上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国は、チベットの人々を弾圧するだけでは物足りないらしい。

きっこのブログ」によると、今度は「オリンピックのための中国式クリーンナップ作戦」として猫を大量に殺しているということだ。野良猫狩りということだが、殺したネコの数はおよそ50万匹にもなるという。

さらに、ペットのネコでも飼育する権利を買わなければならず、その金額は200元(約2900円)なのだという。日本円にすれば安いような気もするが、中国には収入が500元以下の貧しい家庭も多く、愛するネコのためとはいえ200元もの金は出せない場合が多い。ということは、飼育する権利のないネコが家にいると、それは野良猫として当局が連れ去り、殺処分されてしまうことを意味するのだろう。

それもただ殺されるだけではない。
ネコたちは大半が毛皮工場に運ばれて皮を剥がれ、色を染め直して偽物のミンクやキツネの毛皮として売られるというのだ。

私は、かねがね毛皮については反対の立場をとっている。
日本のアホな芸能人にはいまだにファーだと言って、ステイタスシンボルのように体にぶら下げている者がいるが、まったく許し難いことである。
毛づやのいい毛皮を取るために、いったい動物たちがどんな扱いを受けているか、どんな殺され方をしているか、知っているだろうか。私は知っているから、それを思うだけで胸が悪くなる。胸が悪くなることはなるべく書きたくはないのだが、それは動物にとって苦痛に満ちた方法であるとだけは書いておこう。
もはや人間にとって、毛皮など必要ないのだ。
かわいそうなネコ

「きっこのブログ」では、この中国で起きている異常な事態に反対する署名を募っているが、微力ながら私も協力したいと思う。もちろん、私も署名をすました。
署名フォームは↓こちら。
http://www.shomei.tv/project-10.html

さて、ここで北京オリンピックのことだ。

きっこさんは、北京オリンピックをボイコットすべしと考えているようだが、私は違う。
オリンピックは開催すればいい。
この大会を目指して精進してきた選手たちも出たいことだろう。
この大会を当てにしている商売人たちも開催を願っているだろう。
その人々の期待を無下にすることはないと思う。
さらにオリンピックをボイコットすることから生じる政治的なこじれを考えると、日本にとっては必ずしも得策ではないと思う。

しかし、このようなことをしている中国を許したくない気持ちは私にもある。

そこで提案だ。

オリンピックは開催すればいい。勝手にやればいいのだ。
そのかわり、私は見ない。今度のオリンピックには関心を持たないことにする。
テレビ放送も見ないし、新聞雑誌も北京大会に関するものは見ざる・言わざる・聞かざるで行こうと思う。オリンピックを無視しようと思う。

昔、ローマ帝国では行いの悪かった皇帝に対して下される最悪の処分として記録抹殺刑が行われた。これは、その皇帝に関する公式記録からその名前を消し去り、肖像などはすべて破壊するということで、存在そのものをなかったものにすることを意味する。皇帝にとってはもっとも不名誉な処分だった。暴君として知られるネロや、大浴場を遺しているカラカラなどがその処分を受けている。
歴史から抹殺するとはいっても、ネロもカラカラもその名はいまだに残っているのだから完全に消し去ることはできない。けれども、存在をなかったものにするということは、強大な権力を持った皇帝にとっては十分に恐ろしいことではなかっただろうか。
私は、中国に対して、この記録抹消刑と同じ処分を地球に生きる人間の一人として行いたいと思う。
もし、私と同じように考える人が増え、北京オリンピックが誰の話題にものぼらないようになったら、それは中国としていちばん恐れる事態になるとはいえないだろうか。

私はここで訴える。

このブログを読んで、気持ちを同じくしてくれる人があれば、北京オリンピックを記録抹消刑に処してやろう。
チベット人に対して行っている弾圧に抗議して。
動物たちに対して行っている非人道的な虐殺に抗議して。
貧しい国民に対して行っている非人道的な政策に抗議して。

私は、北京オリンピックを私の歴史の中から抹殺することを誓う。

ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

スポンサーサイト

関連タグ : 北京オリンピック, 動物虐待, 中国政府, 記録抹殺刑,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。