上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のエントリを書いた時点で、よもや小沢一郎が辞任するとは考えていなかったので、記事をアップした直後に「小沢代表辞任の意向」というニュースを見たときには正直驚いた。

小沢辞任については、これまで政権交代後は小沢総理になることで世の中がよくなると信じていた人々が「なぜ」の声を上げていたようだ。
しかし「なぜ」もなにも、小沢が代表でいる限り、日本はよくなるどころか、肝心の政権交代さえ自民党に迫れなくなっていたのが実情と見るべきだ。このところの政局の膠着状況というか、なんともいえない閉塞感は、ひとえに小沢一郎が態度を明確にせず、他の幹部も小沢をかばうことに懸命になるために愚昧な麻生太郎を追い詰めることができず、自民党のバラマキ政治への対案を示すこともできずにいたことから生じていた。

もちろん、この間に民主党は企業献金を全面的に禁止するだとか、世襲議員を制限するといったアイデアを出していたが、それとても自民党から出てくる言葉に反応して出していたに過ぎない。
「生活が第一」を掲げる民主党は、この世界的な不況時に、どういう政策を採っていくのか。まずそれを国民に見せていかなければならないところなのに、端から見ている限りではとてもそれどころではないような印象を与えてしまっていた。
だから、本当にこの党には政権交代をする気があるのだろうかと、疑問に思わざるを得なかったのである。

これから民主党がすべきことは、新しい代表をすみやかに選び出すことも重要だが、それとともに政権を取った暁には自分たちは何をしていくかを具体的に見せることだろう。
私は、今日本を襲っている不況が、とても一過性のものではすまないものではないかと思っている。
麻生太郎は4回にもわたって補正予算を組み、総額75兆円の景気対策を打ち出しているが、その内容はいかにも付け焼き刃的で継続性に乏しい。しかも住宅ローン減税や贈与税軽減などに見られるように、本当に生活に困っている人々を助けるための対策を取っているとは言い難い。何をどう使えるようになるのか、その目的さえ分からずにスタートさせたエコポイントなど、迷走としか言いようがない対策も採っている。
本気になってこの不況に取り組むには、もっと抜本的な制度の見直しや大胆な財政出動による救済策を打ち出していかなければならないはずだ。
しかし麻生太郎にそれを求めるのはどだい無理な話で、国民感覚さえ理解できないこのような男が今の日本を率いていることは、繰り返して言うが、日本にとってほんとうに不幸なことだと思うのである。

麻生太郎をはじめとする世襲議員がひしめく自民党では、国民の痛みがどこにあり、どんな手当をすればいいのかということなど永遠にわかるまい。
民主党は企業献金を排し、世襲議員も制限すると言ったのだから、次に作るマニフェストではかならずこれらを盛り込んだ上で、国民生活を守る政策を明らかにしてもらいたい。また、小沢問題では社民党や国民新党との連携も弱まってしまった感があるが、これからはもう一度他党とも話し合いを密にして野党連合を再確認してもらいたい。

解散総選挙がいつになるのか。それは分からない。
しかしこのままぼんくら宰相の麻生太郎に任せていたのでは、比例的に国民生活が疲弊していくことは間違いない。
民主党は誰が代表になっても、自公政権に対して強く解散を迫っていくように、それこそ挙党態勢を組んで臨んでもらいたい。

――とはいうものの、私はいまだに民主党という政党をもうひとつ信じ切れずにいるのも事実なのだ。
まさか前原誠司のような自民党よりの人物が代表につくとは思いたくないが、誰が代表になるかによって、この政党は性格がコロコロ変わる。
私としては菅直人が代表になって、麻生太郎を追い詰めていくのがいちばん効果的に思うのだが、さてどうなることやら。

しばらくは民主党の動きから目が離せないのである。

スポンサーサイト

関連タグ : 民主党, 小沢一郎, 代表,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。