上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関東地方は今日も猛暑だ。
わが家のワンコたちも、この暑さにぐったりしている。
ワンコも種類によって違うが、一般に鼻ペチャ系の犬種は暑さに弱いようだ。
で、わが家にいるのは3匹のパグ親子とフレンチブルドッグで、いずれも鼻ベチャ系。
もう大変です。
タッチー

散歩は毎朝6時すぎにしているのだけれど、この時期は夜明けが早いから6時だとすでにかなり日差しが強い。アスファルトも熱せられているので、ワンコたちはものの20メートルも進まないうちにゼーゼーいって歩くのがやっと。
とくに今年9歳のこももと梅太は辛そうだ。

こももは、一昨年、太りすぎで夏になると歩くことができなくなりダイエットした。今はスリムになって歩けるようにはなったけれど、この頃はやはり年のせいなのか、アスファルトの上を歩いていると急に草むらに入ってへたりこむ。

梅太は、ゼーゼー言いながらも歩くのだが、今年になって腰が抜けるようになった。
一度腰が抜けると、お尻を引きずって前脚だけで進もうとする。お尻を持ち上げて、立ち上がらせてやると再び歩くのだが、歩き方はいかにも老犬で、覚束ない。

5歳になるフレンチブルドッグのブルースは、生まれつきのアレルギー体質で、夏になるとそれが悪化する。今年は少しよくなりかけていた脱毛が再びひどくなり、右耳や前脚の先がほとんどハゲハゲになってしまった。心なしか元気もない。

7歳になったパグ夫婦の息子、タッチーは比較的元気だが、やはり暑さに息が苦しそうにしている。

大丈夫か、ワンコたち。
今年も厳しい夏になりそうだぞ。
私も夏は大の苦手だが、なんとかこの季節をやり過ごそうぜ。
ピーチ

一方、元気がいいのはインコ軍団。
とくに生後3ヶ月半のピーチは言葉をいろいろ覚えはじめ、(あくまでオカメインコレベルの言葉だが)、「ウキウキ、ワキワキ」から「ピーちゃん」「ピーちゃんは?」と話すようになった。言葉を話すだけでなく、最近は笑い声も上げるようになり、私がブログを書いていると背後にあるケージの中で「ウケケケケッ!」と笑い、「ホーホーホー」と歌い出す。

この「ウケケケケッ!」という笑い声が、文章を書きあぐねているときに聞こえてくると、なんだか小馬鹿にされたような気分になってムッと来る。
私は振り返ってピーチを睨みつけるのだが、ピーチは首をかしげて「ホーホーホー」と歌っている。

こいつには敵わないな。
陽気なオカメ。かわいいやつ。
私はふっと笑って再び書き始めるのだが、しばらくするとまた後ろから「ウケケケケッ!」。

すいませんねえ、下手くそな文章で。
私は背中をかたく丸め、もう振り向こうとは思わない。

スポンサーサイト

関連タグ : 猛暑, ワンコ, パグ, フレンチブルドッグ, オカメインコ,

今や私は、ボロボロの状態である。
オカメインコのピーチが手乗りとして成長するにつれ、私の両手両腕を伝い歩くようになり、その鋭い爪によるひっかき傷でボロボロなのだ。

オカメインコというやつは、まだ幼いせいもあるけれど、とにかく不器用な鳥だ。普通に腕に止まっているときでさえ、バランスを崩しては自分でびっくりしてギュッと脚に力を入れる。チョコチョコ歩いては脚を滑らせる。そのたびに、私の腕にはみみず腫れとカミソリで切ったような傷ができる。針で刺したような細かな穴が無数につけられる。
もちろん深い傷ではないが、なにしろ無数にあるのだからヒリヒリヒリヒリ、かなり痛い。

こんどメンタルクリニックの受診日がきたら、医者の前で両腕を差し出して言ってやろうかと思う。
「先生、私、リスカしちゃったんです」
なんちゃって。
そのときの医者の顔を見てやりたい。

ピーチはまた、腕から肩に登り、首筋から頭に上がろうとする。
鳥にとっても急坂だから、ピーチは思い切り脚を踏ん張り、つまめるところは嘴でつまんで体を支えようとする。私の首筋から頭にかけては、毎日幾筋ものみみず腫れができている。
おそらくは頭皮にも。
嘴でつままれるのは、皮膚のシワやホクロ。とくにホクロは、エサのように見えるのか、ピーチはそれをつまむだけでなく、えぐり出そうとしてグリグリと嘴を差し込んでくる。
これが痛い。
私はもう、ボロボロだ。
ボロボロだけど、ちょっと幸せだ。

もうひとつ辛いのは、私がピーチの世話をしながらあまりに「ピーチ、ピーチ」と呼び続けるために、わが家の4匹のワンコたちの間に不穏な空気が漂うようになってきたことだ。
どうも彼らは、ピーチに嫉妬しているらしい。

普段から愛想のよくないフレンチブルドッグのブルースは、気がつくと二階でひとり、ポツンと寝ていたりする。私や家族はリビングで食事をしたりしていて、ワンコたちも足下に寝そべっているのに、だ。
ブルースがいないのに気がついて二階に行ってみると、彼は「なんだよ」というような、むっつりした顔で私を見つめる。
「ブー、下においで」
そう言っても、ブルースのやつはまたそっぽを向いて体を丸めてしまう。
こんなこと、今まではなかったことだ。

ピーチはいまだにひとりでエサを食べられないので、私がエサを食べさせてやらなければならない。ピーチを手に止まらせてエサを与えていると、足下で8歳のパグの梅太が悲しそうになきはじめる。
自分も抱っこして欲しいとないているのである。
「ちょっと待って」
そう言っても、梅太は納得しない。
仕方なく、私は両手に85グラムのピーチを抱え、両膝に10キロ超の梅太をドサッと乗せて、ウウッと呻きながら小鳥にエサを与える。

ようやくエサをやり終わり、梅太を下ろすと、今度はいつの間に来たのか、ブルースが飛び乗ってくる。もう、有無を言わさぬ勢いでズシンと飛び乗ってくる。ブルースも10キロ近くあるから、
私にとってはちょっとした衝撃だ。しかし、そんなことにはおかまいなしで、ブルースは私の上にゆったり寝そべり、腕枕をして、なおかつその腕をゆっくりと心ゆくまで舐め始める。
これがまた、腕に無数にあるピーチ傷にしみるのだ。

ピーチをケージから出して遊ばせてやっていると、4匹のワンコが集まってきて、私を見上げている。
「あんたね、誰かをお忘れじゃありませんか」とでも言うように。

悪かった、悪かった。
私はピーチに頭の上に乗られたまま、ワンコたちの頭をなで、腹をなでてやる。
ワンコたちは一応それで納得したような顔をしてくれるが、私が再び「ピーチ、ピーチ」と呼び始めると、ブルースなどは「話が違うじゃん」という顔で、少し離れたところから私を見ている。
タッチーとこもも母子は、またなでてくれと体をすり寄せてくる。

おまけに他のケージのなかでは、まだ放鳥できずにいるパールが、やけくそ気味に「ホーホケキョ!」とウグイスの真似をして鳴く。サクラとやまちも負けじとさえずり始める。

いやもう、家中の賑やかなこと、賑やかなこと。
しかし、彼らの気持ちは一点に集中しているのだ。
つまり、私がピーチを可愛がり、甘やかしすぎているということに。

しかたないじゃん。
ピーチは、私にとって85グラムの幸せなのだから。
もちろん、10キロ超×4の幸せも忘れちゃいませんけどね。







関連タグ : オカメインコ, セキセイインコ, コザクラインコ, フレンチブルドッグ, パグ, ワンコ,

動物を飼っていると、いろいろなことを教えられる。

私の場合、いちばん長く飼っているのはワンコなので、犬から教えられることが多かった。
無償の愛情、人を信頼すること、思いやり。彼らは、その生と死を通してそれらのことを私に教えてくれたと思う。

それに比べると、小鳥というのは私にとって長らく気心の知れない動物だった。
わが家には今年で飼い始めて5年になるセキセイインコがいるのだが、毎日エサを与え、水を換え、ケージの掃除をしていても、ワンコのようにダイレクトな反応を示してはくれない。
表情や仕草からその気持ちを推し量ることもできなかった。

高価なペレットという、ワンコで言えばプレミアム・ドッグフードのようなエサを与えても、大半をケージにまき散らしてしまうし、電話で話をしている最中に、突然ギャーギャー騒ぎ出す。

なんとかしてくれよ。
やっぱり犬を飼うようにはいかないな。
あいつとは気持ちが通じない。

もとはといえば娘のためにヒナを買ってやったのだが、お約束通り、娘は小鳥の世話などすぐにしなくなり、私が世話をすることになって5年が過ぎたのである。
そして、その5年の大半を、世話しながらも上記のように、なんだか面白くない思いで見ていたのである。

けれども、カミサンはそんなセキセイでも可愛いと思ったらしく、またセキセイは言葉を覚えると聞いていることから、毎日、朝晩に名前を呼んだり言葉を教えようとしたり、歌を歌って聞かせていた。
それでも、娘が「やまち」と名付けたそのセキセイは、名前を言うわけでもなく、もちろん歌を歌うこともなく、一向に懐いた様子を見せることもなかった。

「よせよ。無駄だよ、そんな鳥に教えようとしたって」

毎日ひとりで小鳥相手に話しているカミサンに向かって、私は呆れて言ったものである。

ところが、1年ほど前だから、「やまち」を飼い始めて4年目くらいたってからのことになる。
毎晩、寝る前に「おやすみ、やまち」と声を掛けるカミサンに、カバーを掛けたケージの中からセキセイが「チュッ」と返事をするようになったという。
「ホントかよ。偶然鳴いたんだろ」
そう言って聞き流そうとする私に、カミサンはそんなことはないと言い張った。
「絶対、やまちは私の言葉を聞いてるんだよ。だって、電気を消して、それまで静かだったのに『じゃあお休みね、やまち』って言うと必ず『チュッ』っていうんだから」

わかった、わかった。そうでしょうね。
私はそれでも信じなかった。
なぜなら、毎朝世話をする私には、やまちは挨拶することもなかったし、ケージの中に手を差し入れると慌てて逃げていくばかりだったから。

そんな状況が1年ほども続いて、カミサンは相変わらず言葉や歌を教えようとしていたが、やまちは一向にしゃべりも歌いもしなかった。
ところが、朝の世話をする私に対するやまちの態度が、変わってきていることに、今度は私が気がついた。
私も一応、無駄とは思いながら朝いちばんにケージのカバーを外すときには「おはよう、やまち」と声を掛けるのだが、返事こそしないものの、エサを替えようとして手を差し入れると、やまちは以前のように怯えた様子で逃げ回るのでなく、私の指に対して突いたり、軽く囓るようになったのである。
それは威嚇ではなく、明らかに私の指と遊んでいるという感じだった。

もしや、と思って私は手の平に少しだけエサを乗せ、ケージに入れてみると、やまちはしばらくエサを見ながらケージの中を動き回っていたが、そのうち、覚悟を決めたかのように手の平に近づいてきたのだ。
そして、はじめはおそるおそる少し離れたところから体を乗り出すようにしてエサを取り、食べていたのが、そのうち手の平にちょこんと飛び乗ってエサを食べるようになった。

気心が知れないと思っていたセキセイのやまちと、5年をかけて気持ちが通じたと思った。
毎日、世話をする私を、やまちはやまちなりに見ていたのだ。
そして、つきあいはじめて5年になろうというときに、ようやく、こいつは安全なやつだと認めてくれたのだ。

「やまち、やまち。おいで」

それからは私も声をかけるようになった。声をかけたところで、やまちはなかなか言う通りにはしてくれないのだが、エサを持って入れる手にはすぐに乗ってくれるようになった。

「このままいけば、手乗りになってくれるかもしれないな」

私はカミサンに言った。

その後、私たちは前にも書いたように、ペットショップで売れ残っていたコザクラインコのサクラを買った。もう大人になってしまい、人には懐かないだろうと言われたサクラが、なぜか愛おしくなってしまい、思わず買ってしまった。
案の定、サクラはいまだに手を怖がり、少しも懐くそぶりを見せないが、カミサンは諦めずに声をかけ続けている。

私はといえば、ペットショップで見かけたオカメインコの愛らしさにいかれてしまい、これも手乗りではなく成鳥になってしまったパールを譲り受け、パールの相棒にと、今度はピーチと名付けたオカメのヒナをブリーダーから買い求めた。

ヒナから育てたピーチは、今ではべたべたに甘えてくる手乗りに成長したが、パールはまだまだ私を恐れている。それでもエサを持ってケージに手を入れると、恐る恐るだが食べてくれるようにはなってきた。先日はケージから飛び出してしまい、家の中を飛び回ったが、私が追いかけるのを止めると、ピーチと一緒にいつの間にか私の肩に乗っていた。
私はうれしくなってしまった。

人は何かを伝えようとするとき、言葉をつくしてなんとかそれを正確に伝えようとする。
そして気持ちを込めて話せば、それはかならず伝わるものだと思い込んでいる。

けれども、いくら言葉をつくしたつもりになっても、その気持ちがすぐに相手に伝わるとは限らない。
セキセイインコのやまちは、5年間、私を見続けてきて、ようやく手の平に乗ってやろうと思ってくれた。私は彼女(やまちは、メスである)に気持ちを伝えるのに、5年を要したのだ。
セキセイインコは小さな鳥だが、10年以上も生きる長生きの動物だ。コザクラインコも、オカメインコも、かなり長生きをする。長生きをする分、彼らはじっくり時間をかけてものを考えるのだろうか。サクラもパールもまだまだ慣れてくれないが、私もカミサンも今は楽天的に考えている。
気持ちというものは、必ずしもすぐに伝わるものではない。
けれども、こちらが諦めず、相手を裏切らずに居続けることができるなら、かならずそれは伝わっていくものだ。

私は、小鳥からも大切なことを教わったと思っている。

関連タグ : セキセイインコ, コザクラインコ, オカメインコ, 気持ち,

この数日、関東地方は5月とは思えないほどの寒さに見舞われている。
昨日、今日はとくに寒く、ストーブなしにはいられないほどだった。

わが家に来てからちょうど1週間になるオカメインコのピーチは、すっかり鳥らしくなり、羽ばたく練習をしきりにしていたが、この寒さで体調を崩さないかと心配だ。
ヒーターをつけただけではすぐ熱が逃げてしまうので、今日はホームセンターに行って断熱材(プチプチ)のビニールシートを買ってきて、ケージのまわりに張りめぐらした。
これでちょっとは安心かな?
ピーチ

パールにもヒーターを入れてやらなければとホームセンターを探したが、もう時季外れで売っていなかった。で、ネットで注文。こういうときはやっぱりネットはありがたい。
ヒーターと一緒にサーモスタッドも買って、できるだけ温度を保てるようにするつもり。
サーモは、ほんとは「爬虫類サーモ」という商品がいいらしいのだが、けっこうなお値段なので、園芸用にも使えるお安いやつを注文した。
やはりネットでいろいろなオカメのブログを見ていくと、同じようなサーモを使っている人がいるようだし、まあ大丈夫でしょう。
ちなみに、ピーチのヒーターにもサーモスタッドをつけたが、こちらはウチにあった熱帯魚用のサーモを流用。水中用だけど、大丈夫だよな、きっと。ということで。

ここ数日の私は、手のひらの中で大きくなっていくピーチが可愛くて可愛くて仕方がない。
もう、孫を抱いてる爺さんのような気持ちだ。
そのピーチが、今日の午後、エサをやっているときに羽ばたきはじめたと思ったら、ついに飛んだ。
羽ばたくピーチ

ピューッと舞い上がって、その後、どこに行ったらいいのかわからない感じでカーテンにしがみついたのがおかしかった。
その後、夕方のエサの時間にも飛んで、こんどは床に不時着した。
ワンコがすかさず追いかけたので、カミサンが顔色を変えてダッシュし、間一髪でピーチを確保。まるでライフセーバーのようだった。

世界では、サイクロンのために大被害を被っているビルマや、大地震で未曾有の被害を出している中国の人々がいるというのに、こういう甘っちょろいことをやっていていいのかと思うのだが。
自然の猛威の前に、人間は常に無力なのだが、それでもビルマにせよ中国にせよ、政府がもっと国民のことを考えて国づくりをしていれば、もう少し被害は少なくてもすんだのではないかと思うのは、私だけだろうか。

被害に遭った人々が、一秒でも早く、一人でも多く、助かりますように。

そんな人間の祈りとは無関係に、ウチのワンコは一日、ストーブの前に寝っ転がっていた。
キミたちは幸せだよ、ほんとに。
ブルース



関連タグ : オカメインコ, ワンコ, ペット,

オカメのピーチは、順調に成長している。
ピーチ

羽もだいぶ伸びてきたし、一昨日あたりから羽ばたく練習を始めた。
立ち上がってちょこちょこ歩き始めるようにもなってきた。

首を伸ばしてあたりを興味深そうに見回している姿がなんとも可愛い。

でも、心配事もでてきた。

この頃、餌を与えても食べることに集中してくれない。どうも気が散ってしまうようで、スプーンで与えても二口三口で口を閉じ、あとはイヤイヤをするばかり。
食べてくれなきゃ、大きくなれないよ、ピーチ君(いちおうオスらしい)。

もうひとつは、昨日から急に気温が下がってしまい、風邪を引かないかと心配。
一応、セキセイインコで使ってたヒーターを入れてやったけれども。
大丈夫か?

寒いと言えば、2階の仕事部屋にいるパールも風邪を引かないか心配だ。
ホームセンターに行って、もうひとつヒーターを買ってくるべきかな?
それともケージを毛布かなんかで覆ってやればいいのだろうか。

こういう中途半端な時期に冬のような寒さに戻るなんて、今年もなんだか天候不順の年になりそうな気配だ。
ビルマ(ミャンマーじゃないよ!)では大型サイクロンが大被害をもたらしているし。

それにしても、軍事政権というのはどうして非人道的になるのだろう。
北朝鮮、中国などの独裁政権の国も上層部は潤っても国民は疲弊している。この両国もまた、非人道的な政策をとって国際的に非難されているわけだが、なぜなのだろう。
「われわれを信じていれば、明日は極楽のように素晴らしい国家ができるのだ。それまで民はすべからく苦難に耐えよ」――共産主義がまだ信じられていた頃は、こういう理屈が通っていたのだろうけれど、今は誰もそんなこと、信じちゃいないはず。
それなのに、なぜ、かくも非人道的な振る舞いを彼らは自国民に対して行うのだろうか。
それがわからん。

オカメインコの適正な飼い方と同じくらい、わからん。

だれか教えてくれ。
などと、まあ。。。。
なんだか素朴な疑問が湧いてくる、寒い日曜日なのだ。

関連タグ : オカメインコ, 天候不順, 軍事政権, 独裁政権, 非人道的,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。