあるが、あれなどはまさに北朝鮮のプロパガンダフィルムと同じで、いちおう政教分離をうたっているものの、この党の本心が池田大作をトップに置く独裁政権を作ることが最終目標であることは間違いないところだろう。

自民党の福田政権は、もはや風前の灯といってもいい状態だが、われわれがほんとうに気をつけておかなければならないのはむしろ、創価学会と公明党が密かに練っている陰謀なのではないかと思えるのである。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 暫定税率復活, 公明党, 創価学会,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。