上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創価学会の信者に対して、お前が信じているのはカルトだとか邪教だとか、心に思った通りのことを言って辞めさせようとしても、信者というものは辞めるものではない。
むしろ反対に、そんなことを言うお前こそ、地獄に堕ちて真っ黒になるまで焼かれてしまうぞと脅されるのが落ちだ。

同じように、私は今の植草一秀氏のブログ「知られざる真実」を熱心に読み、その言説を貴重な警世句として信じている人々に対して、もはや「あなたがたが信じているのはインチキブログだ」などと言うつもりはない。
人は、信じたものがそのすべてになってしまうからだ。

だから、今回はほとんど徒労と知りつつも、あえてもう一度「植草」を取り上げる。
それというのも、前回、私がアップしたエントリに対して、「植草氏は正しい、ブログ主は間違っている」という長々しいコメントをもらったからだ。
私はかならずしも論争が好きではないが、日頃忌々しいと思っている植草などが正しいと、恥ずかしげもなく書いてくるような者に対しては一言言ってやりたくなる。

まず、ここで頭の悪い信者のためにもう一度繰り返しておくが、私は軽々にマスコミを「マスゴミ」と呼ぶことに反感を持っている。
マスゴミなどは2ちゃんねるレベルの連中が好んで使う、汚れた言葉だと思ってる。
コメント主は「マスゴミ」の出典は『マスコミはなぜ『マスゴミ』と呼ばれるのか』という本であると教えてくれている。
まったくありがたいことだが、この本は元産経新聞の記者だった日隅一雄という人物が著したもので、その内容こそは植草氏が日頃ブログで展開している権力による陰謀とマスコミ操作を非難しているものに他ならない。
私はこんな本、クズだと思ってますけどね。

私は、今あるマスコミが健全で完全なものだとは決して思っているわけではない。
たしかに明らかに偏向報道と思われるものがあるのは事実だし、記者クラブの存在によってどこも同じ内容の報道をしている弊害を持っているとも思う。さらに、民放に関して言えばスポンサーのいいなりになっている部分が多いだろうし、NHKにいたっては政治家の圧力を受けて番組内容を変更したことさえあるようだ。
マスコミ関係者はみな高給取りで、庶民の本当の苦しさを理解しておらず、したがって庶民の目線から番組を作ることが少ないのも事実かも知れない。
あるいは、マスコミ同士がなれあって、互いに批判し合うようなことが少ないということもあるかもしれない。

だからといって、それではマスコミ全体がもうどうしようもなく信じられないほど腐りきっているかと言えば、私はそうは思わない。
むしろ植草氏のブログのように日本は陰謀に満ちあふれ、マスコミはその走狗として利用されているという言説の方が疑わしいと思う。
第一、われわれの多くはあらゆる事象に対して一次情報を得る立場にない。たとえば小沢一郎が辞任したときだって、当事者から話を聞ける者がどれだけいるか。
植草氏だって民主党内部に入り込んで情報を得てきたわけではあるまい。
結局のところ、われわれが情報を得るときには多かれ少なかれ、今あるマスコミに頼らざるを得ないのだ。
それが間違っている、明らかに疑わしいと言う場合には、われわれには異議申立てをする権利があるし、マスコミ側にはそれを受け入れる義務がある。
それが民主主義というものであって、テレビ・新聞が流す情報はすべて操られていると決めつけ、十把一絡げに「マスゴミ」と呼び捨てるのはいかがなものか。

私は、メディア批判をするのは大いに結構なことだと思う。
しかしそのやり方は「マスゴミ」呼ばわりして、頭から信じようとしない姿勢とは相容れない。
植草氏は、メディア批判をするときには、まず言葉を選ぶことからはじめるべきで、その際に「マスゴミ」などと使い古された汚い言葉を使うべきではないと思う。
この時点で、まず私は植草氏を信じるに足りないものと思ってしまう。

私が植草氏の「悪徳ペンタゴン」陰謀説を非難したことに対しても、コメント主は文句をつけてきているが、私に文句を付けるくらいならば、自分が走り回って一次情報を獲得し、「悪徳ペンタゴン」なるものの陰謀を晴らしてみてはどうか。コメント主は、結局のところ、二次情報を自分流に解釈している植草氏の言説をさらに自分で受け売りしておいて真実を握ったかのような錯覚を覚えているらしい。
これって、滑稽なことだと思うのだが、どうだろう。

さらに、私は植草氏の本心は日本の政治を改めることにあるのではなく、実は自分を逮捕した検察権力やそれを題材に大騒ぎしたマスコミに対する意趣晴らしにあるのではないかと推察した点について、コメント主は「まったくそれで構わない」と言い切っている。
ならば、あなたがたが日頃言っている政権交代とか日本をよくするとかいう旗印はイカサマだったわけ?
これまた笑止な話である。

私は陰謀論というものが嫌いであることは、このブログでも何回も繰り返してきた。
今回は仕方がないのでもう一度、繰り返すことにする。
陰謀論を用いれば、この世の中は何でもありになってしまうのだ。それは便利で面白いものかもしれないが、真実を知るには何の役にも立たないし、それどころか誤った考え方を広げやすい点で非常に害のあるものだと信じている。
植草氏のブログが害悪であるとしたのは、まさにこの点だ。

植草氏は陰謀に満ちたこの社会の闇を暴くことに懸命なのかもしれないが、私は違う。

私は極端に言ってしまえば、植草氏のいう「悪のペンタゴン」など放っておいてもいいと思っている。
それよりも重要なのは、今の社会が抱えている貧困や格差の問題をなくすことであり、国民が希望を持って生きていけるような社会を実現することである。
もちろん、そのためには社会の悪と戦う必要も出てくるだろう。
でも、戦うときは戦えばいいのであって、戦いそのものが目的ではないと信じる。

さらにいえば、たとえ自民党を倒して民主党が政権を取ったとしても、社会悪は残っていくと思う。これは民主党だけにいえることではなく、どんな政権がどんな政治を行ったとしても、社会というものはどこかに闇の部分とか腐った部分をはらまずにいられないものだと考えるからだ。
格差をどんなになくしていったとしても、大金持ちとそうでない人は依然として残るだろうし、会社の金で美味しい思いをできる人間がいる一方では日夜あくせく働き続けなければならない人もなくならないだろう。
しかしわれわれが目指すのは、できるだけそうした格差を縮めようとすることであり、たとえあくせく働かずにいられなくても、せめて希望を失わずに生活を送れる社会を実現させることが第一と考えている。

そのためには植草氏のように重箱の隅をつついてメディア批判をしたところで、ほとんど何の力にもならないだろう。その考え方が少しも建設的ではないからだ。

コメント主は、私が鳩山由紀夫が言う「友愛社会の建設」が抽象的で意味が分からないというのを嗤って、「友愛」とは「自立と共生」を同時にもたらすメカニズムの意であり、それは民主主義の基本理念である「自由と平等」の現実的な表れであるという説明を聞いているはず、と書いている。
ならば問おう。
その理念を具体的な政策にするとしたらどんなものになるのか。
それを教えてほしい。
私はそれが分からないと言っているのであり、ここで抽象的な文言の解釈をしているのではないと言うことがわからないのだろうか。

「植草氏は正しい」と信じているといっても、この程度のものか。
私にはまったく理解できないね。

こんなことを書いたら、植草信者のコメント主は「地獄に堕ちろ」と思うかもしれない。
だったらあんたも間違いなく、カルトの信者と思った方がいいよ。
スポンサーサイト

関連タグ : 植草一秀, 信者,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。