上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反イスラエル

以下に「反戦翻訳団」のエントリを転載する。

この旗の意味が解からない人たちの為に・・・。
 
 1945年、欧州のユダヤ教徒たちは、ドイツ第三帝国が解体されたことによって救われた。
 逆に、パレスチナに昔から住んでいた人たちは、欧州のユダヤ教徒たちがドイツ第三帝国から受けた苦しみを、1948年のイスラヘル「建国」以降60年間に渡ってイスラヘル人たちから受け続けているのだ。どうすればパレスチナ人たちは救われるのだろうか?ドイツ第三帝国と同じく確信的にパレスチナ人絶滅政策を遂行している民主的軍事国家イスラヘルに、元より自浄能力は期待できようか?いや、出来まい。
 
 目指すべきは、1948年以前の姿に戻すこと。国連決議によって「建国」したイスラヘルという「国家」を新たな国連決議によって解体し、パレスチナ国連管理地域としてキリスト教徒・イスラム教徒・ユダヤ教徒が同じ立場で共同で生活する土地を復興することだ。後から入ってきたユダヤ教徒たちが、昔からその土地に住んでいたパレスチナ人たちを絶滅させようとするのは、そこに「自分たちの国家」が在るからである。その「国家」を認めることを前提とすると、後は、「領土の線引き」や「パレスチナ人の取り扱い方法(殺すなら人道的な兵器を使いましょう?)」の程度問題にすりかわってしまって、アメリカ合州国という生命維持装置をつけたイスラヘルは、パレスチナ人の絶滅政策を続行することが出来る。

 ユダヤ教徒という存在は悪では無いが、イスラヘル人という存在は悪である。

このエントリに掲載されている写真を見てほしい。
そこには1940年、ナチスによって虐待を受けているユダヤ人たちの姿がある。
そして右隣には2009年、イスラエルユダヤ人たちによって虐待されているパレスチナのアラブ人たちの姿がある。
両者は誰が見ても瓜二つ。
つまり、イスラエルユダヤ人たちは今、ナチスと同じことを行っているという何よりの証拠である。

ユダヤ人は、2000年ちかく前のローマ帝国時代にも反乱をたびたび繰り返し、ついにはヴェスパシアヌス帝によって彼らが住んでいたパレスチナの地を追われたという過去を持つ。
いらいユダヤ人たちは国を失った民として世界各地に散らばり、被害者意識と仲間内の団結心だけを強くして生きてきた。
しかし彼らは自分たちを襲った度重なる悲劇から他者を思いやる気持ちを学ぶことなく、第2次世界大戦後にイスラエル国家を与えられると即座にパレスチナに住み着いていたアラブ人たちを迫害し始めた。

アメリカでオバマが大統領に就任するのに合わせてイスラエルはパレスチナ侵略をいったん休止したが、イスラエルによる国境封鎖はまだ解けたわけではない。イスラエルは、アラブ人たちの反撃がほんの少しでもあれば、いつでも何千倍にして仕返しする用意をしている。

こんな状態にあるのを国連も手を出せずに見守っている。
バラク・オバマは就任早々、前任者のブッシュと同じく「イスラエルには自国を守る権利がある」とイスラエル擁護を宣言した。
世界は、パレスチナというゲットーに閉じ込められた人々をいつになったら救うことができるのか。
そのためにはイスラエル国家を解体し、1948年以前の状態に戻すしかないのではないか。
ローマ皇帝がしたように、ユダヤ人たちを再び離散させ、パレスチナに近づくことを許さないようにすべきではないか。

歴史と体験に学ぶことがなかった民族国家には、それほど厳しい措置を講じるしかないのではないかと思うのである。
スポンサーサイト

関連タグ : ユダヤ人, ナチス, イスラエル, アラブ人,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。