上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビをつけると、スロバキアを題材にしたクイズ番組をやっていた。
そのなかで、長くオーストリア・ハンガリーの支配下にあったスロバキアは、第一次世界大戦後、言語が近いチェコと合併する形で独立しチェコスロバキアになった。その後、いくつかの変遷を経て1993年1月1日にチェコスロバキアから分離独立する形で現在のチェコとスロバキアになったという話があった。
クイズの問題は、この分離独立する際に、チェコとスロバキアが仲よく分け合ったものは何か、というものだった。

これを見ていた私のカミサンは、こう言った。

「ブンリドクリツするって、どういうこと? 日本だったら、ニとホンに別れるっていうこと?」

あのなあ……。

これがわが家の「すべらない話」。
すべったら、すまん。

ちなみにクイズの答えは、国歌でした。
1番の歌詞をチェコが、2番の歌詞をスロバキアが、それぞれの国歌にすることになったのでした。

もし日本がニとホンに分離独立したとして、「ニ国」が今の自民党政権、「ホン国」が野党による連合政権の国になるのだったら、私は迷わず「ホン国」の国民になることを選ぶけどね。
「ニ国」は自公の独裁国家だから、「ホン国」にとっては北朝鮮よりも危険で厄介な隣国になりそうだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 分離独立,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。