上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほんとうならば、つまりテレビ・新聞がまともな神経を持ち本来あるべき正義を追求する姿勢を忘れずにいたのならば、今日のいちばんのニュースは太田誠一の発言になるべきだったのではないか。

太田は昨日、日本BS放送の番組収録で今回の事故米転売事件について、「人体に影響がないことは自信をもって申し上げられる。だからあんまりじたばた騒いでいない」という見解を述べた。
さらに、焼酎については蒸留する家庭で有害成分が除かれるので有毒性はほとんどない。あったとしても中国毒入りギョーザの場合の60万分の1で、人体に影響がないことは自信を持って言えると続けた。

われわれ消費者の感覚からすれば、「事故米」という名の毒入り米が食用に使われていたという事実、そしてどうやらその流通ルートには農水省がグルになって関わっていたということが大問題なのである。
しかし太田誠一には事の重大さがまったくわかっておらず、原料に毒が入っていたとしても焼酎ならば蒸留するから問題はないという。そして、さらに許せないのは問題の情報を中途半端に公開すると今回の事件で損害を受けた酒造メーカーから農水省が訴えられるかもしれないから情報公開ができない旨の発言をしていることだ。
太田誠一は、国民の食の安全を守る立場にありながら、健康を害する恐れがある消費者と同様に有害成分をふくむ食品を販売しているメーカーも守らなければならない、それは農水省が訴えられたら困るからだと言っている。

太田誠一は愚鈍な男だと見限ってはいたが、ここまで消費者を軽視しているバカ男が農水省のトップに居座っていることを思うと、体から力が抜けていくような思いがする。

そして何よりも、こうした許せない、農水相としてはあるまじき発言をした男のことをテレビも新聞もさして大きく扱おうとせず、相変わらずくだらない自民党5人衆のさえずりに時間とスペースを気前よく提供している事実に唖然とする。
今日の「きまぐれな日々」ではNHKが自民党総裁選関連の番組を垂れ流し、それに抗議した視聴者に対してどうどうと「あれは自民党のコマーシャルですよ」と返答したという驚くべき事実を伝えている。
国民の健康が脅かされる事件が起きている非常時だというのに、マスコミはNHKをはじめとして自民党のコマーシャルを流すことに懸命で、太田の問題発言などなかったかのように隠蔽しようとしている。私は陰謀論は嫌いだが、これは明らかに事故米問題がマイナスポイントにはたらく自民党が意図的にマスコミ操作をしているように思えてならない。そして暗澹たる思いに浸らざるを得ない。

社民党の福島瑞穂は昨日、農水省に対して事故米問題を徹底的に追求するようもとめていたが、民主党は、国民新党は共産党は何をやっているのか。今のテレビ・新聞を見ていたのではそうした情報はほとんど伝わってこない。

政府がまともに機能しているのなら、農水省の太田誠一はすぐにも更迭すべきである。そして国民の健康を脅かす大事件を引き起こした三笠フーズの冬木三男をはじめ、農水省の官僚を証人喚問すべきである。
しかし、国のトップだった福田康夫が役職を放り出し、政権与党の自民党が御祭騒ぎに熱を上げている今では期待のしようもない。

国民は健康被害に怯えつつ、食の不安を抱えつつ、自民党の総裁が誰になるかを待たなければならないのか。

まったくバカげた異常事態に、今の日本は曝されていると言えるだろう。

あまりに腹立たしいが、ジャーナリストの中にも同じ思いをしている人々がいるということを以下に示しておきたい。
日本ジャーナリスト会議の「<JCJ緊急アピール>メディアは自民党総裁選の集中豪雨的報道を自粛せよ!」だ。
スポンサーサイト

関連タグ : 太田誠一, マスコミ操作, 事故米転売, 証人喚問,

冬木三男

すでに「食のテロ」などという言葉も見られるほど、三笠フーズによる事故米の転売事件が影響を拡大させている。

ほんらいならば工業用のノリなどにしか使ってはならないはずの農薬やカビで汚染された米が、こともあろうに食用と偽造して酒造メーカーや菓子メーカーに出荷されていたのである。
それと知らずに商品を作ったメーカーは、原料米に有毒物が混入していた恐れがあるとしてやむなく商品を自主回収せざるを得なくなった。

すでに鹿児島県の西酒造は代表的銘柄の「薩摩宝山」約30万本を回収しているほか、喜界島酒造(鹿児島県)、光酒造(福岡県)、抜群酒造(熊本県)、六調子酒造(同)、美少年酒造(同)が原料に事故米を使用していた可能性があると発表している。さらに今日になってアサヒビールも三笠フーズから仕入れた原料米を使っていたとして芋焼酎「かのか」や「さつま司」など9銘柄約65万本を回収すると発表した。

しかし、いくら商品が回収されたとしても、焼酎業界の今後の売り上げが大きく落ち込むことはさけられないだろう。

それは当然だ。
われわれ消費者はこのところ嫌と言うほど食品偽装に騙されてきたのだから。

売り手がいくら「安心です」「間違いありません」と太鼓判を押して見せたところで、おいそれとは信用できなくなっている。
事故米転売に限って言えば、たとえ今年作られた酒が汚染されている可能性があるとして回収されたとしても、去年以前に作られたものはどうなのかという疑問が残る。
実際、三笠フーズ冬木三男社長は事故米を食用米として転売する不正を5~6年前から行っていたと答えている。
単純に考えても、5~6年前から販売されていた米原料の製品はアヤシイということになる。
三笠フーズの米

さて、世の中では福田康夫が総理大臣の座を放り出してしまって以降、つぎの総裁は誰になるかという話題一色になっている観があるが、実はあたりまえのことながら、現内閣の閣僚たちは今も大臣職を務めているのである。

その証拠に、9日には舛添要一が年金記録の改竄に、社保庁職員が関わっていたことを認める発表をしているし、今日11日は法務大臣の保岡興治が死刑囚3人の刑執行を「粛々と」行った。

それでは国民の食の安全がかくも脅かされているこのときに、責任者の農水相太田誠一は何をやっているのか。
9月9日の時事通信によれば、閣議後の記者会見で太田誠一は「日本の食品は安全であるという国内外の評価があると思うが、それを損なう出来事で衝撃を受けている」と述べ、遺憾の意を表明。また、転売は農水省との売買契約に違反するとして、同社に違約金を請求する方針を明らかにした。 
太田誠一

中国製毒入りギョーザのように被害者はまだ出ていないとはいうものの、これだけ広範囲に影響が及び、国民の安全が脅威に曝されているというのに、三笠フーズはけしからんとして違約金を請求するだけか。
農水省三笠フーズを刑事告発する準備を進めているというが、それだけか。

すでに指摘されているが、農水省は1年も前から三笠フーズが事故米を転売している情報を知っていた。それなのに何ら手を打ってこなかった。
事故米の加工・流通状況を確認する検査に際しては、日程を業者に事前連絡していた。何十回となく行われた検査では、会社側が差し出す裏帳簿を何の疑いもなく信用して悪事を見逃してきた。
のみならず、農水省は事故米の売却先として住友商事に三笠フーズを紹介するなど便宜を図っていたことも分かっている。
これだけ見れば、三笠フーズが行った悪事は農水省が共犯だったといっても間違いにはならないだろう。

それなのに。

農水省は三笠フーズを告発し、違約金を請求するだけで問題がすむと思っているのだろうか。

今後、この問題が酒や菓子だけにとどまらず、味噌や醤油などにも影響が及ぶ可能性があるというのに、農水省は、その代表である太田誠一は国民に対してまず謝る責任があるのではないか。さらに、もっと重要なことは、三笠フーズが食用として事故米を転売した先をすべて公表する責任があるのではないか。
すくなくとも、国民にとってはこの2点がなによりも優先するはずの事項である。

アホな太田に「やかましい」「潔癖バカ」などと言われる筋合いはない。
太田誠一はすぐにもその間抜け面を国民の前に出し、謝罪をした上で農水相としての責任を取るべきである。

日本国中を食のパニックに陥れかねない事態が出来したというのに、今この国には先頭に立って国民を安心させ、被害を最小限に抑えるべく指示するリーダーがいない。

こんな事態を招いたのは福田康夫であり、自公政権であることを、われわれ国民はゆめゆめ忘れてはならないと思う。

関連タグ : 事故米転売, 三笠フーズ, 農水省, 太田誠一, 冬木三男, 食の安全,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。