上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉毅による元厚生次官連続襲撃事件では、犯行の動機が34年前に殺処分された愛犬の仇討ちだったことが供述から明らかになっている。小泉は、図書館で10人の高級官僚の名前と住所を調べて5人に絞り込み、その妻ともども10人を襲う計画だったという。

しかし、この報道を目にして、犬を飼ったことのある人間、そして犬を喪って辛い思いをした経験のある人間ならば、誰もが違和感を抱くに違いない。
というのも、愛犬を喪ったときの痛みは多くの場合、他人よりも自分自身を責めることにともなって生まれるからだ。
小泉の場合は、まだ12歳の頃のことで父親をふくめた大人たちが勝手に犬を処分してしまったという理不尽さに怒りを募らせたという事情はある。しかし、だからといって34年間も恨みを忘れず、処分には直接関わっていない官僚を殺すことで気持ちを晴らそうとしたところに異常性がある。

たしかに、愛犬(愛猫)が死んだ時、それが獣医の不手際によるものだった場合は、その獣医に対する怒りが生じる。
見知らぬ自動車にはねられてペットを喪った場合にも、ひき逃げした自動車の運転者を憎む気持ちが湧いてくるだろう。
だからといって、普通の飼い主は怒りをため込み、仇を討とうとはあまり考えないものだ。愛する動物を亡くした悲しみがまずなによりも大きくて、それに耐えることが精一杯になる。たとえ藪医者の手にかかって殺されたに等しい場合でも、そんな獣医のところに連れて行ってしまった飼い主としての自分を責める。
ペットが自動車にはねられたのならば、外に出してやった自分を責める。自分さえしっかりとこの犬(猫)のことを見てやっていれば、みすみす死なせることはなかったのではないかと思ってしまうのだ。

私の場合がそうだった。
私は小学校4年生のときに、それまで3年飼っていた猫を自宅の前でひき逃げされた。キヨコという、水前寺清子から名前を取ったオス猫だったが、私にいちばんなついていて、夜寝る時にはかならず私の布団に入ってきて一緒に寝る仲だった。
そんなキヨコが遊びに出て行ったまま夜になっても帰ってこない。オス猫はメスを求めて夜歩き回るなどと親から聞かされていたものの、玄関先でなにやら異常な自動車の音がしたと思って出てみると、道路端にキヨコが横たわっていたのだった。腹をひかれたらしく、アスファルトには夜目にも夥しい血糊が広がっていた。

キヨコは庭先に穴を掘って葬ったが、彼がひかれた玄関先の道にはずいぶん長いこと血糊の跡が消えずに残っていたのを今でも覚えている。
あのとき、私はキヨコをひき殺した自動車の運転手をたしかに恨んだ。しかし、その憎しみよりも、毎日一緒の布団に寝ていたキヨコがいなくなってしまった悲しみの方が大きく、それに堪えるので精一杯だった。

9年前にパグ犬のココを亡くしたときも、後から思えばもっと腕のいい獣医に診せていれば助かったかもしれないと思ったが、パグ犬が暑さに弱いのにもかかわらず、夏のさなかに無理をさせて熱中症を起こさせてしまった自分がいちばん悪いと思った。医者は私を非常識だとかえって責めたが、そんな言葉も上の空だった。
当時、すでにうつ病の傾向があった私は、まだココが元気だった頃、辛さにたまらず「一緒に死のうか」などと話しかけたことがあった。

ココが先に逝ってしまった悲しみは大きく、私は数日呆然と過ごし、自動車で1時間ほどかかる寺まで行って、ココが眠っている墓に手を合わせ、すまないことをしたと詫びた。
それからしばらくたって、私の夢にココが現れた。そして自分が死んだのは、お前に命を大切にしろと言いたかったのだ、簡単に「死のう」などと考えてはいけないと伝えてきた。
私は夢の中で声を上げて泣き、目が覚めてまた泣いた。

その悲しみのなかで、おそらくは藪医者だったろう獣医に対する怒りは消えていった。もちろん、満足に治療もできなかったうえ、私を責めた獣医への怒りはあったが、愛犬に対する思いの前に、そんなものは些細なことだった。

愛犬を無責任に棄てる人間がいる。
「患者」として運び込まれた犬や猫に対して、ひどい治療をする獣医がいる。
少し前には手術をして死亡した犬の内臓から、あり得ないビニール袋が出てきたことで訴えられた獣医がいた。この獣医は他にもひどい治療をして多くの犬猫を殺したとして100件以上の訴訟を起こされているという。
飼い主たちは皆、怒っていると同時に悲しんでいるだろう。獣医を許せないと思っているだろうが、恨みに思って仇を取ってやろうとは思っていないのではないか。愛する動物を喪った悲しみも怒りも、外ではなく内に向いていくからだ。

それだけに、34年にもわたって恨みを忘れず、見当違いな仇討ちを実行してしまった小泉毅の異常性は際立っている。
小泉は、ほんとうに犬を愛していたのだろうか。
どうも私には、そうとは思えない。
小泉は、社会の中で上手くやっていけない鬱屈した気持ちを転嫁させただけなのではないか。
あるいは誰かにその鬱屈した気持ちを利用されたのではないか。

実際、専門家たちも小泉のとった行動には疑問を投げかけている。
朝日新聞の記事では、精神科医の帝京科学大学准教授・横山章光氏のコメントとして「ペットをきちんと飼っていれば前向きな感情が強まるはず。小泉容疑者が犬を可愛がっていたというのは本当の意味でなのか、と考えてしまう」と紹介している。横山さんはさらに「家族を巻き込む意志があったところが異質」と指摘し、「思いこみによる恨みだけではなく、その先にもう一つのねじれがあるのではないか。病理を感じる」とも語っている。

日本ペットロス協会の吉田千史代表も、同じような疑問を明らかにしている。「子供のころの復讐というのは、表面的な理由にしか見えない。こんな事件は許されるものではなく、ペットを失ったことのある人も心を痛めていると思う」

ペットロスとは自分を苛むものではあっても、決して他人を攻撃するような感情を生み出すものではない。
殺処分数

ただし、この国で無責任な飼い主により毎年50万匹もの犬・猫が殺処分になっている現実や、不要になった動物をモノ同然に処分しているペット業界の闇の部分には、私も強い憤りを感じている。
そのことだけははっきりさせておきたい。

スポンサーサイト

関連タグ : 小泉毅, 殺処分, ペットロス,

私は9年前、一匹のパグ犬を喪い、ペットロスに落ち込んだ。
7歳2ヶ月。
決して若くはないが、まだまだ一緒に暮らせると思っていたし、可愛くて可愛くて、この子の子どもが欲しいと思い、お嫁さんをもらい受けたほどだった。
ココ

都内に住む、やはりパグ愛好家のご夫婦とネットを介して知り合い、その年の7月に生後2ヶ月半の牝パグを家に迎えた。
ところが、嫁さんパグが来る前日に、わが家のパグが熱中症で倒れた。

パグは暑さに弱い犬種だとは聞いていたが、まさか自分の飼い犬が熱中症になるとは思いもしなかった。というより、イヌの熱中症がどんなものかもわからなかった。
その日、散歩から帰ってきたワンコ(ココという名前)の呼吸がいつまでたっても激しく治まる気配がないのを不審に思ったカミサンが
「ココちゃん、おかしいんじゃない?」
そう言ったのがきっかけだった。
たしかに様子がおかしい。いつまでたってもゼーゼーいってぐったりしている。
これは普通じゃない。
私はあわてて、時間を確かめた。その当時かかりつけにしていた獣医はまだ連絡がつくと思った。そして電話すると、
「まず体温を測って。もし40度以上あるのだったら熱中症だから、たらいに氷水を張って体をつけてやって」
そう言われた。
体温を測ると、ココの熱は40度以上もあることがわかった。
言われるままに、子どもに使ったベビーバスを引っ張り出して水を張り、冷凍庫にあったありったけの氷を入れてココの体を浸けた。
ココはぐったりしたままだった。
私は再び獣医に電話して、様子を伝えた。
「10分おきに体温を測って。それで熱が下がらなければ私が行くから」
私は、言われた通りにした。ココの肛門に体温計を差し込み、10分ごとに熱を測った。
幸い、そのときは熱が下がり、ようやくココも元氣を取り戻した。

翌日、お待ちかねのお嫁さんが来て、ココはどんな態度を取るだろうと思っていたら、子犬の姿を見るなり猛然と吠えだしてしまい、子犬の方が怯えてしまった。

それでも、気のいいココのことだ。そのうち慣れてくれるだろう。
そう思っていたが、ココは容易に嫁イヌを受け入れようとしなかった。

そして9月。
ココが再び倒れた。こんどはいきなり全身をけいれんさせ、泡を吹くような感じで倒れてしまった。
医者に電話すると、家まで来てくれてぶっとい注射を打ってくれた。ココは痛そうに悲鳴を上げたが、これも治ってくれるならという思いで体が動かないように、私はココを押さえていた。
けれどもココは、翌日には後足が立たなくなり、その翌日にはケージのなかで仰向けになったまま意識が戻らなくなってしまった。
医者に連絡すると、熱中症は再発しやすいから、体温を測って40度を超えることがあったら水に浸け、その後も10分ごとに体温を測るように言われた。
私は言われた通りにイヌのケージの隣に布団を敷き、それでも眠るどころではなく時計とにらめっこをして時間が来るとココの肛門に体温計を差し込んだ。そして測った温度をノートに逐一記録していった。

それが三日二晩続いた。
結局、ココはそのまま意識を回復することなく、最後は尿毒症を起こしてしまった。

私は、9月に入ってココの後ろ足が立たなくなったときに「これはいけない」と悟った。悟りながらどうすることもできず、ひとりトイレに入って泣いた。

9月中旬、ようやく暑さがゆるんできた日の夕方、ココはカミサンが娘と一緒に買い物に出ている間に、私の腕の中で息を引き取った。

獣医にココが死んだことを伝えると、私は叱られてしまった。
「だからね、暑さに弱い子は気をつけてあげないとこういうことになっちゃうの」

そうです。
ココが可愛いといいながら、私は何もココのことをわかっておらず、暑さの中を散歩させたり、クーラーもつけない部屋にココを置いておいた。私は、駄目な飼い主で、馬鹿な飼い主です。

ココの遺体に買えるだけの花を添え、好きだったぬいぐるみを棺となった段ボール箱に入れ、食いしん坊だったからとビスケットを買ってきて口元に置いてやった。娘は私たち家族の絵を描いて、ずっと一緒だからねと言った。

ココは、ペット用の寺院で荼毘に付された。

それからの毎日、私は自分を責めた。ココを殺したのは自分だ。パグが熱中症にかかりやすいということに気をつけてやらなかった。ココは何も言えないのに、苦しい思いをしながら、朝寝坊だった私につきあい、熱でとろけそうになったアスファルトの上をとぼとぼ歩いていたのだ。私はそれを散歩だと思って満足していたのだ。

なんというバカな飼い主。

ココの墓は車で1時間ほどかかる寺にあったが、私は時間さえあればそこに行って手を合わせ、詫びを言った。
「ココ、ごめんな。お前のことをわかってあげられなくて悪かった。許してくれ」
線香の煙が全身を燻し、体中が香のかおりに包まれた。それがなんとなく、バカな私の心を洗い清めてくれるような気がした。

けれども、ココがいなくなってからというもの、私は通りでパグを見かけると胸が痛み、毎日通っていた散歩のコースを通りかかると涙があふれ、そこを歩くことができなくなった。

お嫁さんをくださったご夫婦も、ココが突然なくなったと知って驚いていたが、まだあどけない顔をした牝パグが一匹残ってしまった。
私は、ココを喪った気持ちを埋め合わせるために、半ば熱に浮かされたようにペットショップをのぞき込み、そこで見つけたオスの赤ちゃんパグを買い求めた。

それが今も一緒に暮らしている、今年9歳になるパグ夫婦だ。
このパグ夫婦はその後、十分すぎるほどに私の心に空いた穴を埋めてくれた。
けれども、私の心の中にはそれとはべつに、ずっと罪悪感が残ったままだった。
パグのことをよく知りもせずに飼い主面をして、ただ可愛い可愛いといっていただけの馬鹿オヤジ。だから獣医にも叱られたのだ。

そんな私の心を救ってくれたのは、仕事で偶然出会った、別の獣医の言葉だった。
その人は、飼い主に連れられてくる動物たちの気持ちがわかるのだと言っていた。そして、動物たちは自分がどんなに苦しい思いをしていても、飼い主のことを気にかけているのだと話してくれた。
私は、思わず自分が体験したことをその人に話していた。
大切なパグを、熱中症で亡くしてしまったことを。動物のことをわかりもせずに飼っていた自分の馬鹿さ加減を。

するとその人は言った。
「私だったら、飼い主さんを責めたりはしないです。だって、あなたはワンちゃんのために心から心配し、一緒に苦しんであげたじゃないですか」

私は、もう泣くしかなかった。
泣きながら、その一言に罪悪感に苛まれていた私の心は、救われた。


今、中国では大変な事態が起こっている。
これまで誰も経験したことがないほどの規模の地震が起こり、数万人が死亡し、負傷し、今も生き埋めになっている人がいる。
中国政府は、これに対して必死になって救助活動を続けている。
首相の温家宝が被災地に飛び、瓦礫の中に向かって声をかけ、救助を急げと急き立てていた。
その姿は、見ようによっては政治的プロパガンダと映るかもしれない。
救援物資は受けつけながら、人的支援を拒んできた中国政府の姿勢も、日本人から見れば疑問に映るかもしれない。
学校や幼稚園は崩壊したけれど、役所や政府の建物は無事だったというのは政治がよくなかったからだと非難できるかもしれない。
これらを総合して、やはり中国はと、貶めることができるかもしれない。

けれども、未曾有の被害を前にして中国の人々が必死になっていることは確かであり、第三者から見れば要領が悪く、何をやっているのだと苛立ちを覚えたとしても、片や国の威信をかけたオリンピックを抱え、片やこれからどれほどの被害規模になるか見当もつかないほどの災害に遭った国と人々を、そうそう冷たく突き放してもいいものだろうか。
日本のマスコミは中国が情報操作をしている、被災地に足を入れさせないと不満たらたら垂れ流しているが、それをそのまま受け取って、茶の間にいる人間が嫌悪感だけを募らせているというのも、私にはどこか愚劣に思えて仕方がない。
勝谷誠彦などは、この混乱を機にチベットでは大粛清が行われている可能性があるなどと煽っているが、こういう輩の文言にたやすく乗っていいものだろうか。

私は疑問に思う。

中国に対しては、なるほど私自身もよく思っていないところはある。
けれどもそれはあくまで平時のことであり、今起きているような非常事態にまでそれを導入するのは浅慮に過ぎるのではないか。

彼らは間違いなく混乱し、そして傷ついている。
よしんばチベットでけしからぬことが行われているとして、それを非難するならば証拠が挙がってからだろう。それでは遅いというならば、お前が現場になぜいかないのだと問いたい。
今、日本ではネットの世界でも冷静さとは無縁の憶測と非難とが渦巻いている。
中国はひどい国だと、誰もが言い募っている。

でも、それは馬鹿な飼い主だった私に対して、声を荒げて非難した獣医と似ていないか?

いや、その無責任と非情さ。傷んでいるものを足蹴にするような残忍さにおいて、件の獣医を上回っているといっていいだろう。
私は今、そのことに非常に不快感を持っている。

なぜ、もっと温かい目で見てやれないのだろう。
日本には阪神淡路大震災の教訓がある。それを活かせば協力できることはいくらでもあるはずだ。
今は、非難をしているときでははい。隣国を思いやり、協力を惜しまずするべき時である。
中国共産党が処理能力を持たないならば、なおさらのこと、隣国であるわれわれが力と知恵を貸してやるべきだ。

こういうときに、偏狭な言辞を弄し偏見を露呈するのは、卑怯で醜い行為だと思う。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : パグ, ペットロス, 中国, 大地震,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。