上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市此花区で起きたパチンコ店放火事件については、触れようと思っていなかった。

しかし犯人の高見素直(41)が自首して逮捕され、犯行の動機として「仕事もカネもなく、人生に嫌気がさした。通り魔みたいに誰でもいいから人を殺したいと思った」と自供したことを知り、これは触れておかなければならないと思った。

つまり、今回の事件もまた、人生絶望した人間が見知らぬ人を巻き添えに無残な犯行を起こしたことで、記録にとどめておく必要があると思ったからだ。

ここ数年、われわれは幾度となく人生絶望した人間が犯した犯行を目にしてきた。
近くは1年前の6月、秋葉原の歩行者天国に自動車で突っ込み、通行人をナイフで殺傷した加藤智大の事件が記憶に新しい。
翌7月には東京八王子市の駅ビルで、女性2人が包丁で刺され死傷した。捕まった菅野昭一は「大きな事件を起こして両親を困らせようと思った」と話し、誰でもいいから殺そうと考えていたことが明らかになっている。
さらに10月には大阪市浪速区の個室ビデオ店で客16人が死亡した放火事件。この事件では、離婚や早期退職で人生に挫折した小川和弘が捕まっている。
昨年は3月にも茨城県土浦市で金川真大が、人生に嫌気がさし、死刑になりたいという願望から8人を殺傷した。

どの事件にも共通しているのは相手は誰でもよかったという場当たり的な犯行である点と、その動機に人生に対する深い絶望が横たわっている点である。

こうした事件を防ぐにはどうしたらいいのか。
それぞれの事件後には、警察関係者や弁護士、心理学者など、専門家たちがテレビに登場してそれぞれの意見を述べていた。
ことに、凶器としてナイフが使われた土浦の事件と秋葉原の事件以降は、アウトドア用の器具としてどこでも売られていた両刃のナイフ(ダガーナイフ)が斑馬を規制されるようになった。
大阪で起きた個室ビデオ店の事件では、迷路のようになっている店の構造が問題となり、火災に対する備えの重要性が叫ばれた。

今回の高見素直が犯したパチンコ店放火でも、昨日のニュースでは消防関係者が出て、「どんなに規模が小さい店でも、スプリンクラーの設置が必要だ」と述べていた。

しかし、これらの犯罪のいちばん重要なポイントであるはずの、犯人たちがなぜ人生に絶望したのか、という点については何も語られない。
加藤智大が事件を起こした直後は、派遣労働者たちの過酷な労働環境や、人をモノとして扱う人材派遣業者やその受け入れ会社の非人間性が非難された。

けれども、それから1年以上がたった今、また同じように人生に絶望した男が人を無差別に殺傷する事件が起きたというのに、この男の絶望については語られることがない。

われわれは、あの秋葉原事件から1年が過ぎたというだけで、派遣労働者の問題も、非人間的な労働環境の問題も解決したと思っているのだろうか。
あるいは、この社会に生きることがいかに難しく、希望さえ持てなくしているという事実から目を反らすように教え込まれてしまったのだろうか。

加藤智大の事件のとき、私は、同じようにこの社会に絶望しているし、大きな不満を抱えて生きている。もしかしたら自暴自棄になって、私自身もまた破滅的な行動に出るかもしれない。加藤と私は同じ人間だと書いた。
その思いは今も変わらない。
社会は閉塞して息苦しく、名ばかりの自由はあるけれど、経済的な苦しさや精神的な辛さに、今にも押し潰されそうになっている。
こうしてブログを今も書いていられるのは、ほんの偶然と言ってもいいのかもしれない。

今の日本社会は、一部のゆとりのある人々にとっては過不足ない社会かもしれないが、生活にゆとりが持てない人間にとっては毎日がギリギリの崖っぷちを歩いているようなもので、一度バランスを崩したら、犯罪を犯すか自殺するしか自分を解放する術がない。

一連の無差別殺人事件で、いちばん語られる必要があるのは、この社会が持っている病理であり、歪みを正していくための方法についてだ。
ナイフの販売や所持を規制したり、火災の時にも対応できる設備を作るのは、下痢をしたときに下痢止めを飲むのと同じだ。たとえ薬のおかげで下痢が止まったとしても、体内に蓄積される有毒物質をすっかりはき出さない限り、根本的な治癒は望めない。

昨日のニュースでは、過労死・過労自殺についての報道もあった。
毎年3万人以上が自殺しているなかで、過労自殺もまた増加しているという。
しかし過労死や過労自殺をしたとしても、遺族がそれを証明するためには大変な障害があるという。
まず、企業側が社員を過労死・過労自殺に追いやったことを認めたがらない。
そのうえ、過労死・過労自殺の実態を知ろうとしても、労働局が企業名の公表を拒む。企業名を公表すれば、その企業の業務に支障が出る可能性がある、というのが理由だ。

自殺者が1日に100人も出ているという、戦争よりもひどい現実にありながら、企業にしても労働局にしても、なんという後ろ向きな姿勢だろう。
国は自殺対策プロジェクトをスタートさせているが、その成果は上がるどころか、一向に自殺者の数は減らず、今行っているような手ぬるい対策では早急な効果は望めないのではないか。

自殺もまた人生に絶望した人間が、最後に選ぶ道である。

生きて行くことの苦しさから逃れる選択肢が、犯罪か自殺しかないとしたら、あまりに酷いことだとはいえないか。

景気対策として気前よく補正予算からバラマキを続けてきた麻生太郎には、日本の社会が抱えている本当の問題が見えていないし、解決する気もないだろう。
この異常な社会の上でままごとのような閣僚人事を行い、不祥事を起こしては首を挿げ替えるといったゲームのような政局に明け暮れている人間どもには、犯罪を犯した人間や自殺していった人間の心の闇は分かるまい。

人の痛みを共有できない今の日本には、私はつくづく嫌気がさしている。嫌悪しているといってもいい。
自分でももてあましてしまうほどの嫌悪感を抱きながら、一縷の望みをまだ捨てきれずにいるのは、もうすぐ政権交代が実現し、今よりは少しでもマシな社会が実現できる可能性がないわけではない、と思うからである。

スポンサーサイト

関連タグ : 人生, 絶望, 過労死, 自殺,

最近、自分の人生は間違っていたのじゃないのか、と考えることがある。

他人の人生と比較してみてもつまらないが、少なくとも非正規雇用の最右翼に位置するフリーランスの一人として新自由主義の荒波に洗われつつ、社会には何のセーフティネットもなく、むしろ妙な偏見さえあるという現実の中で生きてくると、否応なく「ほんとうはもっとましな生き方を選ぶ余地があったのではないか」と思うことになる。
ことに自分の子どもがこれから世の中に出ようとする時に、「悪いことは言わないからフリーランスにだけはなるな」と忠告せざるを得ないときの苦い気持ちは、誰になんと訴えたらいいものかと思うほどに辛い。

しかし、もしもう一度人生をやり直せるとして、どこまで遡り、どう修正を加えれば、間違えずにすんだのかというと、分からなくなってしまう。
結局、どこをどうやり直してみても、私は今の私にしかなりようがなかったのではないか。

私は、運命論など信じないし、神の存在もドーキンスのいう「妄想」に近いものだと思っている。
それでも人間には抗いようのない「必然の力」が働いているとしか思えない。

この世に神は存在しないが、宇宙を創った見えざる力は働いている。
それを神と呼ぶのならば神はあると言おう。
ただし、その神は意志などもたない物質あるいは現象なのだから、人の祈りは通じない。祈りもまた妄想の類である。
神はただそこにあり、宇宙を運行させている。
地上にあるわれわれ人間は、たまさか起きる偶然を神の意志として捉えたがるが、所詮は確率論の問題でしかない。グスタフ・ユングのいう「共時性」も、私にはただの偶然の一致か、ある出来事に起因する化学反応的な連鎖の結果としか思えない。
夢に見たコガネムシの話をしているまさにその時に、部屋の中にコガネムシが飛び込んできたとして、それになんの意味があるというのだ? それよりは貧困がテロを生む温床になっているという連鎖現象の方が何倍も大きな問題だし、雇用創設をして職を失った人々への対策を講じなければ日本社会が荒廃していくことを心配する方がずっと意味があると思う。

それでも、人が生きる道には何かの必然が働いているように思えてならない。
私に限っていえば、薄給のくせに毎日飲んだくれて帰ってくる父親と、外国航路の船長をしていた父親の家庭に育ち、それゆえに一種の奉公人に等しいサラリーマンを軽蔑している母親が何の奇跡か一緒になった結果、この世に生まれてきた。いくら母親が世の中を知らなかったからとはいっても、飲んだくれの安月給取りの男との結婚生活がうまくいくはずもなく、私はごくごく幼い頃から日常的に絶えることのない夫婦喧嘩と母親から吹き込まれる「サラリーマンほど下らないものはない。男なら腕一本で世界に出て活躍するようでなければならない」という教えのなかで育てられてきた。

もうこれだけで、私の人生は決まったようなものである。
私は、高校・大学の頃から就職をしてサラリーマンになることに興味を持たなかったし、酔いつぶれてふらふらになっている父親、人の生き方についてなどまともに考えることもなく会社に通っている父親を見て軽蔑の念を強めるばかりだった。

母親は、今思えば典型的なファザー・コンプレックスで私を自分の父親のようにさせたい一心だった。その思いは狂信的であり、息子が何に向いているのか適正を見極めようとするよりは自分の理想とする医者か弁護士という陳腐な枠組みに当てはめようとするばかりだった。
当然のことながら、私は父親を軽蔑する一方で、母親にも猛烈に反発した。しかし母親による洗脳は強烈で、父親のようにはなってはならない、大人になったら自分の才能と腕一本で世の中を乗り切っていける人間にならねばならないと自然に思い込むようになっていた。

「そうよ、やろうと思えばなんだってできるんだから。下らないサラリーマンなんかになっちゃ駄目よ」

母親は、毎日満員電車に揺られてカイシャに通うサラリーマン生活を、いくら働いても決まった額の(母親からすれば不当に安い)給料しかもらえず一生をカイシャのために捧げなければならないサラリーマン人生を、惨めでつまらないものだとして蔑んだ。私は父親を反面教師にしながら、母親の言葉を刷り込まれていった。

幸か不幸か、いや不幸なことに、私は小学生の頃から国語が得意で、中学・高校の頃には小説や映画に興味を持つようになっていた。大きな賞を取ることはなかったが、作文が何かのコンクールで佳作に選ばれたり、図工で描いた絵が県内の銅賞だか銀賞をとったことがあった。すると母親は言った。
「あんたは芸術家に向いてる。だからそっちの方で頑張りなさい」
単なる親ばかである。
しかし母親は本気で、とは言ってもそのために息子を特別な学校に入れたり家庭教師をつけたりするという方法は取らず、自分がいいと思う映画を見せたり音楽を聴かせたりすることで感受性を育てようとしたようだ。父親は相変わらず仕事が終わっても酒を飲んでくるのでいつも帰りが遅い。母親と一人息子である私は、食事が終わると決まってレコードをかけ、音楽鑑賞をするのが日課のようになっていた。

今、母親のことを思うと、芸術方面に刺激を与えてくれたことを感謝はするが、彼女は明らかに私を自分の思うがままにコントロールしようとしていたのであり、新自由主義的な考え方を吹き込んで息子を世の中の勝ち組にしようとしていたのだと思う。
教育熱心な母親、とくに駄目な亭主を持つ一人息子の母親はみな新自由主義者で、人に使われるよりは使う立場になれ、貧乏は悪いことで金持ちになることが幸せになるには欠かせないという価値観を子どもに植えつける。

残念ながら、私は母親が期待するほどの才能を持ち合わせておらず、成長するにしたがって母親の価値観に疑問と反発を感じるようになっていった。
その結果、今の私がある。

フリーランスが辛いといったってね」
今、知り合いの編集者は私の愚痴を聞くとこういう。
「自分で考えてみてくださいよ。会社勤めが務まったと思います? 思わないでしょう」
私はうなずかざるを得ない。
「ね。務まらないんですよ。だからフリーランスになった。いいじゃないですか、それで。仕方ないですよ」

たしかに、私はどう考えてみてもサラリーマンはできなかったと思う。集団で作業をするのが苦手だし、組織に管理されることに我慢がならない。さらには組織というものを信用していない。

私は、若者には無限の可能性があるという言い方には反対である。それは私の母親が「やろうと思えばなんでもできる」と言っていたのと同じで、裏を返せばその考え方は限りなく自己責任論に近づいていくからだ。
人間には大きな可能性が秘められている。けれども、人にはおのずと限定された生き方しかできないと思っておいた方がいい。もちろん、多くの中には天才的なひらめきを発揮して成功する人もいるし、信じられないほどの幸運に恵まれて幸せをつかむ人もいる。
でも、それはあくまでマイノリティであり、宝くじを買う人は多いのにあたる人はごくごく限られているのと同じである。

さて、こうして考えてみると、自分の人生は間違っていたのではないかと思うことがある私は、仮にタイムマシンがあって人生を遡ることができたとして満足できる方向に軌道修正できるのかという最初の問題にも答えが出てきそうだ。
つまり、人の一生はたとえやり直しが利くとして、それほど劇的に変えることはできないのではないか、というのが今のところ私の答えだ。もし変えるのならば、まず親を選び直すことから始めなければむずかしいだろう。
たしかに、転機はいくつかあった。
しかし組織で生きることを嫌い、他人と共同歩調を取ることができないのが私の基本である以上、それを裏切らずに選び取ってきた選択の結果が「今」なのだ。

フリーランスとして厳しい人生を選んでしまった私には、後戻りすることは難しい。
ならば、これから少しでもよりよく、自分で納得できる幸せをつかむためにはどうしたらいいのか。

そのためにはフリーランスに対して常に厳しい条件を突きつける社会を変えていくしかないのではないか。フリーランスライターというと(得体の知れない仕事をしている怪しい人間)という偏見をなくしていくことしかないのではないか。
その上で収入が増えれば言うことなしだが、カネのことは言うまい。
カネの話はもっとも苦手だし、第一、金儲けすることが人生の幸せとはかぎらないことを証明するために、私はこの仕事を選んだといえるのだから。

■追記
今、安月給で毎日飲んだくれていた父親は、結局定年と同時にアルコールのために脳に機能障害を得て施設に入って余生を送っている。私のことは分かるけれど、せっかく会いに行っても、ものの1時間もしないうちに私と会ったことを忘れてしまう。
そんな父親でも、会社に勤め続けたおかげで企業年金と厚生年金でかなりまとまった額の年金が入ってくる。フリーランスの私などよりもずっと安定した収入を得て、心配のない暮らしを送っているのである。
そんな現実を見るにつけ、人生はやっぱり金を稼げる者、つまりは会社という組織に所属してカイシャ人間として人生を全うできる人間が、とりあえずは最低限の幸福を得られるのかもしれない、などと思ったりもする。不本意ではあるけれど。


関連タグ : フリーランス, 人生, 選択, 幸せ,

仕事の内容に関わることだから、くわしく書くわけにはいかない。
けれども、私は「その人」に会ってからの数日、考え込んでいる。

その人は、夢を追いかけ、諦めることなく振り返ることもなく前に進み続け、成功をつかんだ。
いや、まだ本物の成功とはいえないかもしれない。
成功というものは、うかうかしていると知らぬ間に指の間からすいっと抜け出してしまうものだから。
けれども今、確実にその人の手には、成功の裾が絡みついている。

私は、苦労したであろうその人が、どんな思いをして今日まで来たのかを聞こうと思った。

「大変だったでしょうね」

何気なく言った、その一言で、その人の目が変わった。
私を見据えて、その人は言った。

「どうして、就職もせず、夢を追ってきた人間を見て、安易に?大変だったでしょう?とか?貧乏したでしょう?とか言うのだろう。それは他人の人生に土足で踏み込むようなことであり、非常に失礼なことだと思う。自分を見てきたわけでもないのに、夢を追いかけることを苦労とか貧乏に結びつける。そういう考え方をどうしてするのか」

私は二の句が継げなかった。

突然、叱られたからではない。
人の苦労を思いやることが、人の人生に土足で踏み込むことになるのだろうかと思ったとたん、フラッシュバックが起こり、言葉を失ったのだ。
なぜなら私もまた、若い頃に夢を追いかけ、今でいう「就活」(この言い方は、嫌いだ)にいそしむ周囲の学生たちを尻目に、人とは違う道を選んできたからだ。

就職試験を受けるのも、経験のひとつには違いなく、今でなければ会社を受けることもないだろうからと、いくつかの企業の試験を受けてはみた。
もちろん、私のような冷やかしでやってきた学生を受け入れるところなどなかった。
それでも、重役面接まで行き、なんとも冷めた雰囲気にやれやれと思ったこともある。思いながら、ひょっとしてこのまま就職してしまったらどうしようなどと考えた瞬間もあったことは白状しておく。

しかし結果として私は就職をしなかった。いや、できなかったと書くべきか。
それでもべつに後悔はなかった。
私はまだ若かったし、若さには可能性があると思っていた。可能性があるならば試してみるのが人生ではないかと思っていた。
だから夢を持ちながら、学生時代の終わりが見えてくると簡単にそれを小さく折りたたみ、どこかに仕舞い込んでしまう連中を、私は冷ややかに見ていた。

だが冷ややかに見ることでは、向こうも同じだった。
就職もせず、わけのわからないことをやって、お前はそれでいいのか。真面目に人生のことを考えているのか。
ある大企業に就職が決まった男は、私の顔を見てすでに重役のように重々しい声で言った。

「何かあったら、俺の所にこいよ。相談に乗るから」

私は、こいつのところだけには何があっても行くものかと思った。

「その人」に会って、思いがけず怒らせてしまったとき、私はあの当時のことを思い出さずにいられなかった。
偉そうな顔をして「俺の所に相談に来い」と言った、それは同級生だったが、そいつの顔を一瞬思い浮かべた。

たしかにアイツは、あのとき土足で私の人生に踏み込んできたのだ。
私がどういうふうに生きて行こうかと、私なりに不安も抱えていたときに、アイツは高みから私を見下ろし、何の保証ができるわけでもないのに口先だけで「お前の力になってやる」と言ったのだ。
私は、その男をいまだに許していない。

大きな組織に所属し、安定した収入を得て、社会的な信用も得て、順調に暮らしていく。
それはそれで大変なことだと、今ならわかる。
しかし、その頃の私は、安定という言葉そのものに拒絶反応を持っていた。
人から色紙を出されて、一言書いてくださいと言われたときに「安心第一」と書くような人間にはなりたくないと思っていた。

夢を追いかける。
なんと心をくすぐる言葉だろう。しかしこの言葉は、耳を澄ませば虚ろな響きを持っている。
しかし私はその空虚でたよりない言葉を頼りに、歩み始めてしまったのだ。
その道のりは、長く険しくなることを覚悟はしていたが、何とかなると思い込んでいた。

そうして今でいうならフリーターに近い生活をしながら学校に行き、自分なりに頑張った。
だが、なんとかなると思い込んではいたが、夢はいつまでたっても夢であり、成功の切れ端をつかむことさえ容易ではないことが、次第に重くのしかかってきた。
夢を追いかけた人間には、その代償として途切れることのない不安と社会的に透明になっていく現実を受け入れなければならない。たとえ小さくとも成功を手に入れるまでは。

人間の可能性とは何だろう。
私は今も、かろうじて仕事をして生きているが、もし若者がいてかつての私のような考えを持っていることがわかったら、何と言うだろう。
可能性を信じて頑張れ、とは恐ろしくてとてもいえない。
私には彼の人生を請け負う自信はないし、請け負うつもりもないからだ。
夢を持つことは大切か。
そう問われればイエスと答える。
しかし、ならば夢の実現のために一生を捧げるべきかと問われれば、私には即座に答える言葉がない。

人には寄って立つ所を持つことが必要である。それがなければ、社会は存在さえ認めようとしない。
ならば夢も可能性も捨てて、安心第一の人生を歩むことこそ大切なのか。
ノー。私は小さく答える。しかし、その後に言葉をつなぐ。
人には寄って立つ所が大切である。しかし夢を失うべきではない。夢を持ち続けることは、それだけでも大変なことであり、それを実現できる可能性を持つ人間ならば、寄って立つ所を獲得しながら、そのうえでなお夢を実現するだろうと。

寄って立つ所を持たない私には、そう答えるしかない。
私は持たざるものの苦労を知っている。
けれども、こうしてなんとか生きている。少なくとも、嫌だと思う仕事はせずにすんできた。嫌な上司のおかげで胃潰瘍にならずにすんできた。
鬱にはなったが、それでもこうして生きている。

大変だったでしょうね。

そう聞かれたとき、私は果たして怒るだろうか。
わけ知り顔で、ボーナスにも退職金にも縁がない人生は辛かろうといわれれば、私は稼ぎの多寡で人を計るなと言ってやる。

カネだけが人生じゃねえよ。

そう思いながら笑顔のひとつも浮かべ、「はい、大変でしたよ」と答え、「でも、楽しくもありましたよ」と続けてやろうか。

「その人」は、なぜ自分の人生に土足で踏み込まれたように感じたのだろうか。
今、大きな成功をつかもうとしているのに、なぜ怒ったのだろう。
私の顔が、金を物差しにする人間の顔に映ったのだろうか。
私には、そこのところがよくわからず、いまだに考え込んでいる。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックみっつ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : , 人生, 就職, 寄って立つ, 安心, ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。