上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日放送されたNHK「クローズアップ現代」ではいわゆる「貧困ビジネス」が取り上げられていた。
貧困ビジネスとは、いわゆるワーキングプアなどに代表される貧困者を相手に金を搾り取る業態のことで、番組ではネットカフェや敷金・礼金不要を売り文句にしている「ゼロゼロ物件」と呼ばれる不動産業、生活困窮者を無料あるいは低額で受け入れ、生活保護を受けさせてその大半をピンハネする宿泊施設などが紹介されていた。

ネットカフェについては、すでに「ネットカフェ難民」という言葉が定着しているが、ほんらいはコーヒーなどを飲みながらインターネットを楽しむための施設として生まれたものだ。しかし低料金で24時間営業する店が増えるにつれて、住居を失った若者を中心とする生活困窮者が住居がわりに利用するようになった。少し前までは「ネットカフェ難民」という呼称に抵抗感を現す業者もあったようだが、今では低料金をうたうだけでなく、そこを利用することで住民票を取ることができると宣伝文句にしている店もあるというのだから、もはや公然とした「難民施設」と見るのが当然だ。

そういえば、大阪で放火事件があった個室ビデオもネットカフェと同じく難民施設と見るべきで、あの事件をエントリに取り上げた時、個室ビデオ店を利用するのは生活に困った人々が大半と書いたところ、「普通に利用している人も相当数いる。こうした施設を現代の木賃宿と同列に考えるのはおかしい。ネットカフェに寝起きするようになったら人生終わりなんて思ってないで、あなたも一度泊まってみてはどうか」というコメントをいただいた。
たしかにネットカフェや個室ビデオをほんらいの目的のために一時的に利用している人もいるだろう。
しかし、番組で紹介されていたネットカフェは、そこを住居代わりにしている人々で常に満杯で、順番待ち状態が続いているということだった。この現状をどうとらえればいいのか。
ゲストで招かれていた湯浅誠は、「こうした施設に暮らさざるを得ない人々がいるということが問題なのだ」と言っていた。

今の貧困が恐ろしいのは、いちど家賃も払えないような貧困生活に陥ると、そこから抜け出すのが非常に難しいところだ。ネットカフェを住居代わりにしている人の多くは非正規雇用者で、常にギリギリの生活を強いられている。貯蓄をする余裕はほとんどなく、アパートを借りて引っ越そうにも、その資金を貯めるには気が遠くなるほど時間がかかる。しかも生活を切り詰めて貯蓄をしても、病気やケガなどをすれば治療費を使わねばならず、仕事を休めば即収入減につながる。さらに、一年を通して仕事に就けるわけではなく、盆や正月、いわゆるニッパチとよばれる2月8月などヒマな時期には雇用調整が行われて必然的に仕事が減る。
とても金を貯める余裕などないのが現状なのだ。
いちど日本型難民に陥ると、それが固定化されてしまい、抜け出すことが難しくなる。ネットカフェに寝泊まりするようになったら人生終わりと考えたとしてもおかしくないのではないか。
少なくとも、こうした生活をしている限り、希望は生まれようがない。

今の日本で、ワーキングプア人口はどれくらいあるのか。
総務相の就業構造基本調査によれば、2002年で約650万世帯と推定され、年収200万以下の労働者は2006年に1000万人と突破したという。2008年の現在、その数は増えこそすれ、減っていることはないだろう。とくに9月以来の世界規模の金融不安と円高で、大企業は雇用調整を行っており、それはすなわち非正規雇用者のクビが切られていることを意味する。

さて、そこで今、麻生太郎内閣が景気対策として掲げている定額給付金について考えてみたい。

総額2兆円規模といわれる生活支援定額給付金は、当初、麻生太郎によれば全国民に対して支給されることになるとされていた。4人家族の場合で6万円ほどが臨時収入として入ってくることになる。
しかし、こんなことをやっても、富裕層にとってははした金であり、景気回復の意味をなさない。また貧困層にとっては、ないよりましなものに違いはないが、たとえ6万円もらったとしても諸物価値上がりの折、あっという間に生活費に消えてしまう。やはり景気回復に結びつくとは考えにくい。
それにそもそも6万円など大して必要としない金持ちと、困窮に喘ぐ貧乏人と、なぜまたここだけ平等にしなければならないのかが分からない。

これについては与党内でも異論が出たらしく、麻生太郎は4日になって「高額所得者は支給対象から除外する」と考えを変えた。
ただし、毎日新聞によれば所得把握には時間がかかることから年度内支給に影響が出る可能性があるほか、支給対象者の上限ラインをどこに設けるかなど難題も浮上しているという。

麻生は、「どの辺でカットするか分からないが、自主申告とか考えないといけない。うまくやるように考える」と言い、与謝野馨も「日本人は正しく申請するとの前提にすれば、制度は非常に簡単になる」などと自主申告案を提案しているという。

あくまでも上から目線でしか考えることができない麻生太郎周辺では、年収2000万程度を上限にするとか、いや1000万程度にすべきではないかとの話が出ているようだが、私から見れば年収1000万も2000万も十分に高額所得者である。少なくとも6万円をもらってありがたやと思うような生活レベルではない。まあ年収1000万程度ならば6万の臨時収入があれば、ちょっと贅沢な、麻生が毎日通っているようなレストランで食事をするかもしれず、それはめぐりめぐって景気回復に多少はつながるのかもしれない。
しかし、いずれにしても、いかにもみみっちい話ではないか。

本当に生活支援をうたって経済対策として金を使うのであれば、2兆円をそのままワーキングプア層に配分すればいいではないか。年収200万以下の労働者が1000万いるとすれば、一人あたり20万円。決して多くはないが、これだけあればネットカフェ難民もアパートを借りる足しにできるかもしれない。劣悪な宿泊所に生活し、悪徳業者から生活保護をピンハネされている人々の何人かはそこから抜け出せるかもしれない。家賃が1日でも滞納するとカギを付け替えられて部屋から締め出されたり、夜中にたたき起こされて催促されるといった劣悪な住環境に住んでいる人も、もっとましな住処に移れるかもしれない。

それでこそ「生活支援」の意味があるのではないか。

もちろん、支給法には手続きを要する。麻生や与謝野のような坊ちゃんには分からないだろうが、自己申告などを採用すればいくらでも誤魔化そうとする人間が出てくることは明白だ。
人間とはずるい生き物だ。欲深い生き物なのだ。それくらいは麻生も与謝野も、自分の胸に手を当てて考えてみればよく分かるだろうに。
バラマキをするならば、真に必要な者にばらまくべきである。
まして選挙対策にこれを利用しようなどという魂胆は、論外である。

スポンサーサイト

関連タグ : 定額給付金, ワーキングプア, 貧困ビジネス,

仕事のせいもあるのだが、ブログの更新が間遠くなってしまった。
この間にもいろいろなことがあったのだが、それはすぐれたブロガーたちがそれぞれに書いていることなので、あえて私が書く必要もないだろう。

ブログを休んでいた間はミクシィの日記を頻繁に書き重ねていた。思いついたことをメモでも書くように記しておけるので、それはそれで便利なものである。
そこでも折に触れてはニュースについて記していたのだが、そんななかで私が関心を持ったのは、たとえば次のような記事である。

-------
[ワシントン 14日 ロイター] 2006年の米国の勤労者世帯の貧困層は28%で、2002年の27%から増加したと、ワーキングプア・ファミリー・プロジェクトが14日発表した調査で明らかにした。

 同調査によると、2002年には9200万人だった貧困家庭が2006年には9600万人に増加。米国では、子どもの3分の1が貧困家庭で生活している。

 また、調査では、2008年の基準を、ハワイ州とアラスカ州を除いた48州で、家族4人が4万2400ドル(約432万円・訂正)以下で生活している家庭を勤労者世帯の貧困層と定義した。

 世帯収入の減少は、富裕労働者に比べて、清掃作業員やレジ係、建設作業員、ベビーシッターなどの職種に多くみられるなど、所得の不平等が調査期間中に拡大したこともわかった。
-------

この報道について、私は、日本ではこのような調査が行われているのだろうか、その場合、年収200万程度が基準になるだろうか、などと書いた。

すると、16日付の神戸新聞が、まさに私の疑問に答えてくれるような記事を載せてくれた。
それは以下のようなものである。

-------
 若者の非正規雇用の増加が社会問題になる中、兵庫県内の労働組合などが七-九月、県内の若者約百人にアンケートしたところ、四割強が、年収二百万円以下のいわゆる「ワーキングプア」という結果が出た。非正規雇用の人に限れば、四分の三が年収二百万円以下と答えた。労組のメンバーらは今後、兵庫労働局へ調査結果を提出する。

 アンケートは、県内の若者らでつくる労組「ひょうご青年ユニオン~波」などで構成する「ひょうご青年実行委」が実施。三宮など神戸、尼崎市の計八カ所で、学生を除く十-三十代の若者百二人に年収などを尋ねた。

 それによると、雇用の形態は六十六人(64・7%)が正規雇用。三十三人(32・4%)が派遣やアルバイトなど非正規雇用だった。三人は求職中。

 年収は全体の四十五人(44・1%)が「二百万円以下」と答えた。雇用形態別の内訳は正規雇用では十八人(27・3%)だったが、非正規雇用は二十五人(75・8%)を占めた。年収二百万円の人のうち十六人は親から独立しており、生活は困窮していると推測される。

 自由回答では、三十代のアルバイト女性は「正社員の補助業務で仕事にやりがいがない。賃金も安く生活がしんどい。将来が不安」と記し、二十代の求職中の男性は「職場でののしられ、家にひきこもりがちになった。一人一人が大切にされる職場や社会にしてほしい」と訴えた。

 同実行委の門屋史明さん(37)は「ひどい労働環境でも、仕事を続けるために声を上げられない人もいた。若者が安定して働けるように法律を変えてほしい」と話している。
-------

ここではまさに年収200万以下がワーキングプアとしてカウントされており、働く若者の4割強がこれに該当。さらに非正規雇用者に限ってみれば、なんと75%がワーキングプアだという結果が出たのだ。
アメリカでは貧困家庭が9600万人にのぼるとされているが、日本でも貧困家庭の数は確実に増えているに違いない。

これらの報道を見て、私はセーフティネットを失った現代社会に問題があると思い、今の自民党政権には弱者を救う方策はないし、元来麻生太郎の頭の中には大企業・大資本に利する経済対策はあっても社会的弱者を救うという考えなどないだろうと思った。
だからこそ、自民党政権を倒し、政権交代の必要があると思う。

ところが、私がミクシィでこのことを書くと、意外なコメントがつけられた。一応、書いた者のHNは伏せておくが、次のようなものだった。

-------
金が無くて僻んでいる人は哀れですね
>富める者に痛みを味わってもらいたいものだ

貧乏で無能な者に投資しても、
ゴミ箱に捨てるようなものです。
-------
大企業・資本家優先の経済対策という認識がそもそも間違っています。
いわいるワーキングプアの方に対する政策を行っても、言い方悪いですが無意味ですから。

ワーキングプアがいやなら社会主義の国にでも行けばいいんです。
生存権を主張する前に義務を果たしてもらわないとww
-------

今、世界的な金融不安を迎えているのは、とりもなおさずアメリカが行ってきた新自由主義的政策が敗北した結果と考えるのが妥当だと言われている。しかし、日本の社会には上のような言葉を平気で書きつける真性の新自由主義者がまだまだいるということである。

私は、テレビに竹中平蔵などが出てイケシャアシャアと喋っているのを見るともちろんむかついてくるのだが、一般の社会に生きる人間から生の声としてこういう言葉を受け取ると妙に凹んでしまう。
貧乏するのは能力がないからで、助かりたければ自分で何とかしろ。
そういう声があることはもちろん知ってはいたが、直接そうした言葉を投げつけられるとけっこう堪える。
こういう考えを持っている人間が、もしかすると街ですれちがっているのかもしれないし、近所にこういう考えの持ち主が暮らしているのかもしれないと思うと慄然としてしまうのだ。

彼らはほんとうに貧乏な者は無能な者だと思っている。
ワーキングプアの対策を取るのは無意味だと考えている。生存権を主張するならば、その前に義務を果たすべきと信じている。

この冷たさはいったい何だろう。
これが同じ人間の考えることか。
新自由主義者というのは、血も涙もない人間のことなのか。

そんなとき、NHKが美輪明宏の番組を放送していた。
私はスピリチャル関係の話は別にして、シャンソン歌手としての美輪明宏は大好きである。
その美輪明宏が、かつて一世を風靡した「ヨイトマケの唄」を歌った。

オトーチャンのためなら、えんやこら。
お母ちゃんのためにも、えんやこらさ。
もひとつおまけに、えーんやこら。

こんな掛け声が、私の子ども時代には流行った。それは男も女も一緒になって働く土木労働者、いわゆる土方の掛け声であり、美輪明宏は彼らの姿を見て「ヨイトマケの唄」を作った。
この歌にはかつて美輪明宏が直面した非常に印象的なエピソードが根底にあり、それは私にも忘れられないものである。

それは美輪明宏が小学生で、父兄参観があったときのことだ。教室にはよそ行きの服で着飾った母親たちが大勢並んでいたが、そのなかに一人だけ、遅れてきた母親がいた。彼女は汚れた野良着のままで、汚い前掛けを外しながら背中をまるめるようにして教室に入ってきた。しかしその姿には少しも卑しさはなく、自分は単に仕事場から直接来たにすぎないということを無言のうちに語っていた。

休み時間になって、野良着を着た母親は自分の息子のところに行き、ヨレヨレになっている服をしゃんと伸ばしてやる。顔を見ると、息子は鼻から青白い鼻汁を2本垂らしている。すると母親は、唇をその鼻につけてチュルチュルッと鼻汁を吸い取り、窓からペッと外に吐き捨てた。

それを見ていた美輪は、なんて汚いことをするのだろうと思った。
しかし次の瞬間、その母親からは他の着飾った母親たちには逆立ちしてもできないことをしてのける大きな母性、母親としての深い愛情が教室一杯に満ちるのを感じた。

「子供の頃に 小学校で
 ヨイトマケの子供 きたない子供と
 いじめぬかれて はやされて
 くやし涙に くれながら
 泣いて帰った 道すがら
 母ちゃんの働く とこを見た
 母ちゃんの働く とこを見た」

ヨイトマケの唄」の歌詞には、そのときの記憶が刻み込まれている。

ヨイトマケという言葉は今では死語になってしまったが、ヨイトマケの子供、きたない子供とはやし立て、苛める子供なら今でも腐るほどいるだろう。
子供だけではない。
額に汗して働いても生活が苦しい者を見て、それは自分に能力がないせいだとか、貧乏人を救っても無駄だと本気で考えている大人がこの社会には生きているのだ。

ヨイトマケの唄」が流行った頃から日本は経済成長を遂げて確実に豊かになったかもしれない。
しかし、人の心はいまだに貧乏は悪であり、不幸なことであるという価値観からは抜け出せずにいる。
今、自民党政府は小手先だけの経済対策で金融不安を乗り切ろうとしているが、たとえそれが功を奏して日本経済が立ち直ったとしても国民は幸福にはなれないだろう。
なぜなら、麻生太郎にも自民党にも、弱者を救済し、貧しい者でも幸せを感じて生きる社会を作ろうという気持ちも方策もないからだ。

私が書いた日記にコメントをつけてきた新自由主義者は、自分のことだけを考え、金を十分に持っていることを幸せとして生きているが、人間の価値観はそれだけではない。
そのことを彼らに知らしめるには、どうすればいいのか。

私は単に政権交替が行われるだけでなく、日本においても市民革命のようなものが必要なのではないかと思いはじめている。


関連タグ : ワーキングプア, 年収200万, ヨイトマケの唄, 新自由主義者,

今朝の朝日新聞には、「硫化水素自殺やめて」という記事が載っていた。同紙の調べによると、硫化水素による自殺と見られる死者数は4月に入ってから29日夕方までに少なくとも59人にのぼっているという。全体の8割が男性で、20~30代が目立つのが特徴だ。

なんとも困った事態だ。
硫化水素という毒ガスを使って周囲を巻き込む可能性がある死に方が流行したのも困ったことだが、簡単に自殺できる方法があるとなると、こうまで簡単に自殺をする人が増えるということがいちばんの問題だと思う。

硫化水素で死のうとする人は、「毒ガス危険」といった貼り紙をして、最後のダイング・メッセージを残している場合が多い。それは周囲を巻き込みたくないという最後の思いやりなのか、それとも自分の存在に気づいてほしいという願望の現れなのか。

同紙には、夜回り先生こと水谷修氏のコメントが出ている。
「命は君のものですか? 生きたくても病気で死んでいく子どもがいる。戦争で命を奪われた人たちがいる。そんな多くの人から受け継いだ命の糸を絶やさないでほしい」「硫化水素自殺は多くの周りの人にも迷惑どころか命の危険すら与えている。考えてください。明日は必ず来る」

ごもっともな意見で、私などには反論のしようもないところだ。
しかし、同じ朝日新聞の一面では、雇用に恵まれなくて全財産が100円しかないという男性が紹介されている。彼は都内の有名私立大学を卒業したが浪人と留年を重ねているうちに30歳になった。このとき、世間は就職氷河期まっただ中。男性は派遣労働者として働き続けたが、面接をいくら受けても正社員にはなれない。そのうち、面接すると「どうして職をそんなに転々としているのか」と聞かれるようになった。結局、派遣労働者で食いつなぐしかない者が、まじめに働いて正社員になろうとしても、派遣労働者の経験そのものが足かせになって正社員にはなれないのだ。
派遣労働者として働いても賃金は安く保障は低い。給料をもらってもさまざまな名目の天引きがおこなわれて手元に残るのはわずかばかりだ。
こうした悪循環がかさなって、ついには所持金が100円にまでなってしまったというわけだ。

典型的なワーキングプアである。
今、こうしたワーキングプアが、男女を問わず全国に増えている。
真面目に働いても働いても、余裕ができない。暮らしていけない。希望が持てない。

そう、今の日本社会では、べつに悪いことをしているわけでもなく、真面目に生きて行こうとしている人が希望を失い、生きて行くことが困難になっているのだ。

夜回り先生は自殺者を諫めて言う。
「もう一度考えてください。明日は必ずくるのだから」
しかし、ワーキングプアにとっては、その明日もまた絶望に満ちているのだ。生きていることに喜びを見出すことができないのだ。

この状況を見て、どうして一方的に自殺者を責めることができるだろう。
「生きてさえいれば、必ずいいことがある」
それは慰めにはなるかもしれないが、困窮者にとっては、そのいいことは今、この瞬間にも起こらなければ立ちゆかないのだ。

この現実をどうすれば解決できるのか。
それは政治に頼むしかない。

しかし今、腐りきった自民党と公明党は、暫定税率がなければ死んでしまうようなことを言って税率回復の決議をしようとしている。
決議をして道路が造れるようになって、いったいどれだけの人間が救えるようになるのか。
自民も公明も、本当に救わなければならない人々がいるというのに、そちらには目を向けようともしない。彼らは明き盲同然だ。

今日、衆議院で暫定税率の回復が、相変わらずの数の論理で可決され、明日からガソリンがリッター160円になろうとしている。
私は、そろそろ日本国民も黙ってはいられなくなってきていると思うのだが、いかがなものだろうか。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 硫化水素自殺, ワーキングプア, 暫定税率,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。