上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は関東地方を大きな雨雲が覆ったらしく、午後から激しい雨となった。
傘を持たずに出てしまった私は、ひさしぶりにずぶ濡れという奴を味わった。

久しぶりに東京の事務所に呼ばれて、これまで書いた原稿のチェック(要するに校正というやつ)を大量にしなければならなくなったのだ。
原稿を書くのもそうだが、こういう一字一句を追いながら、表記や表現の間違い、文字の間違いを探し出すという神経を使う仕事は、非常にアタマに負荷がかかる。
案の定、夕方から私は鬱を露呈して、だらしなく別室で突っ伏すというか、しばらく呆然として時を送らなければならなかった。

呆然としながら、持って行ったノートパソコンを開き、自分のブログを見ていたら、なんだかとても嫌な気分になることに気がついた。

それは3月13日のエントリ「棄民政策をとるなら、いっそ安楽死法を制定したらどうだ」で、私は保険制度の改悪により所得の少ない老人たちが窮地に立たされ、治療が必要な人ほど病院にかかることができなくなってきている現実を批判した。そして、貧乏で保険料も支払うことができず、絶望のうちに死を待つしかなくなっている老人には、いっそのこと国が楽に死ねるよう安楽死法を作ったらどうだと書いた。
それはそれで自分が思っている通りのことを(暴論ではあるにせよ)書いたのだから、間違ってはいないと思っている。
しかし、その記事のためにイメージとはいえ、フリーで使えるとはいえ、見ず知らずのお年寄りの写真を2葉使ったことに、我ながら不快感を感じずにいられなくなった。
非常に失礼なことで、不謹慎なことをしたと反省している。
ということで、この記事からは写真を削除してあります。

もし、私のエントリを読んで不快な思いをした方がいたならば、責任はすべて私の無神経にある。
伏してお詫びする次第だ。

昨夜は遅くまで東京で仕事をして、ようやく自宅に向かうローカル線に乗ったのだが、大雨のためにダイヤは乱れているし、おまけにおんぼろ車両は天井から雨漏りをしていた。
こんなことは東京の電車では考えられないことだろう。
それほどの大雨がふったということでもあるが、ローカル線には他線で使い古した車両を使うために、雨漏りがするほど老朽化した車両を使っていることが、ここで図らずも明らかになったというわけだ。

地方に住むということは、こうした小さなところにも都心部との格差が現れている。
地方に住む人々は、そうした小さな我慢を受け入れ、忍耐を積み重ねて生活している。
東京のベッドタウン化しつつある私の住む地域は、人口が急激に増えているにもかかわらず、電車の数は一向に増えない。駅前のロータリーはせまく、出迎えの車があふれそうになって危険な状態が続いているが、再開発による整備の話は選挙のたびに持ち出されるものの、改善される気配はない。
駅前周辺の利権が絡んでいるためだ。

地方に住むということは、こうした不自由、不便を甘受しながら生きなければならないということでもある。
それでも、東京に比べれば空気はきれいだし、なんといっても空が大きい。
これだけは、金では絶対に買えないものなのだと、自分に言い聞かせている。

■今日はおまけをひとつ。
少し前に、人間用の「脳内メーカー」というのが話題になったけれど、新しくワンコ用の「ぽちメーカー」というのができている(にゃんこ版もあり)。ワンコ好きの方は、試してみてはいかが? ちなみに、ウチのワンコをやってみたら、以下のような結果が出た。妙にあたってるから、おかしい。(クリックすると大きくなります)

ぽちメーカー


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 安楽死, 不謹慎, ぽちメーカー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。