上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石原慎太郎が三宅島を復興させるのを目的として強引にぶち挙げた「バイクイベント」については、実質的になんら復興の役に立っておらず、都民が払った血税を使って空疎なお祭り騒ぎを起こしただけだという批判がある。
mixiではこの問題をテーマにしたコミュニティがあり、怒りのコメントが寄せられているが、その声が少しでも石原に届けば無謀な無駄遣いを今年も続けて行うのを阻止できるかもしれないのだが、どうやらその可能性は低いようだ。
石原のような恫喝だけが取り柄の卑怯な男は、たとえ批判の声が耳に入ったとしても聞こえぬふりをしてこのイベントを続けるだろう。
なぜなら、このバイクイベントは石原にとって儲かる催し事だからだ。

このイベントはもともと「マン島レース」を真似して、三宅島の公道をコースに使い、本格的なバイクレースを行おうという石原慎太郎の思いつきで企画されたものだ。
名目上は三宅島復興となっているが、何のことはない、実際には復興どころか村民に新たな負担を強いる、とんでもない企みだった。そのうえ、三宅島の公道をコースに使うにはあまりに危険が多すぎる、救急体制が確保できないといった理由でプロのレーサーたちは皆反対した。それでも言い出したら聞かない石原は、公道レースは諦めたものの飛行場を使ったバイクイベントを開くことで体裁を繕い、そのために2億6500万円もの税金を使った。

こうして昨年11月に開かれたイベントには、わずか1000人ほどの観客しか集まらなかったというが、石原はそれでも懲りずに今年も同様のイベントを行うとし、5月には東京・台場でプレイベントまで行っている。

石原の暴走を止められる者はもはやいないのだろうか。
岩城滉一

ほんとにトホホな気持ちでいるときに、さらに気分を落ち込ませるような事実が報道された。

毎日新聞によると、昨年開かれたイベントにはゲストとして俳優の岩城滉一が招かれたが、パレードやツーリングに参加しただけの岩城に対して、都は三宅島スポーツ振興会を通して1000万円の出演料を支払ったという。しかも、法外なギャラを支払っただけでなく、宿泊費と交通費として約50万円を支払っていた。

なんとも呆れた金銭感覚という他ないが、それは支払った都側にいえるだけでなく、受け取った岩城の方にも言えるだろう。
いくら芸能人だからといって、交通費と宿泊費が50万とは恐れ入る。さらに岩城が所属する事務所によると、受け取ったギャラの1000万円のうち、600万円は島に持ち込んだ三輪バイクの改装費と整備士3人の同行費として使ったという。事務所の代表者によれば「イベントなので見栄えがいいようにバイクを改装する必要があった。島民の気持ちには応えられたと思う」とのこと。
つまり岩城滉一は、自分のバイクを島民にひけらかすために整備士を3人も引き連れていき、税金から支払われた金でそのバイクを改装・整備したというわけだ。

石原慎太郎の腹の中に三宅島復興などほとんどないのは分かりきったことだが、その分け前にあずかった岩城滉一にも復興に協力するなどという気持ちはミジンコほどもなかっただろう。
税金から支払われた金で好きなように自分のバイクを改装し、いい気になってパレードをすることのどこに復興に役立つ効果があったというのだ。
岩城滉一という5流俳優は、単に美味しい仕事として三宅島に出張し、血税と知りながら自分のバイクをカッコよくして帰ってきたに過ぎない。

金に対する意地汚さでは石原慎太郎と同等と言えるだろう。

1000万のギャラが法外だったかどうかはこの際どうでもいい。

もし岩城に三宅島復興への真摯な思いがあったのならば、ノーギャラで仕事を引き受けるべきだっただろうし、受け取ったとしても1000万は多すぎると辞退したことだろう。自分のバイクを改装して島民の気持ちに応えるよりも、いくらかでもチャリティーとして寄付したことだろう。
さらに岩城がまともなバイカーならば、誰もが危険で中止すべきだとしているイベントを後押しするような行為はしないはずだ。
しかし岩城滉一はそのようなことは一切せず、ギャラを受け取り、宿泊費と交通費も受け取った。
岩城滉一は石原慎太郎が企てたクソのようなイベントに同調して都民の金を貪ることで、俳優としてもクズだが、バイカーとしても人間としてもロクなもんじゃないことを示したといえるだろう。
今後、私は岩城滉一という男を石原慎太郎と同等の人間のクズとして見ることにしよう。

最低だな、岩城って。

多くの反対の声を無視して、バイクイベントは今年も17~19日に開かれる。
また大枚の税金が注ぎ込まれ、復興どころかイベント開催支援として島民たちの金がまたしても搾り取られることになる。
石原の暴走を止めない限り、利権と金にまみれた薄汚いイベントはこれからも延々と続くことになるだろう。

スポンサーサイト

関連タグ : 三宅島復興, バイクイベント, 石原慎太郎, 岩城滉一,

この男のことを考えると、それだけでジンマ疹が出そうになるのでしばらく触れずに来たが、それでも言わずばなるまい。
石原慎太郎
杜撰な経営で破綻寸前の新銀行東京は、2008年3月期決算で累積赤字が1016億円にも達し、6月末に赤字分を減資することになった。
これで都民の血税1000億が、見事にドブに捨てられることになったわけだ。

すでに何度も書いたように、都民にとってはほとんど役立たずの金食い虫のようなこの銀行は、石原慎太郎によるトップダウンによって設立されたものである。
ところが、その銀行が大赤字を出した挙げ句、400億の追加出資をさせ、なおそのうえ今度は赤字分を資本金で穴埋めすることにして企業としての価値を限りなく低くした。
こんな銀行は一刻も早く業務を停止し、すべてを精算すべきなのに石原慎太郎という男は責任をすべて他人になすりつけて知らんぷりをしている。

まったくもって、これも何度も書くことだが、この男は唾棄すべき男というほかない。

新銀行東京の責任については知らぬ存ぜぬを貫こうとしている石原が、今やろうとしていることは何かと言えば、三宅島でのバイクイベントだ。

三宅島の復興を旗印に掲げ、観光振興の起爆剤にと石原は昨年このイベント開催をぶち上げたが、実のところはこのイベントも批判轟々の代物だった。
石原は当初、「マン島のようなバイクレースをやろうじゃないか」と三宅村に話を持ちかけた。
マン島のレースといえばバイク好きならご存じだと思うが、バイク数十台が島の公道を完全に遮断して走り回る伝統のレースだ。
しかしこのレースは高速で曲がりくねった公道を走ることから危険が多く、数多くの死亡事故を起こしていることでも知られる。

マン島のようなバイクレースをやりたいと言い出した石原は、もちろん三宅島の一般の通行を封鎖し、島を周回する都道をコースにすることに固執した。
ところが、これを知ったバイクメーカーやプロ・ライダーたちは危険すぎる、絶対に開催すべきではないとして反発した。
結局、昨年のレースは国内のバイクメーカー4社は不参加を決定、公道レースも断念せざるを得なくなり、三宅島空港の滑走路を使ってドラッグレースを行うことになった。

このイベントが、果たしてどれほど三宅島復興に役立ったのか。
東京-三宅島間のフェリーを運航する東海汽船によると、期間中の来島者は909人で、三宅島の平野祐康村長は「経済効果は十二分に出ている」と語ったようだ。しかし1000人にも満たない観客を前に繰り広げられたバイクイベントが、どれほどの盛り上がりだったのかは、はなはだ疑問といわざるを得ない。
バイクメーカーからも見放されるようなイベントを企画するくらいなら、もっと島民に直接結びつく復興策があろうというものだ。
それにもかかわらず、石原は懲りずに今年もまた同じイベントをやるつもりでいる。
以下は石原の記者会見での発言だ。

------
「大いに盛り上がったですね、あのモーターサイクルフェスティバルが、今年もですね、さらに内容を充実して、開催することになります。開催日は10月17日から19日の3日間で、三宅島とですね、三宅島のNPO法人が主催することになります。フェスティバルではクラシックバイクやレーシングサイドカーなどが都道を走りましてですな、ツーリストプロや全日本選手権最終戦として行われる空港ドラッグレースの他ですね、一般参加型の新しい企画やフリースタイルのモトクロスなど見て楽しいですね、参加しても楽しい、三宅島ならではのレースが計画されております」
------

ほとんど三流キャバレーの呼び込みのような、バカ丸出しのセリフである。

Wikipediaの記述によれば、このイベントのために「東京都は専門家による検討経費などに4000万円、都道改修に3億円を2007年度予算に計上している。民家への衝突を防ぐガードレールを増強し、マンホールには滑り止めを施す予定である。運営する三宅村(人口2934人)も、開催に必要な約3億円を負担する見込みであり、村民一人当たり約10万円の負担となる」

結局、公道を使うことは断念されたけれども、いまだ帰島できない人もいるというのに、島民一人あたり10万も負担させる復興計画があっていいものだろうか。

それを石原は今年もまたやろうとしているのである。
共産党の都議会議員団は石原に対し、「島民のおおくからは歓迎されず、計画そのものが破たんした三宅島でのバイクイベントはきっぱりと中止すべき」と声明を出している。
この声明では、このバイクイベントは例によって石原のトップダウンによって始められたものであり、石原は巨額の税金をかけてマン島視察をおこない、噴火の被害に苦しむ三宅村・島民に公道レースを押しつけようとしたと非難している。
石原からすればマン島視察は専門家による検討経費にふくまれているというのだろうが、石原はバイクの専門家でもなんでもありゃしない。東京マラソンと同じレベルで考えているのだろう。
しかし、もしもこんな奴のためにレースが行われ、死亡事故が起こったならば、どうなっただろう。バイクに対する危険なイメージがふくらみ、事故の責任を取るために都はまたしても莫大な金を出さざるを得なかったかもしれない。

このバイクイベントに反対するサイト「WWW.MADERV.COM」の告発によると、このイベント運営は石原の選挙を仕切った東急エージェンシーが行っており、税金を使い放題にしていることや、村営住宅の建設等は無視して道路族議員の言いなりに税金を道路整備に注ぎ込んだことなどが挙げられている。

こんなイベントには何にも価値はない。
またしてもポピュリスト・石原慎太郎のワンマンショーになるだけだ。
開催日は10月17日から19日までとしているが、7月6日にはお台場でプレイベントまで開催するという。

もう、いい加減にしてくれよ、石原慎太郎
早いところ、私の目の前から、都民の目の前から、国民の目の前から姿を消してくれ!

これは一バイク愛好家からの願いでもある。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 石原慎太郎, 新銀行東京, 三宅島, バイクイベント,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。