上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中谷巌
今日の毎日新聞経済面に「市場主義万能は誤り」として、元一橋大学教授で小渕政権の経済戦略会議議長代理を務めた中谷巌のインタビューが載っていた。
中谷は最近『資本主義はなぜ自壊したのか』(集英社インターナショナル)を著して、かつて自分が旗振り役となって新自由主義を日本に導入したことを誤りだったと認めて話題になっている。

いまさら中谷の懺悔に金を出してやる気になどなれないが、今日の毎日と、日経ビジネスオンラインのインタビュー「なぜ私は変節したか?」を読んで、やはり腹が立ってきた。

要するに中谷は偉そうな顔をしてカイカクの必要性を説いていたが、元を正せばアメリカ留学中に眼にした、アメリカ社会の豊かさと新自由主義が説くシンプルな金儲け理論に目がくらんだだけのことだったということだ。

中谷は
「小渕内閣の「経済戦略会議」が終わってからは、一切、政治には関与しなかったんです。自分もちょっと考えるところがあって、もう一度、勉強しなければならないと考えていました。ですから、小泉政権やそれ以降の政権でも、世間的にはあまり意見を申し上げないことにしていました。

 その間、もういろいろな分野の専門家の方々にお会いしたり、本を読んだり、それに没頭してきました。その後、7~8年たって、グローバル資本主義や日本のあり方などの姿がおぼろげに見えてきたので、半年前から書き始めたんですよ。そうしたら、リーマン・ブラザーズの問題が起きて…。 」

こんな言葉で反省の弁を述べているわけだが、この間、毎年3万人以上の自殺者を出し、社会格差がどんどん開き、なおかつ固定化されていく過程を誰よりもよく分かりながら沈黙を守ってきた罪は大きいと思う。
中谷は、自分が社会を煽った結果、日本がこれほど荒廃し、社会が崩壊に瀕している事実を本当に反省していると言えるのか。
たかだか本を1冊上梓して、自分が間違っていたと述べるだけで罪が晴れるとでも思っているのだろうか。

日経のインタビューでは竹中平蔵のことにも触れているが、決して中谷は竹中を非難したりはしないのだ。

「例えば、竹中平蔵さんはどんな問題にもきちっと答えられるでしょう。経済学の知識が体系立てて頭に入っている人は、どんな問題でも必ず答えられる。

経済学の世界では、ロジックを組み立てて、サイエンティフィックな意味で絶対に穴が出ないような完璧な論旨の論文が書けるかどうかが重要になる。これを積み重ねていくと、いい大学からオファーが来て、出世できる。でも、そのモデルは人間社会の2割か3割しか説明できていない。残りの7割、8割はもっと不可分な、ドロドロの世界でしょう。」

要するに、竹中は経済学のエキスパートとして当然のことをしているのであり、その限界は認めつつも学者として間違っているわけではないといっているようなものだ。
そして中谷自身、カイカクそのものは日本にとって必要なものだったと言っている。

これのどこが反省なのだ?

もし中谷が本当に心から反省しているのなら、竹中と刺し違えるくらいの覚悟を見せてもらいたいものだと、私は思うのだがいかがなものか。

以上の点で、毎日のインタビューも日経のインタビューも、まったく中途半端なものであり、私は不満だ。
スポンサーサイト

関連タグ : 中谷巌, 新自由主義,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。