上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」が衝突した事故で、防衛省は海上保安庁の捜査前に「あたご」の当直士官だった航海長をへりで省内に呼びつけ、事情聴取を行っていた。その席には増田好平事務次官と斎藤隆統合幕僚長、吉川栄治海上幕僚長、そして石破茂防衛相が立ち会っていた。
この事情聴取は捜査を進める海上保安庁に無断で行われたものであり、今、このことがいちばん問題になっているはずだ。

ところが、27日22時に配信された産経新聞には「航海長聴取は問題なのか」という記事が載っていた。
------
事情聴取を行ったことを)一部のメディアや政治家が問題視している。だが、組織、とりわけ軍事組織が、早い段階で状況把握することは鉄則である。今後、事故後の対応をめぐり、一方では「情報公開の遅れ」を批判されている防衛省・自衛隊が、いかなる初動態勢を整備すべきなのか、二律背反の宿題を突きつけられた格好だ。(野口裕之)
------
この野口という記者は続けて書いている。
------
医療事故でも、警察当局の捜査とは別に、病院側が担当の医師・看護師らに事情を聴く。隠蔽(いんぺい)するための「口封じ」を目的とした悪質な場合もあるだろうが、通常は組織としての対応・対策を決定するために行われる。例えば、新聞記者が交通事故を起こせば、新聞社のしかるべき幹部が、本人に状況を確認しようと努力するはずだ。
航海長への聴取が問題となることは、日本が「普通の国」でないことに起因する。実はこちらの方が格段に深刻だ。海上事故に関して、自衛隊には裁判権が与えられておらず、とりわけ民間との事故では事実上、海保に捜査権を委ねることが慣例化しているからだ。

-------

どうやら、産経新聞では記者がクルマで人をはねた場合、その人の安否を気遣い救急や警察に連絡するよりも、まず上司に伺いを立てる規則になっているらしい。
この記事では医療事故のケースを例に挙げているが、重大な医療ミスが起きたとき、まさに捜査の手が入る前に担当医師、看護師らが上司と相談した挙げ句、カルテの改竄などが行われていた事件がいくつもあった。
そのことを産経の野口という記者はどう見ているのだろうか。

今回の防衛省石破茂がとった行動は、紛れもなく事実を隠蔽するための口裏合わせに使われたのであり、だからこそ、航海長を呼び寄せるときに「怪我人を搬送するために付き添わせた。それがたまたま航海長だった」などと白々しいウソをついているのである。
舩戸健
そしてウソの段取りをした結果、罪もない漁民を海中に放り出したまま、当の事故を起こした責任者は一向に顔を現さず、一週間も経った昨日になってようやく謝罪会見を行った。
席上に現れた艦長の舩戸健は神妙な面持ちながらも、いかにも歯切れの悪い口調で「全責任は自分にある」と認めた。そして指揮官でありながら「あの海域で、漁船が多いことを認識していなかった」と信じられないようなことを認めた。
その顔つきは、艦上で絶対の権力を握る指揮官のものではなく、防衛省の庇護のなかからいやいや顔を出してきたボクちゃんのように情けなく、肝心なことについては「捜査中なので言えない」と言い通した。
これは、「事実を隠蔽するための口封じを目的とした事情聴取」があったためなのではないのか。
産経新聞では重大事故を起こした場合、上司が事後処理をする規則になっているのかもしれないが、社会では通用しない常識である。
もし、クルマで事故を起こしたなら、まず怪我人を手当てすることと事故現場を保存し、警察を呼んで現場検証に委ねるのが世間での常識だ。
防衛省産経新聞では、その常識は通用しないらしい。恐ろしいことである。
産経新聞の件の記事では、海上事故に対して自衛隊には裁判権が与えられておらず、民間との事故では海保に捜査権を委ねることが慣例化している。軍が裁判権を持たないことは国際的にも異例であり、そのことが情報錯綜の原因となり情報公開の遅れにつながったのだと結論している。

しかし、国際的な慣例はどうであれ、現在の法令下では捜査権が海保にある以上、自衛隊はそれにしたがわなければならず、それが制約であったとしても、そのなかで最善の努力をするのが筋だろう。
ここにきて防衛省の責任を転嫁し石破茂を擁護し、ボクちゃん艦長の舩戸健までも庇うかのようなスタンスを取る産経新聞とは何者なのだ。
防衛省には事実を改竄し隠蔽してきたという歴史がある。今、それが問題になっているのではないか。
そのことを棚に上げて、「日本が普通の国でない」ことが、航海長聴取問題の原因とは、よくもいったものだ。産経新聞は、ずいぶんいい度胸をしているじゃないか。

感心してしまうよ。呆れながらね。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : イージス艦, 産経新聞, 舩戸健, 石破茂, 防衛省,

イージス艦「あたご」による事件について、もう一度書いておく。
これは、海上自衛隊による殺人事件である。
清徳丸
昨日の朝日新聞夕刊では、イージス艦が清徳丸を認識したのが衝突する12分前であり、そのことは事件当日(19日)夜には石破茂防衛相に伝えられていた。にもかかわらず、石破はその後も「清徳丸を発見したのは2分前」という説明を繰り返していたことを報じている。
また、12分前だったことを防衛相幹部が説明したのは事件翌日(20日)夕方の自民党合同部会においてだったこと、さらに事件から一週間近く経った25日、増田防衛事務次官が12分前の事実を知ったのは20日の昼だったことが、防衛省での会見で記者団に明らかにされたことも伝えている。



清徳丸発見が事件発生の12分前であったにもかかわらず、2分前だったと誤った情報を流し続けた石破茂
そして12分前であったことが事実であることを25日になってようやく認めた防衛省。

このもたつきは一体、何なのだ。
これが国の緊急事態に対処するために設けられた組織のすることか。
石破は「事実確認には時間を要した」旨の言い訳をしているが、人ふたりが海中に投げ出されたというときに言うべき言葉ではない。防衛省は、事件当日の19日午前には「あたご」の航海長をヘリコプターで省内に呼びつけ、事情聴取しているが、その席には石破茂も同席していたという。明らかに事件隠蔽のための口裏合わせをしていたのだろう。そう思われても仕方のない行動を取っている。
しかも、発見が衝突の12分前だったという発表が行われたのが、なぜ自民党の合同部会でなければならなかったのか。痛いところを突かれるのを恐れたためだったのか。ならば、自民党も今回の事件では同罪である。

巨大な自衛隊艦船が無謀な航行をしたためにちっぽけな漁船がふたつに裂け、ふたりの漁民が冷たい海中に沈んだ。
すでに「カナダde日本語」の美爾依さんが怒りの記事をエントリーしているが、海自は、事故にあったふたりを助けるどころか見殺しにして、あとは事後処理をいかに矛盾なく行うかに汲々としている。まるで、ひき逃げの犯人のようである。石破と自民党は、その手助けをしている。なんという指導者であり、政権与党なのだ。
海自がやったことは、クルマでいえばひき逃げという卑劣極まりない犯罪に等しい。ひき逃げを犯した者に対しては、厳しい処罰が必要であり、そのためには責任者である「あたご」の艦長、航海長らを証人喚問して追及すべきである。そして組織の責任者である石破茂には辞任させるのが筋である。
石破茂

この点については、「世に倦む日々」でthessalonike4さんが厳しい言葉で追及している(「艦長と当直士官を証人喚問せよ - 厳罰こそ最大の再発防止策」)。さらに同ブログの「イージス艦問題への政治の無反応 - 漁師の遭難は自己責任」では、激烈な言葉でこの事件に対する怒りをぶちまけている。私は圧倒されずにいられなかった。以下、その言葉を引用させていただく。

行方不明になった漁師の若者は、父親を助けるために高校を中退して漁を始め、そして上野のホームレスのために捕った魚を運んで配っていた。高速道路も通ってない千葉の房総の僻地から、わざわざ上野までアジやサバを車で運んで届けていた。その漁師の船に1400億円のイージス艦が衝突して事故が起きた。自衛隊は情報を隠蔽し、責任逃れに終始し、事故から一週間経ったこの時点でも、まだ責任者が国民の前に顔を出そうとせず、時間を稼いで、国民の関心が薄れて事件がうやむやになるのを待っている。今の日本をこれほど象徴している事件はない。現在の日本の社会矛盾をこれほどくっきり浮かび上がらせている現実はない。辺見庸的な、絶句して鬱屈して悶絶するほどの、神経が破裂するほどの、魂魄が割れて砕け散るほどの、渾身の怒りを覚えなければ嘘なのだ。溢れるほど大量の、小便も枯れて出なくなるほど大量の、憤慨と悲嘆と憎悪の体内の水分が涙腺から分泌されて当然なのだ。

海上での「ひき逃げ事件」を何というか知らないが、この事件と、その後に行った自衛隊の隠蔽工作は厳しく追及しなければならない。この件に関しては、新聞テレビの報道もあてにならない。防衛省スキャンダル、年金問題は少しも片付いていないのに、民主党の小細工に共鳴して暫定税率問題に国民の視線を誘導し、今度は沖縄での少女暴行事件と海自の事件に対してロス疑惑を持ちだして注意を逸らそうとしている。
われわれは、騙されてはいけないのだ。もうこれ以上、政府やマスコミのすることに踊らされてはいけないのだ。

そしてもうひとつ。
マスコミに踊らされて石原慎太郎を都知事にした都民へのツケが、どんどん回ってこようとしている。
この政治家については、ほんとうにいくら言葉を重ねても足りないほどの侮蔑と嫌悪感しか湧いてこない。
つくづく、私は元都民として、なぜ今の都民はこのような言葉を知らない浅慮で尊大な極右思考の塊のような男を首長に選んだのかと情けなくなる。梨本勝に似た、品性の卑しい顔をした男を首都の代表にしたことを恥ずかしく思う。
ディーゼル車を規制する、大銀行に外形標準課税するとわかりやすい政策を打ち出したが、成果を上げたのはこれだけで、銀行税の方は条例の無効確認をした銀行側に敗訴している。

あとはポピュリストお得意の東京マラソンを開催する、東京オリンピックを誘致するといった、華やかで口に美味しそうな言葉を並べただけで、さも実行力がありそうに見せかけながら、その実やっていることは都民の税金を食い物にしているだけではないか。
おのれの浅慮を現実化するために、弱者を追い詰めているだけではないか。
情実人事を行って私腹を肥やしているだけではないか。
まわりにイエスマンを配置して、ふんぞり返っているだけではないか。
都合の悪いことを聞かれると、すぐ恫喝するヤクザと変わらない体質の男ではないか。
人間として、石原慎太郎は、最低の部類に属する男である。
石原慎太郎
今、石原は、金融・財務の知識もないくせに中小企業を救うというアメをぶら下げて新銀行東京を設立し、案の定、1000億円もの金を出資しながら経営を破綻に追い込もうとしている。そして責任は経営陣に転嫁し、あらたに400億円の追加出資という税金の無駄遣いをしようとしている。慚愧に堪えないなどとわかったような言葉を弄しているが、腹の内では舌を出しているのである。損失は税金でいくらでも穴埋めすればいい、その程度の認識で逃げ切ろうとしているのである。
東京都民はいつまでも、このような男を代表として立てておく恥辱に耐えるべきではない。
新銀行東京の失敗を教訓に、またこれをいい機会にして、石原を都知事の座から引き下ろすべきだ。
愚かなポピュリストによる政治が、結局は通用しないのだということを広く知らしめる必要がある。

ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : イージス艦, 殺人, ひき逃げ, 石破茂, 自民党, 石原慎太郎,

人間はどういうわけか、他人より高いところにいると、偉くなったような気持ちになるようだ。
大型トラックの運転手をしていた友人のKは言ったものだ。

「運転席から周りの車を見下ろしてるだろ、そうすると気分がいいね。オラオラどけっ! て、国道でもどこでもバンバン走って行くんだ」

ただでさえ混み合った国道を大型トラックに暴走されたら、たまったものではない。
事故を起こしたことはないのかと私は聞いた。

「あるよ」
彼はしれっとして言った。

「向こうからぶつかってきたんだけどな。ちっちゃい乗用車。横から来て、俺の車の下にもぐり込んじゃった。ぺしゃんこだよ」

それでいて、奴のトラックはほとんど傷もつかなかったのだそうだ。

友人の場合は自車が停止していたから、まあよかったといえばよかった。
しかし、とてもよかったとはいえないのが海上自衛隊のイージス艦「あたご」と新勝浦市漁協所属の漁船「清徳丸」の衝突事故だ。

東京湾沿岸の海域は、大小さまざまな船が行き交うことで知られている。陸上で言えば東京の国道のように交通ラッシュが続いているといっていいだろう。そんな状況の中を、車でいえばモンスター・トラックのような軍艦が前も見ずに走っていたのだ。
前も見ずどころではない。
乗船していた自衛官たちは、ハンドルにあたる舵も握らず自動操舵にまかせていた。
周りにいた小さな漁船は、迫り来る怪物のような船の影に右往左往しただろう。逃げまどって難を逃れた船はよかったが、「清徳丸」だけが避けられずにぶつかった。その衝撃で船体はまっぷたつに裂けてしまった。
ふたつに裂けた清徳丸

これが陸上の事故ならば、まさに友人のトラックの下にもぐり込み、ぺしゃんこになってしまった「ちっちゃな乗用車」のようなものだろう。友人のケースでは、それでも死人は出なかったのが奇跡だったが、「清徳丸」の場合はどうも厳しい状況だろう。

なぜ、自衛官たちは前方を注視せず、そのうえ自動操舵までしていたのか。
そこには高いところに上がると偉くなるような、愚かな錯覚があったのではないだろうか。
小さな船を見下ろして、この海は俺様のものだという驕りがあったのではないだろうか。
そして驕りを持つ者ほど、過ちを犯したときに度を失い、隠しようもない事実を隠そうとする。これもまた愚かな人間の性といえようか。これまでの海上自衛隊の事後処理を見ていると、そう思わざるを得ない。

しかし、自衛官という立場にある人間は、ほんらいがいくら愚かな人間であったとしても、その愚かさを露呈してはならないのだ。規律というものは、人間が集まったときに出してしまう愚かさを、最小限に食い止めるために作られている。そして自衛官は、もっとも厳しい規律の中に身を置く人間たちなのだ。

なぜ、自衛官たちは、自衛隊は、これほど重大な事故を起こしておきながら決然とした態度を取ることができないのだろう。防衛相の石破茂は「私は常に退路を断っているつもりだ」と記者たちに言い、被害者の家族には隠し立てはしないと見得を切った。けれども国民の目に映るのは、卑怯な時間稼ぎをしている組織とそのトップの姿に他ならない。

首相の福田康夫は、相変わらず何が起きても他人事のような口調で談話を出しているが、今回の事故は政府の責任といってもいいのではないか。
国の中枢が劣化し、腐ってくると、その国の軍も一緒に劣化し腐っていくか、あるいは反対にクーデターを起こすものである。日本の政府と自衛隊を見るとき、その相関関係が見えてくるような気がする。つまり、自衛隊は腐りつつある組織であり、その腐敗は政府から伝染してきているもののように思えるのだ。
ことは石破茂が辞任するか否かが問題ではない。自衛隊という組織と、日本政府そのものが身の処し方を迫られている。
私は、今回の事件をそのように見ている。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓

関連タグ : イージス艦, 防衛省, 清徳丸, 衝突事件,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。