上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉純一郎が突然、政界を引退することを表明したニュースはマスコミに驚きをもたらしたようで、昨日の「報道ステーション」では、冒頭から繰り返し小泉事務所前から自動車に乗り込んだ小泉を追いかけたカメラが、記者たちの「引退は本当ですか」という質問に無言で頷く様子を映し出していた。
古舘伊知郎は例によってバカの一つ覚えの台詞である「この日本に難問が山積している時期に」というフレーズをこの日も得意気に使って小泉引退の意味について語ろうとしていた。
この日のゲストは時事通信の田崎史郎だったが、古館の陰気くさい質問に「結局、後継者を指名するために引退するという、昔ながらの政治家の手法をとったにすぎず、がっかりした」といった旨の言葉を返していた。

TBSの「ニュース23」でも小泉引退をトップに報道していたが、その扱いは意外にあっさりしたものだった。そして後藤謙次が、「何の総括もなく勝手に辞めていく。これは形が違った投げ出しに他ならない」と切り捨てていた。

ニュースでは自民党議員たちの言葉として「驚きはあるが、小泉氏はすでに終わった人だから」という冷めた見方もあることを報じていたのが印象に残る。

突然の引退表明をしたのには、たしかに驚きはあったが、つまるところ小泉の退場劇が意味するものは以上の事柄で語り尽くされているのではなかろうか。
つまり、小泉純一郎という男は竹中平蔵と組んで構造改革を断行し、その結果として大手企業や金融界には大きな恩を売ったが、その一方で肝心の国民生活を完膚無きまでにたたき壊した。そして今、社会では打撃を被った国民生活の立て直しが急務となっており、小泉政権がもたらした改革の見直しに迫られている。その時期に張本人の小泉が引退したということは、自ら取った政策を何ら総括することなく投げ出したことに他ならない。

さらに、世襲政治家の劣化が指摘されているなかで、やはり自らも自分の息子を後継者と指名して麻生新政権が発足したその日に引退を表明した。国民としてはまたしても世襲政治家がひとり増えることにげんなりするほかない。今後、小泉進次郎がどんな政治家になるかはわからないが、親譲りの新自由主義者であることは間違いなく、親から受け継いだ支持基盤をもとにカイカクを訴えていくことは想像に難くない。
新自由主義者であり、世襲政治家となる小泉進次郎については、これから厳しい目でその言動をチェックしていかなければならないだろう。

国民にとってはさしたる驚きも、影響もない小泉引退だったが、自民党にいる小泉チルドレンたちにとっては青天の霹靂だったろう。
ただでさえ、次の総選挙では総崩れが予想されるうえ、拠り所を失った彼らにはもはや単なる失業者になるしか道は残されていない。看板を失ったチルドレンどもなどに、だれが見向きなどするものか。彼らには新自由主義の冷たく厳しい社会に出て、身を切られるような辛い思いをしてもらいたいものだ。もしかしたら、少しはそこで学習して、まともな感覚を持った人間になれるかもしれない(無理だと思うが)。

財界には大きな味方だった小泉の引退を惜しむ声が強いが、次の選挙で政権が代わり、社民主義政治が行われるようになった暁には、これまで好き勝手に日本の富を貪り、格差社会を築くことに汲々としてきた御手洗以下の不届き者どもに痛烈な一撃を食らわせてやりたい。

念願の総理総裁になり、ますます口がひんまがってしまった麻生太郎の卑しいプライドを粉砕する必要もある。
今度の総選挙では、なんとしても民主党に勝たせて自公を政権の座から蹴落としてやらなければならないと、あらためて思う次第である。

スポンサーサイト

関連タグ : 小泉純一郎, 世襲政治家, 総括, 総選挙,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。