上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山口県光市の母子殺害事件で、差し戻し控訴審の判決が出た。

やはり判決は「死刑」だった。

この判決を受けて、今日の新聞、テレビはこぞって判決基準が厳罰化したことを伝えている。また被害者遺族の本村氏の談話も出ている。
悲しみは消えないが、納得できる判決が出て癒やされる」(時事通信)

その言葉には9年という歳月の重みと、今もやりきれなさを抱えているであろう胸の内が感じられる。9年間、闘ってきた本村氏のことを考えると、軽々に言葉を発することは憚らねばならない思いがする。

しかし、私はどうもすっきりしない。
ほんとうに死刑でいいのか。
この死刑は、例の「世の中様」が望んで生まれたものではないのか。

「世の中様」とは、少し前なら倖田來未という歌手の不用意な発言に過剰反応をしてバッシングした人々のことであり、近くは人前をはばからずに泣いて見せた橋下徹に感動し、激励の言葉を寄せた人々のことである。

この事件にかかわらず、最近の凶悪事件に対する判決は、厳罰化の方向に確実に向かっている。
それは犯罪抑止のためともいえるが、一方で、裁判所が大衆の意向に沿うような形で判断を下している向きがないとは言えない。

ここで私が思い出すのは、2001年6月に起きた大阪の池田小児童殺傷事件だ。
犯人の宅間守は反社会的人格障害と診断され、自らも死刑を望んだが、それ以上に世間がこの事件を起こした犯人を憎み、死刑を望んだ。
そして裁判で大阪地裁から死刑の判決が出ると被告は控訴せず、死刑が確定。すると約1年3ヵ月後の2002年9月には死刑が執行されてしまった。
死刑確定から執行までの期間の短さは異例で、まるで法務大臣も世の中様と同じようにこの事件を憎み、この犯人を許せないように執行命令を出した印象が残っている。

今から7年前に起きたあの事件を覚えている人は今も多いと思うが、犯人の名前を覚えている人はどれだけいるだろうか。

池田小で起きた犯罪と、光市で起きた犯罪。どちらも酷いことで共通しているが、もうひとつ共通しているのは、世の中様から嫌われ、憎まれた事件であるということだ。

世の中様をバカにすることはできない。しかし、世の中様には気をつけなければいけないと私は思っている。

世の中様は、まるで忠臣蔵でも見るように世の中を見る。そして決まり切ったことのように吉良上野を悪者と考え、大石内蔵助らを義士として喝采する。
芝居ならばそれもいいが、ことは現実に起きている事件であり、そこには犯人とはいえども一つの命がかかっている。それを最初から死刑と決めつけてしまって、ほんとうに正義は保たれるのだろうか。私はそこに、どうも危うげなものを感じるのである。

もし、今日の控訴審判決で「死刑」という結果が出なかったら、世の中様はどう反応しただろう。橋下徹のように激高し、許せないという声で日本中が一つになってしまったのではないだろうか。
だが、待てよ待てよ。
多数決が民主主義の基本とはいえ、社会全体が一人の人間の死を求めてまとまるということは、どこか異常ではないのか。

たとえ宅間守のような犯罪を犯した者でも、法律は冷徹に施行されるべきである。
この場合の冷徹とは、死刑が確定した者に対して、法務大臣が大衆の意向に影響を受けて刑の執行を早めるようなことがあってはならないという意味の冷徹だ。宅間守のような犯罪者は、憎まれても仕方がないかもしれないが、その犯罪行為が憎まれるだけに記憶から簡単に消し去ってはならないのだ。犯罪は記憶に止められることによって抑止されると思う。宅間守は、まるでこの世から追い払われるように死刑を執行され、その結果、満足した世の中様はその名前も記憶から抹殺してしまう。

今回の光市母子殺害事件でも、犯人の名前は明らかにされていないが、この先最高裁でも死刑判決が出され、死刑が確定したら、世の中様はようやく満足し、この凶悪事件があったことを忘れてしまうだろう。

嫌なものは誰だって見たくはないし記憶に止めておくことも欲しない。
しかし、犯罪は記憶に止めて行かなくては亡くなった人の無念は虚しく消えてしまい、犯罪が社会に残した意味も消えてしまう。つまり、抑止する力もなくなってしまうのだ。そしてまた同じように酷くて憎むべき犯罪が発生すると、また社会全体がかき回したようにヒステリックに騒ぎはじめ、同じように憎しみに染まることになる。

それでは社会はいつまでたっても成長できないではないか。

私は、今日出された判決が妥当かどうか、あえて論評することは避けたい。ただ、この判決に、世の中様の意向が反映され、流された結果出たものだとしたら、そこに危ういものがあると感じる。
法律は、世の中の変化とともにその判断が変わっていくものなのかもしれない。
しかし、性器が写った写真を猥褻とするかどうかを判断するのならともかくとして、人を死刑にするかどうかを世の中の風潮に迎合するような形で判断を下すことには疑問を呈する。

私は、いわゆる人権派弁護士に与するものではない。
しかし今日の判決が出たとき、傍聴席から拍手がわき上がったという事実に、言いようのない嫌悪を感じるのである。

■追記
本村氏のコメントは、時事通信の配信記事から引用したが、実際には本村氏は「癒されることはない」と、まったく逆のことを言っている。時事通信は何を勘違いしたのかわからないが、これでは本村氏が怒っても仕方がない過ちだ。私も大いに迷惑している。
ちなみに、判決後に傍聴席から拍手がわき上がったというのは、産経の記事にあったことを付け加えておく。



ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 光市母子殺害事件, 死刑判決, 厳罰化,

「お父さんは、死刑がない方がいいと思うの?」

数日前、「ニュース23」を見ながら、娘が聞いてきた。
番組ではその日、死刑擁護論者というよりも推進者の鳩山邦夫法相と死刑廃止論者の亀井静香が対談をしていた。
鳩山は、法相に就任して以来、今日までに10人の死刑確定者に対して死刑執行を命じている。
死刑については、鳩山は昨年「法相が関わらず、自動的に死刑執行をするシステムがあってもいいのではないか」という発言をして物議を醸したことでも知られる。このときは言葉の選び方がよくなかったと弁明したが、鳩山が死刑そのものを必要なものと考えており、死刑執行は粛々と執行されるべきものと思っていることに変わりはない。
鳩山邦夫
この日の放送でも鳩山は、死刑執行が犯罪の抑止力になっているという持論を述べていた。人を何人も殺しておいて、犯人の命だけが助かるのはおかしい、日本の風土に合わないと言っていた。

これを聞いていて、私は思わず「そうかな」とつぶやいたところ、それを聞きとがめた娘が冒頭の問いを私に投げかけてきたというわけだ。

私は、少し考えて、「やっぱり死刑制度はない方がいいと思うよ」と答えた。

「どうして。それじゃあ殺された人の家族が可哀相じゃない」

たしかにその通りだ。
自分だって、家族を殺されたら、殺した犯人をただにしてはおかないと思うだろう。殺されたのが犬だって、相手を憎む気持ちは変わらないだろう。

けれども、理不尽なことに対する憎しみを解消する手段として「死刑」があってもいいのかとなると、どうしても躊躇する。
人を殺すことは、もう一人殺すことでチャラになるのか。そう考えると、私にはどうもチャラになるとは思えないのだ。

死刑は国の権力に基づいて行われる刑罰である。
しかし、国というものは、国民の安全と生活を守る義務はあるけれども、犯人とはいえ国民の一人の命を奪う権利はないのではないかと思うのだ。
もちろん、これに対しては国民の生活を守るために殺人を犯すような人間は死刑にすべきだという答えが返ってくるだろう。
けれども。
私は、国には「お前は悪いことをしたのだから、世間の人々と一緒にいては困るよ」と刑務所に隔離する権利はあっても、「お前は悪いことをしたのだから、生きていてはいけない」という権利はないように思えて仕方がないのだ。

死刑をせよ、と今なら鳩山邦夫がそれを命じる。
果たして鳩山邦夫という男にそれだけの権利があるのか。
鳩山は、死刑を執行せよとは言うが、実際に死刑を行うのは刑務所の刑務官である。彼は役人だから、上司の鳩山から命じられればそれに従うしかない。
そして個人的には何の関係もない「犯人」を、法の名の下に「殺人」するのだ。
むろん、刑務官に殺人をするという意識はないだろうが、それでも自分の手で一人の人間を死に至らしめることの重みは感じるに違いない。

タイトルを忘れてしまったが、死刑執行を描いたノンフィクションを読んだことがある。そこでは、死刑執行を行う刑務官の苦悩も描かれていたことを記憶している。

人が人を殺す。これは一般社会のなかではあってはならないことである。
それと同様に、刑務所の中でも、人が人を殺すことはあってはならないのではないか。たとえそれが法務大臣の命令だとしても。

「それじゃあ遺族の気持ちはどうなるの」

娘は不満げだ。

「何も悪いことをしてないのに家族を殺されて、ずっと悲しみと憎しみをこらえて生きて行かなければいけないの?」

私はまたも考えて、やはりそうだとうなずく。
激しい怒りと悲しみと、憎しみ。
それを生むから犯罪は忌むべきものなのだ。けれども、その激しい感情は犯人を死刑にすることでしか癒せないものなのか。あるいは昇華することはできないものなのか。私はそこで暴論を言う。

「ほんとうに遺族が気持ちを晴らせるようにするなら、もういちど仇討ちを復活させるしかないだろう」
「そんなこと、できるわけがないじゃない」
「できないよ。だから、何とか別の方法で気持ちを落ち着かせなければならないのじゃないか」

ここまで話すと、どうしても思いは山口県光市で起きた母子殺人事件におよぶ。22日にはいよいよ判決が言い渡されることになっているが、被害者遺族の本村洋氏が強く死刑を望んでいることは私も知っている。
それについて私が言うことはない。
あのむごい事件に遭って、犯人に対する怒りを燃やすことは当然のことだ。死刑を願うのも自然だろう。

けれども、第3者である私はやはり、死刑には反対だと唱える。
ただし、仮釈放なしの終身刑にはしてやりたいと思う。被告が犯した罪は、一生かけて償う必要がある。今の法制度には仮釈放なしの無期懲役刑はないが、裁判員制度がはじまるまでにはぜひとも、この量刑を法に盛り込むべきだと思う。

むごい殺人事件を起こしても死刑にならないとしたら、犯罪は増えることになるのだろうか。鳩山邦夫は増えるという。私の娘もそれに賛成する。
しかし私は、賛成しない。

裁判の判決が厳しくなるのはある程度、犯罪の抑止力になるとは思うが、死刑判決がそれに結びつくとは思えない。打ち首獄門が行われていた江戸時代でも、犯罪は起きていたのだ。
鳩山邦夫が10人の死刑を執行したこの期間に、目立って犯罪が減ったかと言えば、そんなことはない。犯罪は死刑があるかどうかで発生数が変化するのではなく、政治が悪いかどうかで変化すると考える方が妥当だろう。悪政が行われて社会に不安が満ち、秩序が乱れれば犯罪が発生するのは当たり前ではないか。そこに死刑がどれほど関係するというのだ。

それでも娘は、まだ納得せずに言う。
「無期懲役が最高刑になったら、被害者遺族が払う税金で犯人を養うことになる。私はそんなの許せないと思う。死刑にした方がお金がかからなくてすむでしょう」

人の命をコストで計るということには抵抗があるが、それも見逃せない理屈であることはたしかだ。
単純に考えると死刑の方がコストがかからないように思えるが、実は反対で、死刑の方が無期懲役よりもコストがかかるという報告がアメリカではなされている。そこには収監中の生活維持費や裁判費用などの要素が複雑にからんでくるのだが、実際には両者のコストを正確に比較することは難しいようだ。日本ではこのような試算が行われていないようだが、それはなぜなのか。

というわけで、コストの点から死刑を存続させるべきという意見にも、私は疑義を呈する。

娘は、ついに到底納得しない様子でぷいと立ち去ってしまった。

そうなのだ、犯罪とは当事者だけでなく、それについて思いを巡らせる人間にとっても、到底納得できるものではないのだ。

だから厄介なのだ。厄介だけれど、真剣に考えていかなければならない問題なのだ。
裁判員制度が始まろうとしている今、その重要性はますます高まっているといえるだろう。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 裁判員制度, 死刑制度, 鳩山邦夫, 光市母子殺害事件,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。