上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから仕事がやりづらくなるな。
私も取材して原稿を書くのを仕事にしている人間の一人である。
昨日、奈良地裁で判決が出た医師による調書漏洩事件で、刑法の秘密漏示罪に問われた精神科医が有罪となり、医師が取材に協力して調書を提供したのは「プライバシーに対する配慮を欠いた軽率な行為」とされたのである。
もの書き業は、これからやりづらくなるなと思わないわけにはいかなかった。

この事件では、草薙厚子というライターが奈良で起きた母子3人放火殺人事件を取り上げ、ノンフィクション『僕はパパを殺すことに決めた』(講談社)を書くために、事件を起こした少年の精神鑑定をした医師に取材し、その過程で資料として供述調書や鑑定書を閲覧した。
問題は、この草薙というライターが、非公開であるはずのこれらの貴重な資料をそのまま原稿に引用し、本にしてしまったことに起因する。
起訴された医師がこれらの重要書類を見せたことの裏には、少なくともライターとの間に信頼関係が成り立っていたはずである。つまり、本来は一般に公開され得ない文書を見せるからには、それを使って原稿を書く場合、出典を隠し、文章を変えて書くのがライターとして信頼に応える唯一といっても言い方法なのだ。
しかし草薙厚子は調書をそのまま文中に引用して原稿を完成させ、本にしてしまった。
本来ならば、原稿を書いた事典で取材者協力者にも読んでもらい、OKが出た事典ではじめて出版するというのが道理である。

たしかに、いくら信頼関係があったからといって、マスコミ関係者に精神鑑定書や供述調書を見せていいものか、訴えられた医師の行動には疑問が残る。
しかし私には、いちばん責められるべきは取材協力者に対して誠意のない仕事をしてしまったライターの草薙厚子にあるように思えてならない。そしてさらにいえば、内容チェックをしたはずの編集者と売らんかなの魂胆丸出しのタイトルをつけて本を出した講談社にも問題があったと思う。
ノンフィクションというのは取材が命である。
取材のなかには人には語りたくないことを語ってもらわなければならない場合もある。そういう相手に対して、取材者は誠意を尽くして説得し、なんとか貴重な証言を手に入れる。そこにあるのは最後には全責任を自分が取るという取材者側の覚悟と誠意でなければならない。
それがなければ、だれが他人に話などしてやるものか。
『僕はパパを殺すことに決めた』を書いた草薙厚子に、その誠意と覚悟はあったか。
講談社にはそれがあったのか。

今回出た判決に対し、講談社側は控訴したようだが、彼らが行った行為はジャーナリズムに関わる人々すべての首を絞める結果をもたらしたと言えるだろう。

昨日はもうひとつ、大きな報道があった。
朝日新聞阪神支局襲撃事件など、一連の朝日新聞社を狙った「赤報隊」の犯行をめぐり、実行犯を名乗る男の手記を4回に渡って掲載した『週刊新潮』(新潮社)が、誤報を認めて謝罪したのである。この記事については掲載当初からウソであるという声が上がっていたが、新潮社は掲載を続けた。しかしここにきて、当の手記を書いた男性がウソを認め、新潮社側もこれを認めないわけにはいかなくなった形だ。
世間を震撼させた事件の犯人による手記という特ダネで、『週刊新潮』の売り上げがどれだけ伸びたかは知らない。
しかし、その特ダネ記事を作る上でもっとも重視されなければならないはずの事実確認(裏を取る、と言われる)が、信じられないことに行われていなかった。『週刊新潮』の早川清編集長は、産経新聞のインタビューに答えて「真実であると証明できないが、否定もできなかったから手記を掲載した」と述べている。
ここでもまた取材記事の命と言ってもいい事実の信憑性の確認が疎かにされ、販売優先で本が作られてしまった。
この件でテレビの取材を受けた佐野眞一は「裏を取らないとは信じられない。これはジャーナリズムの自殺行為だ」と断じた。

講談社、新潮社という日本を代表する大出版社が相次いで起こした今回の出来事は、日本のマスコミジャーナリズムが確実に劣化していることを示しているように思う。

つい最近では日本テレビの「真相報道バンキシャ!」がでっちあげの証言を採用して岐阜県の裏金問題を報じて問題になった。ここでも、取材対象者の確認と事実関係の裏づけが抜け落ち、視聴率優先で放送してしまったことが批判されている。
テレビの場合はこの手の安易な番組作りがたびたび問題になっているが、いっこうになくならないのはなぜなのか。

こうした慎重さと誠意を欠く仕事を続けていく限り、日本のマスコミジャーナリズムはどんどん自分で自分の首を絞めていくことになる。
そしてそのしわ寄せが、末端で仕事をしている私のようなしがないもの書きにも押し寄せ、ジワジワと首を締め付け、生活の糧を奪っていくのである。

いまや劣化が著しいとしかいいようがない日本のマスコミだが、私はそれでもかろうじて自ら属する世界を「マスゴミ」などと汚らしい言葉では呼ばないようにしている。
しかし、このような問題が今後も重なっていくならば、私のささやかな自負心も持ちこたえようがなくなってしまうと言わざるを得ない。

スポンサーサイト

関連タグ : ジャーナリズム, マスコミ, 草薙厚子,

それにしても週末からここ数日間のテレビの報道はひどかった。
これについては「『猫の教室』平和のために小さな声を集めよう」の、今日のエントリでも詳しく書かれているが、まるで大怪獣が出現し、日本を襲ってくるかのような騒ぎ方だった。
「猫の教室」の眠り猫さんは、この一連の騒ぎを「テポドン祭り」と揶揄しているが、まさにPAC3が配備された秋田と岩手の現場からの中継やそれらの町役場の対応ぶりを報じるニュース番組は、「24時間テレビ」のマラソン中継でもやっているかのような騒ぎ方だった。

いちばんワルノリしていたのは、嘆かわしいことにNHKで、昨日などは7時のニュースだけでは足りずにその後に続く「クローズアップ現代」でも北朝鮮による脅威をテーマに取り上げていた。そして同番組には、近頃すっかり元気を取り戻したらしい安倍晋三がしたり顔で登場し、インタビューを受けるというおまけまでついていた。
安倍晋三などは、たとえ今回の「テポドン祭り」がなくても北に対する強硬姿勢を訴えるに決まってるじゃないか。安倍には改憲と対北強硬論しか芸がないのだから。つまりNHKははじめから結論ありきの北朝鮮脅威論を垂れ流していたのだ。

これは異常としかいえないのではないか。

テポドンは日本にとって脅威ではない。
脅威があるとすれば、切り離されたロケットブースターが日本国内や日本海域にいる船舶の上に落下してくることだが、これは今回政府・防衛省がとった措置では防ぐことができない。いくらレーダーで追ったところで、軌道を予測できない物体を「迎撃」することなどできないからだ。
テレビには「専門家」たちが登場してもっともらしいことを言っていたが、日本にとって脅威なのはテポドンではなくノドンの方であり、今回の打ち上げはほとんど心配する必要はないと言った者はどれくらいいただろうか。

ほんらい、マスコミは非常時には国民に対して落ち着くようにと呼びかけるのが役目である。阪神淡路大震災のような災害が起きたとき、いたずらに恐怖をあおるような報道をしたらどうなるか。しかし、今回のテポドン騒ぎではまさにマスコミは国民の恐怖心や北朝鮮に対する警戒感・敵愾心を煽ることに懸命になっていたとしか言いようがない。

NHKまでが熱心に国民の恐怖心を煽るように努めていたのは、極右政治家として軍備拡大・拡張の野心をもつ麻生太郎をはじめとする自民党政権の意志が反映されていたように思う。
麻生太郎はG20に出席し、その成果を国民に分かりやすく説明する役目があったはずなのに、まともにそれをせず、国民にとって喫緊の課題であるはずの景気や社会保障の問題から注意をそらすように北の脅威を強調し、国連決議を声高に叫んでいる。
国民にとって最も重要な問題は最も難しい問題でもある。しかし無能な麻生太郎には景気や国民の生活をどうするかということよりも、ほとんど実体のないテポドンの脅威を訴えて恐怖を煽り、改憲・再軍備を訴えていく方が手っ取り早く国民の気持ちをつかむ手段だとばかり、声高に北朝鮮を非難することに懸命だ。さらに、これをいい機会とばかりに、自民党の改憲・タカ派議員どもは敵基地攻撃を議論すべき時がきたと騒ぎ出している。
もし日本が戦争抑止のためとして、敵基地に先制攻撃するようなことがあれば、どうなるか。山本一太らバカ議員には分かっているのだろうか。

国民にとっては目下のところ、北朝鮮もテポドンもどうでもいいのだ。
世界恐慌とも言われる不況にどっぷり両足を突っ込んだ状態から、どうやって抜け出すかこそが重要な問題である。私は陰謀論は嫌いだが、この問題から目をそらせようとする報道はすべて政府与党の意図が働いていると思いたくなる。

政府は景気対策として10兆円の補正予算を決議したものの、はたして10兆円程度の財政出動で効果を上げることができるのか。
麻生太郎はいまだに財務、金融、経済財政政策という国の経済にとって最も重要なポストを与謝野馨ひとりに預けっぱなしにしているが、こんな状態がいつまでも続いていていいのか。私のような素人が見ていても危なっかしくて見ていられない気持ちである。
私にとっては北朝鮮などより、麻生太郎の無能な政治が続くことの方がずっと脅威だ。
このままでは日本はどうなってしまうのか。
11年続けて3万人以上の自殺者が出ている状況を変えるにはどうしたらいいのか。

日本の政治家には敵基地攻撃が戦争抑止になるなどという戯言を考えるよりも、もっと重要な問題が山積しているのだ。そのことを忘れないでもらいたい。
これは民主党をはじめとする野党にもいえることで、NHKなどの報道に引きずられる形で北朝鮮問題に気を取られ、内政を疎かにしているような印象が続けば政権交代は限りなく遠のくに違いない。彼らにはそのことが分かっているのか。

つくづく異常さは北朝鮮ではなくこの国の内側にあると思う。

関連タグ : テポドン, NHK, マスコミ,

昨年秋以降、大きな社会問題になっている派遣切りは、景気がますます悪化していく中で一向に減る兆しがない。
昨日は大量の内定取り消しで問題となった日本綜合地所が会社更生法の適用を申請し、とうとう正社員たちの生活まで危機にさらされることになってしまった。

企業はどこも赤字、業績の下方修正ばかりで、景気がいいのは東京ディズニーランドを抱えるオリエンタルランドとゲーム業界をリードする任天堂くらいになってしまった。
職を失い、住む家さえ無くしている人が大量に出ている一方で、巨大遊園地とゲームという、生活にとっては重要度がグッと下がる業種が大儲けを出しているというのは皮肉なことである。

企業の儲けと言えば、派遣切りが問題になり始めた頃、トヨタやキヤノンなど、昨年前半までは空前の黒字を出していた企業が大量に抱えている内部留保が取り上げられ、話題になった。
今も変わらず非正規の首切りは続いているというのに、内部留保を雇用確保に利用してはどうかという話はその後、とんと聞かれなくなってしまったのはなぜなのだろう。

今日の毎日新聞朝刊には、「企業の内部留保 雇用確保に使えないの?」という質問に答えるコラムが載っている。
この記事では「なるほドリ」という質問者が読者に替わって専門畑の記者に質問をするという形をとっている。
そこでまず、内部留保とは、という説明から入り、要するにそれは企業活動により企業が内部に貯め込んだ金だということで、トヨタ自動車は昨年9月末で約12兆6000億円、ホンダは同12月末で4兆700億円、キヤノンも同時期で2兆6000億円という巨額の内部留保があることを明らかにしている。

そんな数字を聞かされれば、当然ながら質問は「そんなに金があるのなら派遣切りなどせず、雇用維持に利用できないのか」ということになる。
しかし、毎日の経済記者は次のように答えるのだ。

「ただ、内部留保は現金ではなく、多くが工場の土地や建物、機械設備などに再投資されているので、使うにはこれらを売却して現金化しなければなりません。日本経団連は『結果的に工場閉鎖につながり、雇用をさらに悪化させる』と説明しています。また、内部留保の一部である利益剰余金は株主の資本なので取り崩すには株主公開の決議も原則必要になり、現実的には内部留保をすぐに活用するのは難しい面もあります」

しかし、毎日の記者には悪いが、この答えでは派遣切りされた人々は到底納得できないのではないか。
経団連の、内部留保を雇用に使えば工場閉鎖につながるなどというのはたわごともいいところで、これまでさんざんアウトソーシングと称して自社の設備拡大は抑えて下請けに任せてきた。トヨタのカンバン方式などはその最たるものだっただろう。
要するに内部留保を現金化して雇用に回すことができないという企業の本心は、内部留保はさらなる儲けを生むために資金運用に使うためにあるもので、そうやって設けた金は経営者と株主で山分けすることになっているから雇用になど回す分はないということなのだ。

これまで景気がいいときには散々人をこき使い、過労死するほど働かせて利益を最大限搾り取ってきた資本は、景気が悪くなればなったでそれまで貯め込んだ金を使い回して自分たちの取り分だけは確保しようとしている。

それだけのことではないか。

トヨタやキヤノンは、はたして景気がよかったときには利益を従業員とともに分け合ってきたのか?
利益の再配分も満足にしてこなかったのに、景気が悪いとなれば都合のいいことを言って金に固執する企業を毎日新聞をはじめとするマスコミはなぜもっと叩かないのか。
もちろんそれは、大マスコミもトヨタやキヤノンと同じ体質を持っているからであり、派遣切りされるような人間に期待を持たせるような記事を書くわけにはいかないのだろう。

経済危機が深刻になるほどに、さすがのマスコミもこれまでの市場原理主義を批判する側にまわりはじめているが、いわゆる「勝ち組」として新自由主義を謳歌してきた者たちが書く批判はどこか腰が引けていて痛々しささえ感じさせる。

内部留保はどうして雇用確保に回せないのかなどと、物わかりのいい顔を見せながら結局それは難しいなどと経団連の肩を持つような記事を書くのでなく、毎日もふくめマスコミはどれも、まず己がこれまで持ち上げてきた市場原理主義的姿勢を反省し、自己批判する記事を載せるべきだろう。そうしないことにはいつまでたっても煮え切らない、及び腰の記事を書くか、恥知らずなダブルスタンダードを続けることになる。
もはやその痛々しさは読者の広く知るところとなっているのだから、マスコミは一刻も早く自己批判し、その上で派遣切りされた人々のための記事を書くべきである。

そうでなければ説得力のある記事など、書けるわけがないのだ。

関連タグ : 内部留保, 経団連, マスコミ,

昨日のニュースは、どのチャンネルを回しても14歳の少年によるバスジャック事件をトップに持ってきていた。

しかし社会全体から見れば、14歳が起こした狼藉ははなはだ不届きではあるものの、行き着く先は親や学校は何をしていたかということに落ち着くだけの話で、全国に流すニュースがトップで重々しく取り上げるほどのものではなかったと思う。

それよりも大きな問題は、燃料価格高騰で漁船が出漁を取り止めたことにより、市場に魚介が出回らなくなったという話題だろう。築地の場内ではマグロが姿を消し、近海物のイワシやアジ、イカが入荷されず、競りそのものが5分で終わってしまったという。
この状況は昨日一日で終わるというものでなく、原油の価格がこのまま高騰を続ければ、やがてわれわれの食卓からはイワシやアジといった庶民の味覚とされた魚が姿を消すことになる。たとえ食べられるとしても、今からは想像もつかないような高級魚として売り買いされるようになるだろうから、結局、カネに余裕のない家庭ではマグロや牛肉がごちそうとして手が届かない食材であるのと同様に、イワシやアジやイカが食べたくても食べられない高級品になってしまうのだ。

魚に加えて8月には卵が値上がりするといわれているし、9月には乳製品がまたしても値上げをする予定であるという。
今の日本人の平均収入がいくらなのかといえば、06年の国税庁によるデータでサラリーマンが435万円となっているが、その数字は年を追うごとに減少している。
つまり、生活に欠かせない食品がどれもどんどん値上がりしているというのに、収入の方は年々目減りしているということで、これは繰り返すことになるが、今の日本でスタグフレーションが進行しているということに他ならない。
平均収入

国民の生活に結びつく、これほど重大な事態が生じているというのに、どのニュースも一片の緊張感も伝えることなく、ただ燃料高騰で漁民が困っているという現象の一面を伝えるだけで終わらせている。
ニュースがかくものんびりしていられるのは、一にも二にもテレビ局に勤める社員の本音はイワシやアジやイカの値段がどうなろうとかまわないほど収入に恵まれているからであり、古舘伊知郎をはじめとするニュースキャスターがいくら眉を寄せて「これは私たちの問題であります」などと言っても年に1億以上もの契約料を受け取っている人間であれば、「さあ次のニュースです」とさらりと流して平気なのだ。そんな画面を、ほんとうに苦しい思いをしている国民は黙って眺めているしかない。
結局テレビ局も、高額の契約でカメラの前に立っているキャスターどもも、心から国民を愚弄しているとしか思えない。
本心から国民生活が第一と考えるのであれば、14歳のバカな犯行など無視をしてでも物価や国民の食の問題を取り上げるべきなのである。

福田康夫が夏休みを取ることになったと報じ、さては内閣改造を考えているのかと素人でも判断できるような報道をする前に、国民の窮状が長く続いているというのに「これまで休みなしにやってきたから休みを取ることにした」とは何事かと、サミットでも成果を上げられなかった無能さとセットで怒りをぶつけてやるべきなのである。

自公政権が国民のことなど何も考えていないことは、何も今さら言うまでもないことだが、テレビ・新聞報道の無策ぶりもまた、国民生活のことなど何も考えていないことを示している。

これから8月、9月と時が経つにつれ、国民の生活は間違いなく苦しくなっていく。もう街頭インタビューで「困ったわねえ」と薄ら笑いをしている余裕もなくなるだろう。
福田康夫がどこまで本気で内閣改造を考えているのかは知るよしもないが、国民生活をかくも苦境に追い込んだ責任を福田をはじめ自民・公明の政治家たちが取るとも取れるとも思えない。
国民としてはこんなときにこそ、野党にいちばんしっかりしてほしいときなのだが、もっとも大きな責任のある民主党は何をやっているのか。

ここ数日の蒸し暑さも手伝って、私のイライラは高じるばかりである。

関連タグ : 国民生活, スタグフレーション, マスコミ, 自民党, 民主党,

ブログでよく見られる「マスゴミ」という言い方が、私は好きになれない。
それは自分自身がマスコミの世界の片隅に身を置いているせいかもしれないが、むしろ大手マスコミと呼ばれる新聞・テレビとはほとんど無縁で、中小出版社とのつき合いが多い環境にあるからかえっていわゆる「マスコミ」のことは客観的に見ているのではないかとも思う。

日本のマスコミが日々流す情報は、偏りがちで限られた情報ソースから得たものばかりだから、どのメディアも右へ倣えをしたように同じである。そのいい例が記者クラブの存在で、彼らはお上が発表する情報をそのまま記事にまとめて流すだけだから、どの記事を見ても同じになるのは当たり前である。しかも、お上が出してくる情報は自分たちに都合がいいものである場合が多いから、それを無批判に流すだけでは結局のところ、お上に都合がいい情報しか世の中には流れないことになる。
これではたしかにマスコミが持つ価値は低いと言わざるを得ない。

けれども、だからといって彼らが日々提供する情報をゴミクズ同然と考え、十把一絡げにして「マスゴミ」と卑しめて呼ぶのには抵抗がある。
今やネットをふくめれば、われわれは膨大な情報を得ることができる。そのなかには「マスコミ」が決して流さないような貴重な情報がふくまれていることが多いのは事実だ。そうした情報と「マスコミ」が流す金太郎飴のような情報とを比べれば、どちらが重要なものであるかは自ずと分かるだろう。
だが、情報を受け取る側が気をつけなければならないのは、「マスコミ」が流す情報はすべてクズで、ネットその他自分が信じる情報源こそ真実を伝えていると思い込んでしまうことだ。

たしかに「マスコミ」が流す情報には安易なものが多いし、気をつけていなければ情報操作にはまる恐れがあるものも見受けられる。それでも、注意深く見ていれば、「マスコミ」が流す情報の中にもきちんと取材を重ね、真実を伝えたいという記者の熱意が伝わってくる情報がないわけではない。
反対に、ネットを見ていると、実にさまざまな情報を得ることができるが、それらはいまさらいうまでもなく玉石混淆で、よほど気をつけていなければとんでもないガセネタを信じ込まされることになる。

もっともいい例が、いわゆる陰謀論だ。あえてここでは具体例をあげないことにするが、一見知的で客観的に見えていても、実は信じられないほどねじ曲がった考えから作られたものがあり、事実を歪曲し、それらの情報を受け取る人々の考えを誤った方向に導こうとする。冷静な目を持って、客観的に判断する能力、あるていど洗練されたリテラシーをもっていれば、それらがSF小説レベルにも届かない低俗小説なみの絵空事だということが分かるはずなのに、好奇心のレベルやある種個人に特有のレベルが一致して、信じたいと思ってしまうと絵空事が絵空事でなくなってしまう。
そして困ったことに、絵空事を信じ込んでしまうと、それに合わない事実はすべて陰謀だということになる。

今、われわれがもっとも注意しなければならないのは、どれが事実であり真実を伝えようとしているものか、情報を見分けることである。私自身、ネットで自分の?趣味に合った?情報を見つけると興奮してしまい、これはブログに書かなければと思ってしまうこともある。しかし、それでは無責任な記事しか書けないのであり、その陥穽に陥らないためには、できるだけいろいろな見地から書かれたものを読み、咀嚼していくしかないのだ。
その対し方はなにもネットだけにいえることではない。
結局のところ、「マスコミ」の情報を受け取るということは、自らの判断力と知性を鍛えておかないかぎり、いつまでたっても「マスゴミ」と呼び捨てて満足しているレベルを脱することができないのだと思う。

それにしても、つくづく思うのは今から2000年以上前の人であるカエサルが言った言葉だ。
「人は自分が見たいと思うものしか見たがらない」
この言葉が持つ重要性を、あらためて私は噛みしめているところだ。

■付記
以上の観点から、いちどはリンクを外した大先生の「世に倦む日々」だが、やはり私にとっては得るところが少なくない。そこで恥ずかしながら、ふたたびリンクをさせてもらうことにした。

関連タグ : マスコミ, 陰謀論, 客観, 冷静,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。